海外旅行に行く際はキャリアのサービスを利用するよりもレンタルWiFiを借りたほうがお得?

海外旅行に行く際はキャリアのサービスを利用するよりもレンタルWiFiを借りたほうがお得?


海外旅行に行った時、現地でスマホを使ってネットや通話をしたいですよね。

現地でスマホを使うには、空港やホテルにある「フリーWiFi」に接続したり、現地で販売されている旅行者向けの「SIMカード」をスマホに入れて設定したりする方法があります。

しかしこれらは設定が少々面倒です。もっと簡単で使いやすい方法は、

・キャリアの国際ローミングサービス
・レンタルのポケットWiFi

この2つです。

今回はキャリアの国際ローミングサービスとレンタルのポケットWiFiに絞って、どちらがおすすめかを解説していきます。

近々海外旅行に行く予定の方は、参考にしてみてください。

キャリアなら、国際ローミングで海外でも通信できる

まずは、キャリアで利用できる国際ローミングサービスから解説します。

国際ローミングとはドコモ、au、ソフトバンクがそれぞれ海外で提携している現地の電話会社のサービスを利用して、ネットや通話ができるしくみです。

プランによって事前に申し込みが必要な場合と、申し込みは不要な場合があります。

そして国際ローミングは、スマホの設定アプリから「データローミング」をオンにすることですぐに利用可能となります。

ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれにおける、国際ローミングの料金や内容をチェックしていきましょう。

ドコモの国際ローミング

ドコモの国際ローミングには、

・申し込みが必要になる海外1dayパケ(1日980円~1580円)
・申し込み不要の海外パケ・ホーダイ(1日最大2980円)

以上2種類の国際ローミングサービスがあります。

海外1dayパケは通信量が1日30MBに制限される代わりに、利用料金が安価です。

海外パケ・ホーダイは通信量が24.4MBまでなら従量課金制で最大1980円、25MB以上通信した場合は上限なしで2980円となります。

たくさん通信するなら海外パケ・ホーダイ、通信料を節約して安く抑えるなら海外1dayパケを利用することになるでしょう。

auの国際ローミング

auの国際ローミングサービスは、

・無料のデータチャージ契約で利用可能な世界データ定額(1日980円)
・「LTE NET」または「LTE NET for DATA」契約で誰でも利用できる海外ダブル定額(1日最大2980円)

これら2種類で展開されています。

世界データ定額は、現地でネットをすることで日本で普段契約している通信量を消費する代わりに利用料金が安価です。

海外ダブル定額は、24.4MBまで従量課金制となり1日最大1980円ですが、あとはどれだけ通信しても最大2980円となります。

海外旅行中によほど通信量を消費するのでなければ、世界データ定額を利用した方が安上がりになるでしょう。

ソフトバンクの国際ローミング

ソフトバンクの国際ローミングは、

・アメリカやハワイなど一部地域で利用できる、無料のアメリカ放題
・2段階定額制の海外パケットし放題(1日最大2980円)

以上2種類で展開されています。

アメリカ放題は対象エリアが「スプリント」のエリア内に限られる代わりに、2017年8月現在キャンペーン期間中のため利用料金が無料です。(キャンペーン終了日は未定、本来は980円のサービスです)

海外パケットし放題は1日25MBまでは従量課金制で最大1980円、それ以上通信した場合は最大2980円となります。

無料でネットや通話できるサービスが展開されているのは、ソフトバンクの特筆すべきポイントですね。

海外でネットに接続できる、レンタルのポケットWiFiとは?

様々な会社が海外旅行者向けに展開している、レンタルのポケットWiFi。

ポケットWiFiの電源をオンにすることでWiFiでの通信を可能にし、スマートフォンなどからポケットWi-Fiに接続すればネットができるようになるのがポケットWiFiのサービスです。

ポケットWi-Fiの場合は専用の端末のWi-Fiに他の機器で接続するしくみなので、スマホ以外に持ち込んだタブレットやゲーム機などでも通信を気軽に行えるのが便利ですね。

ここではイモトのWiFiと、グローバルWiFiを例に料金やサービス内容を説明します。

イモトのWiFi

イモトのWiFiでは、様々な地域に合わせてたくさんのプランが展開されています。

旅行内容によって幅広い中からプランを選べますが、それらを全部説明するとそれだけで終わってしまうので、今回はアメリカへの渡航という前提で料金プランを紹介します。

アメリカ旅行におけるイモトのWiFiのプランは、

・4G/LTE WiFiプラン 北米1カ国プラン(1日1580円)
・3G WiFiプラン(1日980円)
・30日パック WiFiプラン(30日19200円)
・30日パック 4G/LTEWiFiプラン(30日28000円)

主に以上の4つです。

高速通信ができる4G/LTEプランと速度が遅めの3G WiFiプラン、そして30日まとめて通信できるプランが用意されています。

なおイモトのWiFiは直近3日間につき、400MBの通信量という目安があります。これ以上通信する場合は速度制限がかかってしまう場合があるので、注意しましょう。

グローバルWiFi

グローバルWiFiでは、通信量ごとに料金プランが展開されています。こちらもイモトのWiFiと同じく、アメリカ旅行向けのプランを紹介していきます。

・1日250MB通信できる4G-LTE(1日970円)
・1日500MB通信できる4G-LTE 大容量(1日1270円)
・1日1GB通信できる4G-LTE 超大容量(1日1470円)

以上3つのプランが、グローバルWiFiで展開されています。

いずれも4G-LTEの高速通信なので、快適な速度でネットを楽しめます。ちなみにアメリカ以外の国では、速度が遅めの3Gプランが合わせて展開されている場合もあります。

なおグローバルWiFiにも長期割引プランがあるので、旅行先や滞在期間の長さによっては選択してみることをおすすめします。

各キャリアの国際ローミングと、ポケットWiFiのサービス比較

ここからは各キャリアの国際ローミングサービスやポケットWiFiのサービスを比較し、メリットとデメリットをチェックしていきましょう。

国際ローミングやポケットWiFiの利用料金を比較

まずは利用料金の比較です。1日使った場合と30日使った場合の利用料金をまとめた以下の表をご覧ください。

条件をできる限り合わせたいので、

・旅行先は人気が高いアメリカ
・できるだけ安いプランを選択する

これらの条件を設定しています。

キャリア・サービス名 1日の利用料金 30日の利用料金
ドコモ・海外1dayパケ 980円(アメリカの場合) 29400円(980円×30日)
au・世界データ定額 980円 29400円(980円×30日)
ソフトバンク・アメリカ放題 無料 無料
イモトのWiFi・4G/LTE Wi-Fiプラン 1580円 28000円(30日パック)
グローバルWiFi・4G-LTEプラン 970円 18000円(長期割引プラン Bタイプ)

アメリカに旅行に行く場合は、ソフトバンクが圧倒的に安価となりました。

ただしソフトバンクで仮にアメリカ以外に旅行に行くとなるとアメリカ放題は適用されないので、1日・30日共に最大1日2980円の「海外パケットし放題」を契約することになるため料金は高額になります。

ソフトバンクは抜きにして考えると、1日ごとの利用料金ではキャリアの国際ローミングサービスが比較的安価、30日という長期間だとポケットWiFiで長期プランを契約するのが安価です。

グローバルWiFiはドコモ・auの安価なサービスより10円ほど安いですが、専用のルーターをレンタルしてから返却する手間も考えると、短期間の旅行ならキャリアの方がお得とも考えられますね。

キャリアの国際ローミングのメリット

続いて、キャリアの国際ローミングのメリットを紹介します。

専用の機器を新たに用意しなくていいので身軽・気軽

レンタルWiFiはルーターを借りてなくさないように持ち歩く手間がかかってしまいますが、キャリアの国際ローミングならいつものスマホで完結するので身軽かつ気軽です。

借り物をなくすことが良くある人は、もしものこともあるのでキャリアの国際ローミングサービスを利用するのがおすすめですね。

auの世界データ定額なら、安い料金で大容量通信もできる

auの世界データ定額は普段契約している通信量を消費するシステムなので、20GBや30GBの大容量プランを契約している場合旅行先で気軽にたくさん通信できます。

旅行中の様子をInstagramにどんどんアップしたい!など、通信量の消費が激しい人はauや、アメリカについてはソフトバンクで国際ローミングを使うのがおすすめですね。

レンタルのポケットWiFiのメリット

続いて、レンタルのポケットWiFiのメリットを紹介します。

空港カウンターで受け取りや返却ができるので、思ったより手間はかからない

国際ローミングと比べるとどうしても物のやりとりがあるため手間はかかってしまうのですが、レンタルのポケットWiFiルーターは空港のカウンターで受け取りも返却もできます。

そのため思ったよりは、手間はかかりません。特に返却は、空港に備え付けてあるポストに入れるだけです。

キャリアの国際ローミングサービスと合わせて使う手もある

キャリアの国際ローミングサービスやポケットWiFiのどちらかのみを利用する場合、その日に使える通信量をすべて消費したらあとはずっと速度制限にかかってしまいますよね。

しかしひとまずレンタルしたポケットWiFiを使うようにすれば、まずはそちらで通信し、どうしても通信量が足りない場合にはキャリアの国際ローミングサービスを使用する、という合わせ技が可能です。

グローバルWiFiの4G-LTEプランなら、キャリアの国際ローミングサービスよりも若干安いことが先ほどの表からわかりますよね。

キャリアの国際ローミングサービスは非常用にしておき、ポケットWiFiを旅行のメインにすれば、もしもの時も安心です。

長期旅行用プランが展開されているのはメリット、長い旅行に有利

キャリアには基本的に1日単位の利用料金が設定されていますが、レンタルのポケットWiFiには長期旅行用のプランが用意されています。

長い間旅行に行くなら、レンタルのポケットWiFiの方が結果的に安上がりになることもあります。

またレンタルのポケットWiFiには、複数の国にまたがってお得な料金設定で使えるプランもあります。長期間をかけて世界の何カ国かを巡る場合も、ポケットWiFiの方が良いでしょう。

レンタルWi-Fiルーターなら、複数人で使うこともできる

キャリアの国際ローミングサービスはスマホで使うものなので、基本的に自分一人でしか利用できません。

しかしレンタルWi-Fiルーターなら一台で複数の端末をネットに接続できるので、複数人で海外旅行をする場合一人がWi-Fiルーターを借りれば、他のメンバーも合わせてみんなでネットが使えます。

途中で一度解散するなら国際ローミングサービスの方がオススメですが、家族や友だち同士でずっと一緒に旅行をするなら、みんなで1台のレンタルWi-Fiルーターを使用した方が安上がりです。

複数人でも使えるのは、レンタルWi-Fiルーターを選ぶ大きなメリットですね。

まとめ

今回は、キャリアの国際ローミングサービスとレンタルのポケットWiFiを比較しました。最後にそれぞれがどんな人におすすめかをまとめます。

キャリアの国際ローミングサービスがおすすめになるのは、

・旅行期間が短い人
・レンタルの機材をなくすのが心配、あるいは手続きが手間に思える人

反対にレンタルのポケットWiFiがおすすめなのは、

・旅行期間が長い人
・スマホ以外にタブレットやゲーム機など、複数の機器を接続する人
・通信量が多くなった時に備えて、スマホと別に回線を用意しておきたい人

海外旅行を検討している方は、今回の記事を参考に国際ローミングサービスとレンタルのポケットWiFiのどちらを利用するか検討してみてください。

この記事のライター

トラベルクリップは世界中の観光情報、フード、ホテル、ショッピング、交通などリアルで役に立つ情報を発信しています!

関連するキーワード


海外wifi

関連する投稿


タイ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

タイ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

短期の旅行や出張であれば、ポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、タイでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


オーストラリア旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

オーストラリア旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

旅行や出張であればポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、オーストラリアでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


アメリカ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

アメリカ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

短期旅行や出張であれば、ポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、アメリカでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


イタリア旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

イタリア旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

短期旅行や出張であれば、ポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、イタリアでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


ドイツ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

ドイツ旅行にポケットwifiはレンタルしておくべき!?空港やホテルから公共のwifiスポットまで徹底的に解説します!

短期の旅行や出張であれば、ポケットwifiレンタルがおすすめですが、頻繁にネットを使わない人や留学や仕事で長期滞在する場合、現地のネット事情や無料wifiスポット情報は大変便利です!空港やホテル、駅やカフェなどのwifiスポットだけでなく、ドイツでおすすめのsimカードまで現地在住ライターがどこよりも詳しく解説します!


最新の投稿


【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

【超穴場!未就学児にオススメ!】韓国ソウル近郊にある、こども職業体験テーマパーク「リッソビル」

ソウルのこども向けお仕事体験テーマパークと言えば、日本でもおなじみの「キッザニア」をはじめ、複数あります。こどもにとっては、普段なかなか体験することのない大人のお仕事を実際に体験できるとあって、人気が高く、どの施設も週末は混雑しています。今回は、その中でも格安で人も少なめの超穴場な施設をご紹介したいと思います。


南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米ボリビアは自然の宝庫!熱帯地方で見られる珍しい動物たちに感動します。

南米大陸の真ん中にある国ボリビアはアマゾンの豊饒な大自然に囲まれていてたくさんの野生動物と出会うことができます。日本では動物園に行かなければ会えない動物たちにもふとした場面で出会うことができます。特に熱帯の町ではよく見かけます。そんな大自然を持つ南米大陸のボリビアで見つけた動物たちをご紹介できればと思います。


美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

美しい夜景とビル群の映像コラボ!中国広州市に流れる「珠江」と「海印大橋」の華やかな夜景の楽しみ方

中国広東省広州市には、夜間に楽しめる観光スポットがたくさんあります。今回は、大本命の「広州タワーの夜景はもう見た」という方のために、筆者がおススメの穴場夜景スポットの一つをご紹介します。「海印大橋」と「珠江」の夜景です。地元の人々の日常に溶け込んでいるこの美しいエリアを、今夜は私たちも一緒に歩いてみることにしましょう。


[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

[カナダ・トロント]子どもドロップインセンターレポート!ヨークビル図書館編:図書館の入り方やプログラムの内容をご紹介

子どもが少し大きくなると挑戦してみたいのがドロップインセンター。無料プログラムもたくさんあるので活用したいですが、心配なのは英語。子ども向けの手遊びなんて日本語でも知らないのに英語でなんてどうしようと心配になっている方向けに今回はヨークビル図書館で行われているドロップインについて詳しい内容なども含めてご紹介します。


超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

超キレイ!超くつろげる!最近次々オープンしている『素敵な本屋さん』で心を癒そう

スマホやインターネットが便利な今、本を読むことの価値が見直されているのか、私の住む町には新しい本屋さんが次々オープンしています。人口が多くごちゃごちゃした中国という場所を忘れ、ゆったりとした時間を過ごせる。それに本だけでなく、かわいい雑貨からスポーツ用品まで揃っちゃう?!そんな中国の本屋さんをご紹介!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング