テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

タイでよく見かける小さなお椀に入った食べ物。これはココナッツを使ったおいしいお菓子で、タイ人が大好きなもの。ラーメン屋やタイ料理屋のテーブルの上に置いてあることが多く、屋台で売られていることもあります。ココナッツプリンのようなもので日本人でもおいしくいただける味です。私もだいすきなカノム トゥアイについてご紹介します。


タイにはたくさんの伝統お菓子がありますが、その中でもココナッツミルクを使ったものには目がない私。ココナッツミルクを使ったお菓子は今のところハズレがありませんし、どれもおいしいです。ココナッツ本来の甘さはなんとなくヘルシーな気もして、食べす過ぎてしまうこともありますが、それでも飽きることはありません。

焼き、蒸し、煮込み、ココナッツミルクを使ったお菓子には色々なものがありますが、今回は「カノム トゥアイ」という蒸して作られるお菓子を紹介します。

カノム トゥアイってどんな食べ物?

カノム トゥアイとは、タイの伝統的なお菓子のひとつであり小さなお椀に入ったココナッツのお菓子です。カノム トゥアイの「カノム」とはタイ語で「お菓子」という意味。「トゥアイ」とは、小さい茶碗とか料理のたれを入れる「お椀」のことです。お椀を使って作ったお菓子なので、「カノム トゥアイ」と呼ばれているのですね。

タイ人がだいすきなカノム トゥアイ

カノム トゥアイは綺麗な2層に分かれており、上層は塩味の効いたココナッツミルクの味でプリンのような食感がします。下層もココナッツの味がしますが、タピオカ粉が使用されているためもちもちとした食感があります。下層はパンダリーフで色と香りづけがされています。2つの食感が楽しく、少しの塩味がココナッツミルクの甘みと旨みを引き立て、1度ハマると何度も食べたくなるお菓子です。

郊外のラーメン屋でよく見る「カノム トゥアイ」

ラーメン屋にあったカノム トゥアイ

私は、バンコク郊外にあるラーメン屋のテーブルの上でカノム トゥアイをよく見かけます。バンコクを出ると、大きめのタイラーメン屋はあらゆるところにありますが、私が運がいいのか今のところほとんどのお店に置いてありました。バンコクのお隣、パトゥムターニー県には、川に停まっている大きな船がラーメン屋になっていたりします。写真のカノム トゥアイも船の上のラーメン屋のテーブルに置いてあったもの。田舎に行くほど、カノム トゥアイと出会える確率は高くなるようにも思います。

ラーメンの締めにカノム トゥアイ

ラーメンを食べた後に、カノム トゥアイを食べて締めるのがタイ流です。ラーメンの待ち時間に食べて、ラーメンを食べ終わった後にまた食べる人も。お腹いっぱいでも4つくらいはペロリと食べてしまいますよ。カノム トゥアイが好きすぎて、大量に食べているタイ人もたまにいるほど。サイズも小さく一口サイズですから、ついつい食べてしまうのですね。

バンコクではたまたま遭遇したりすることがあり、バンコクでカノム トゥアイに出会うとちょっと嬉しくなってしまうほどのレア感があります。バンコクだと、市場や屋台、レストランなどで出会えるかもしれません。出会ったらラッキーですから、是非食べてみてほしいものです。

出会ったらラッキー!カノム トゥアイを食べてみよう!

タイ料理屋さんでカノム トゥアイを発見!

先ほどの通りレア感があるカノム トゥアイ。せっかく出会ったのならば食べてみないともったいないです。テーブルにカノム トゥアイが置いてあったら、勝手に食べだして大丈夫です。お会計の際に一緒に計算してくれますから。食べた分だけお支払いしますが、この時は2つで5バーツでした。2つでいくら、というお店が多いですから、偶数の数だけ食べるといいでしょう。スプーンを使っていただきます。

食べた分だけお支払い

まだまだ知られていないカノム トゥアイ。私も初めて見た時はなにかと思い手を出しませんでしたが、タイ人に教えてもらって食べるようになったものです。最初の頃は恐る恐る食べていたのが嘘のように、今では率先して食べています。初めて食べる方もココナッツプリンと思えば抵抗はなくなるのではないでしょうか。見つけた際は是非食べてみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング