意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

インドネシアでチョコレート?実はインドネシアはカカオの生産量は世界第三位です。主にヨーロッパなどに輸出されているのですが、日本の輸入量は3%と、インドネシアのカカオはあまり日本には入っていないため知られていません。インドネシアのカカオをインドネシアで!駐在妻がお土産に選ぶBean to barのチョコレートを紹介します


インドネシアのカカオについて

ジャカルタに住んでみて、現地在住の奥様にお土産として人気のチョコレートがあります。パッケージもきれいで価格も少し高めですが、インドネシアのカカオを使ってインドネシアでチョコレートにしたBean to barのチョコレート。日本でも販売されるようになったチョコメーカーもありますので、ぜひ手にとってほしいと思います。

日本人駐在妻に有名なチョコレート

Monggo(モンゴ)

再生紙を使ったパッケージ

ベルギー人が始めた、ジョグジャカルタ発祥のチョコレートメーカーです。カカオはスマトラ産を使用していて、植物性油脂や化学的な添加物をしようしていません。包装紙は再生紙を使っていて、観光客向けにジョグジャカルタらしいモチーフがデザインされています。値段は高くなりますが、こだわったチョコレートで、ジョグジャカルタの有名なボルブドゥールの遺跡をかたどったものや、影絵芝居のワヤンのデザインのチョコレートがあります

ジャカルタでは高級スーパーや、日系スーパーで手に入りますが、本場のジョグジャカルタにカフェ併設のショールームと、郊外にミュージアム付のファクトリーがあってチョコ作りも体験できます。

pipiltin cocoa(ピピリティン ココア)

パッケージがかわいいピピリティン

ジャカルタにある会社で、きれいな花柄や幾何学、マーブル柄の包装紙で見た目にも素敵です。アチェ・バリ・フローレス島・スマトラなど地域ごとに単一のカカオで作られたチョコレートで、種類によってデザインが違います。スーパーでも売っていますが、ジャカルタ市内にはpipilitinのカフェもあります。

農家から直接仕入れたカカオ豆を使って、シングルオリジンで作られたこのメーカーのチョコレートは日本にも輸出されています。

POD(ポッド)

ファクトリーにあるPODの看板

バリ島にあるチョコレートメーカーで、こちらもジャカルタ市内のスーパーでも手に入ります。バリ島には、チョコレートファクトリーが2軒あり、チョコレートつくりが体験できたり、象にのったりできる施設で観光にもオススメです。
パッケージは一番洗練されていておしゃれです。

オーストラリア人オーナーが立ち上げたブランドで、フレーバーの塩なども含めて全てバリの材料で作られています。人工的な添加物や乳化剤は不使用です。

これから有名になるかも?知ってほしいチョコレートメーカー

Cokelat nDalem(チョクラット ンダルム)

バティック柄のチョコレート

ジョグジャカルタのチョコレートやさん。Bean to barのチョコレートで、カカオの生産された地域ごとにパッケージを変えています。インドフェアトレードのメーカーでインドネシアのカカオからチョコレートへ。

ジャカルタにも売っていません。今のところはジョグジャカルタにしか店舗はなくSMSを使って、注文できます。お店にはカカオの歴史についての資料を展示してある資料館もあります。

パラダイスパプア

カカオの実

このメーカは、日本のNPOがやっているところでパプアの”カカオキタ社”のカカオを100%使ったフェアトレードのチョコレートです。ジャカルタのチョコレート工場で生産されて、ネットか電話での注文になり、実店舗はありませんが、日本人御用達のバザーや、インドネシアのプロダクツを集めたイベントなどで手に入ります。

チョコ作りワークショップ

日本では自然食の宅配で有名な、大地を守る会でも購入できます。

日本でこの「パラダイスパプア」のことを知ってもらうために、カカオからチョコレートを作るワークショップを開催しています。ワークショップに参加したときにこのチョコレートを知ったのですが、ジャカルタに来てからはバザーで目にしたので、こういうチョコートがあるということを知ってほしいと思います

意外と知られていないインドネシア産のチョコレート。カカオの配合の割合も選べて、パッケージもおしゃれ。買うことでインドネシアのカカオ農家を応援することにもナルというメーカーもあり、お土産やおやつとしても一度は食べてほしいと思います。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア

関連する投稿


週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

週に1度はバティックデー。本気の買い物もお土産用にも、伝統の布バティック

ジャワ更紗の名で知られている、インドネシアの伝統の布バティック。老若男女も毎週金曜日はバティックデー、日本の浴衣とは違い、現在も普段着から正装まで幅広く着用されています。柄も地域で違うという、奥深いバティック(ジャワ更紗)の選び方と、普段着として着られるものから、お土産にオススメのお店やアイテムを紹介します。


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

日本ではレストランではマレーシアやタイ、ベトナムなどの料理と、東南アジア料理とまとめられることが多いインドネシア料理。日本ではあまりなじみがないけど日本人が食べやすい味付けの料理や、辛いだけではない子供にも食べやすい料理、また地方ごとに違う特徴をもつ料理があります。インドネシア料理店でぜひチャレンジしてほしい料理を紹介


最新の投稿


狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

狎鴎亭(アックジョン)で無料で暇つぶし!現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル

ソウルの高級エリア、狎鴎亭(アックジョン)。整形外科や皮膚科、ハイセンスなブティックなどが立ち並ぶ女性観光客には人気のエリア。しかし、カップルや家族での旅行の場合、男性や子供は時間を潰すのに苦労しそうなエリアでもあります。今回、ご紹介するのは「現代(ヒョンデ/ヒュンダイ)モータースタジオソウル」です。


観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

観光でオランダに来たら必ず通る、アムステルダム中央駅を徹底解剖してみました!

アムステルダム中央駅には、ただ通過するだけではもったいない充実した設備があります。建物の外装や内装のインテリア、おいしいレストランやゆっくりできるカフェ、話題のオーガニック素材を扱ったグッズのショッピングなど、隠された見どころもたくさんあります。ぜひ見学して自分なりの楽しみ方でエンジョイしてください♪


クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

クマさんが目印!「ひろケーキカフェ」でふわっふわの美味しいパンケーキを食べてみよう!

タイ人は辛いものが好きなイメージが強いですが、甘いものもだいすきで、おいしいスイーツショップもたくさんあります。バンコクの数あるスイーツショップの中でも、とくに人気があるお店の一つに「ひろケーキカフェ」があります。ひろケーキカフェは店名もメニューも日本語なので、日本人としては、なんだかホッとできる場所でもあります。


行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

行き当たりばったりに寄ってみると面白い!道端オランアスリーのテントをのぞいてみよう!

オランアスリーとはマレー語で(森の人)と言う意味です。マレーシアではずっと昔から森に住んでいた原住民のことを指します。今でもオランアスリーは森周辺で生活し、自然を知り尽くしています。マレーシアの道路を走っていると時々オランアスリーのテントを見かけることがあります。森で取れたハチミツなど様々なものを売っているのです。


旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

旅行者でも優しくウェルカム!マウイ島で見つけたローカルの集まるおしゃれカフェのカフェ・カフェ・マウイ

今回は私がマウイ島のラハイナ地区で滞在中何度も通ってしまったとても居心地のいいカフェを紹介します。カフェ・カフェ・マウイは見た目がおしゃれでドリンクや食べ物の味もよし!そして何といっても居心地が最高にいいので何度も通いたくなってしまうお店なんです。カフェ・カフェ・マウイはラハイナのローカルの方が集まるお店でしたが、旅行者だった我々にも非常に優しく接してくれました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング