意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

インドネシアでチョコレート?実はインドネシアはカカオの生産量は世界第三位です。主にヨーロッパなどに輸出されているのですが、日本の輸入量は3%と、インドネシアのカカオはあまり日本には入っていないため知られていません。インドネシアのカカオをインドネシアで!駐在妻がお土産に選ぶBean to barのチョコレートを紹介します


インドネシアのカカオについて

ジャカルタに住んでみて、現地在住の奥様にお土産として人気のチョコレートがあります。パッケージもきれいで価格も少し高めですが、インドネシアのカカオを使ってインドネシアでチョコレートにしたBean to barのチョコレート。日本でも販売されるようになったチョコメーカーもありますので、ぜひ手にとってほしいと思います。

日本人駐在妻に有名なチョコレート

Monggo(モンゴ)

再生紙を使ったパッケージ

ベルギー人が始めた、ジョグジャカルタ発祥のチョコレートメーカーです。カカオはスマトラ産を使用していて、植物性油脂や化学的な添加物をしようしていません。包装紙は再生紙を使っていて、観光客向けにジョグジャカルタらしいモチーフがデザインされています。値段は高くなりますが、こだわったチョコレートで、ジョグジャカルタの有名なボルブドゥールの遺跡をかたどったものや、影絵芝居のワヤンのデザインのチョコレートがあります

ジャカルタでは高級スーパーや、日系スーパーで手に入りますが、本場のジョグジャカルタにカフェ併設のショールームと、郊外にミュージアム付のファクトリーがあってチョコ作りも体験できます。

pipiltin cocoa(ピピリティン ココア)

パッケージがかわいいピピリティン

ジャカルタにある会社で、きれいな花柄や幾何学、マーブル柄の包装紙で見た目にも素敵です。アチェ・バリ・フローレス島・スマトラなど地域ごとに単一のカカオで作られたチョコレートで、種類によってデザインが違います。スーパーでも売っていますが、ジャカルタ市内にはpipilitinのカフェもあります。

農家から直接仕入れたカカオ豆を使って、シングルオリジンで作られたこのメーカーのチョコレートは日本にも輸出されています。

POD(ポッド)

ファクトリーにあるPODの看板

バリ島にあるチョコレートメーカーで、こちらもジャカルタ市内のスーパーでも手に入ります。バリ島には、チョコレートファクトリーが2軒あり、チョコレートつくりが体験できたり、象にのったりできる施設で観光にもオススメです。
パッケージは一番洗練されていておしゃれです。

オーストラリア人オーナーが立ち上げたブランドで、フレーバーの塩なども含めて全てバリの材料で作られています。人工的な添加物や乳化剤は不使用です。

これから有名になるかも?知ってほしいチョコレートメーカー

Cokelat nDalem(チョクラット ンダルム)

バティック柄のチョコレート

ジョグジャカルタのチョコレートやさん。Bean to barのチョコレートで、カカオの生産された地域ごとにパッケージを変えています。インドフェアトレードのメーカーでインドネシアのカカオからチョコレートへ。

ジャカルタにも売っていません。今のところはジョグジャカルタにしか店舗はなくSMSを使って、注文できます。お店にはカカオの歴史についての資料を展示してある資料館もあります。

パラダイスパプア

カカオの実

このメーカは、日本のNPOがやっているところでパプアの”カカオキタ社”のカカオを100%使ったフェアトレードのチョコレートです。ジャカルタのチョコレート工場で生産されて、ネットか電話での注文になり、実店舗はありませんが、日本人御用達のバザーや、インドネシアのプロダクツを集めたイベントなどで手に入ります。

チョコ作りワークショップ

日本では自然食の宅配で有名な、大地を守る会でも購入できます。

日本でこの「パラダイスパプア」のことを知ってもらうために、カカオからチョコレートを作るワークショップを開催しています。ワークショップに参加したときにこのチョコレートを知ったのですが、ジャカルタに来てからはバザーで目にしたので、こういうチョコートがあるということを知ってほしいと思います

意外と知られていないインドネシア産のチョコレート。カカオの配合の割合も選べて、パッケージもおしゃれ。買うことでインドネシアのカカオ農家を応援することにもナルというメーカーもあり、お土産やおやつとしても一度は食べてほしいと思います。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア

関連する投稿


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


クリームバスって、どんなお風呂?伝統的なインドネシアのマッサージが受けられるSPA

クリームバスって、どんなお風呂?伝統的なインドネシアのマッサージが受けられるSPA

バリなどに旅行に来たら、SPAに行く人が多いと思います。インドネシアではSPAだけでなく美容院でも受けられるトラディショナルな”クリームバス”というものがあります。ジャカルタ市内ではモールの美容院などでも安い値段で、このクリームバスが受けられます。バスといってもお風呂じゃない。1度したらはまるクリームバスについて紹介


気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

東南アジアは物価が安いイメージですが、ジャカルタは以外と物価が高いのに驚きます。車移動が必須、渋滞の中高いものを買いに行く毎日。日本人駐在妻は、あまり足を踏み入れない市場(パサール)。ジャカルタで安く買い物するためには、それなりの覚悟と準備が必要です。ローカル感満載の日常使いでない市場ってどんなところでしょうか?


匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

ジャカルタの街は歩いてはいけないといわれています。一人で行くなんてとんでもない!北のほうに多くすむ中華系インドネシア人の多い地域にあるパサール(市場)は、車では見て回れないところにあります。ジャカルタ市内を歩いて観光しようというジャカルタグッドガイドのツアーに参加して、徒歩でしか見て回れない中華街のパサールで食べ歩き


バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

東南アジアは物価が安い。と思っていたら、意外と物価が高いことに驚きます。バッグや洋服、靴などの衣料品は高い値段がつけられています。デパートやスーパー、路面店などで購入するよりも、自宅に業者を呼んだり、市場へ持ち込んだりして、オリジナルの靴やバッグ、洋服、名前入りにメモ帳などを安く作ることができるオーダー天国を紹介します


最新の投稿


バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

長らくボリビアは南米最貧国とも揶揄されて、バックパッカーが冒険に訪れる国とも言われてきました。確かにボリビアと言えば乱雑に並んだ雑多な市場を想像する方も少なくありません。しかし、近年経済発展を遂げているボリビアにも近代化の波が押し寄せ、都市部にはいくつかのショッピングモールも建設中。その最大のものを見学してきました!


おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

ベトナムコーヒーというと、専用の器具を使ってポタポタ落ちるコーヒーをゆっくりと飲むというイメージがありましたが、今回ホーチミンに行ってそのイメージは覆されました!おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しむことができました。その中の1つHIGH LANDS COFFEE」の店内様子をお伝えします。


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング