バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクには、おしゃれなスイーツやエンターテインメント性のあるスイーツなど、様々なアイディアスイーツがありますが、今1番バンコクで流行っていると言っても過言ではないスイーツショップが「After You」と「IceDEA」です。話題性としては今のところ2トップでしょう。それぞれのおすすめメニューなどをご紹介します。


タイ人は甘いものがだいすき

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきです。何にでも唐辛子を入れるのと同様に、何にでも砂糖を入れたがります。タイのお茶は甘いのが一般的ですし、タイラーメンにも砂糖をたっぷり。日本人よりはるかに多くの砂糖を摂取しているようにも思います。一年中暑い国ですから、糖分を欲する気持ちもわからなくはありません。

そんなタイでは、子どもから大人まで甘いスイーツに目がありません。デザートは別腹と言われますが、まさにタイ人はいつもそんな状態で、お腹いっぱいと言いながらもきちんと甘いものをいただきます。そのせいか、かなり大きな体をしたタイ人も珍しくありません。日本にはなかなかいないような巨体の方もよく見かけます。

After Youにて

タイに移住してきて、暑い国ですし少しは痩せるかと思ったらその逆で、気を緩めるとすぐに体重が増加してしまいます。あちこちに誘惑してくる食べ物で溢れていますから、もう大変です。カロリーを忘れてでも食べたくなるのですが。

最近ではおいしいスイーツショップも増えてきて、外国からの文化もたくさん。バンコクに来たばかりの時は「食」に関してあまり期待していませんでしたが、今は「食」も楽しいものです。スイーツショップ巡りも楽しみのひとつになりました。日本でパンケーキが流行った頃、タイでもパンケーキが流行っていましたし、タイのスイーツのクオリティも上がってきました。タイ人のスイーツに対する関心が高くなっている証拠ですね。

次々と店舗が増え続けている「After You」

黒い羊がトレードマークのスイーツショップ「After You(アフター・ユー)」。バンコクに住むタイ人で知らない人はいないほどの人気店となっています。ちょっと前までは数店舗しかなかったのが、今ではバンコクを中心に10店舗以上にまで増えています。どの店舗に行っても、常に順番待ちをしてしまうほどの人気ぶりです。

郊外だと、フューチャーパークや、クリスタルデザインセンターにも店舗が入っていましたが、休日はどちらも大行列でした。観光客の方がアクセスがしやすいのは、BTSサイアム駅直結のサイアムパラゴンのGフロア、BTSアソーク駅直結のターミナル21の2階でしょう。並んでしまう可能性が高いですが、是非立ち寄ってみてほしいところです。

after you「Shibuya Honey Toast」

看板メニューは「Shibuya Honey Toast」で、私のおすすめもこれです。厚切りトーストの上と脇に、クリーミーなバニラアイスが添えられています。生クリームの上にはクラッシュアーモンドが。テーブルに置いてる蜂蜜を上からたっぷりかけていただきます。シンプルなので、アイスやパンの味をよく味合うことができますよ。

このトーストは、2人でシェアするとちょうどいいかと思います。一人でも完食できない量ではありませんが、胃もたれに注意です。私はいつもShibuya Honey Toastを注文してしまうのですが、After Youはトーストだけでなくかき氷も有名です。複数で行った際には色んなメニューをシェアするとさらに楽しめそうですね。

話のネタになること間違いなし!とんかつアイスがある「IceDEA」

IceDEA入り口

かなり独創的なアイスクリーム屋さんの「IceDEA(アイスディア)」。場所は、Bangkok Art and Cultual Center(BACC)の4階にあります。BTSナショナルスタジアム駅や、MBKと連絡通路で直結していますから分かりやすいでしょう。エスカレーターで4階まで上ると左手にIceDEAはあります。

こちらはアイスクリーム屋さんなので、普通のアイスクリームもおいてありますが、話題となっているのが、「とんかつアイス」や「ステーキアイス」です。ステーキアイスも面白そうでしたが、私はとんかつアイスを注文することに。

とんかつアイス

とんかつはアイスを食パンでくるみパン粉をつけてフライしたもの。中のアイスは、バニラ、抹茶、ブラウニーの3種類から選べます。お店で調理しているのではなく、工場で作られたものを解凍して盛り付けていました。キャベツはコーンで作られたフレーク、ソースはチョコレートです。完全にエンターテインメント性を重視したものでしょう。味もとくべつおいしい訳ではありませんが、話のネタにはしやすいですよね。私はとんかつアイスがおすすめです。

かなり独創的なアイスクリーム屋さんの「IceDEA」。少し前に日本のテレビ番組でも紹介されていました。テレビでは、ステーキアイスのほうが紹介されていましたから、「とんかつアイス」や「ステーキアイス」を日本人のSNSでも見かけることがあるかもしれませんね。「おばあちゃんのレモネード」という入れ歯入りのレモネードや、「寿司アイス」というメニューをまであってとても面白いですよ。

アイスクリームですが、定番の味はもちろん、「ワサビ味」などちょっと変わった味まで出していました。ユニークなアイスがたくさんあるので、色いろと試したくなりますよ。

ドリアンアイス

IceDEAの「ドリアンアイス」というのも人気商品です。ドリアンの形をしたアイスですが、かなり再現度は高いです。緑の皮の部分は抹茶アイス、黄色い部分がドリアンアイスです。ちゃんとドリアンの風味もしますよ。白い部分はココナッツアイスで再現されています。

タイ人の間ではこのドリアンアイスが大人気で、ほとんどのお客さんが購入していました。(店内で食べなくてもドリアンアイスはお持ち帰りできます)開店直後から並ぶ人も多く、早い時間で売り切れになってしまうほどの人気ぶり。ゲットできればラッキーでしょう。タイ人のドリアン愛をうまく掴んでいる商品ですね。

ドリアンはフルーツの王様とも呼ばれている高級フルーツですから、こちらのアイスも少しお値段高めの239バーツ(750円ほど)ですが、それでも大人気なのです。

今回は観光客でも行きやすい2つのお店を紹介させてもらいました。どちらも話題性があり連日行列ができるほどの人気店ですよ。味重視で行きたいのならば「After You」、エンターテインメント性を求めるのであれば「IceDEA」、といったところでしょうか。バンコクに訪れた際は是非試してみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング