意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

意外と知られていない、カカオの生産第三位の国インドネシアのチョコレート

インドネシアでチョコレート?実はインドネシアはカカオの生産量は世界第三位です。主にヨーロッパなどに輸出されているのですが、日本の輸入量は3%と、インドネシアのカカオはあまり日本には入っていないため知られていません。インドネシアのカカオをインドネシアで!駐在妻がお土産に選ぶBean to barのチョコレートを紹介します


インドネシアのカカオについて

ジャカルタに住んでみて、現地在住の奥様にお土産として人気のチョコレートがあります。パッケージもきれいで価格も少し高めですが、インドネシアのカカオを使ってインドネシアでチョコレートにしたBean to barのチョコレート。日本でも販売されるようになったチョコメーカーもありますので、ぜひ手にとってほしいと思います。

日本人駐在妻に有名なチョコレート

Monggo(モンゴ)

再生紙を使ったパッケージ

ベルギー人が始めた、ジョグジャカルタ発祥のチョコレートメーカーです。カカオはスマトラ産を使用していて、植物性油脂や化学的な添加物をしようしていません。包装紙は再生紙を使っていて、観光客向けにジョグジャカルタらしいモチーフがデザインされています。値段は高くなりますが、こだわったチョコレートで、ジョグジャカルタの有名なボルブドゥールの遺跡をかたどったものや、影絵芝居のワヤンのデザインのチョコレートがあります

ジャカルタでは高級スーパーや、日系スーパーで手に入りますが、本場のジョグジャカルタにカフェ併設のショールームと、郊外にミュージアム付のファクトリーがあってチョコ作りも体験できます。

pipiltin cocoa(ピピリティン ココア)

パッケージがかわいいピピリティン

ジャカルタにある会社で、きれいな花柄や幾何学、マーブル柄の包装紙で見た目にも素敵です。アチェ・バリ・フローレス島・スマトラなど地域ごとに単一のカカオで作られたチョコレートで、種類によってデザインが違います。スーパーでも売っていますが、ジャカルタ市内にはpipilitinのカフェもあります。

農家から直接仕入れたカカオ豆を使って、シングルオリジンで作られたこのメーカーのチョコレートは日本にも輸出されています。

POD(ポッド)

ファクトリーにあるPODの看板

バリ島にあるチョコレートメーカーで、こちらもジャカルタ市内のスーパーでも手に入ります。バリ島には、チョコレートファクトリーが2軒あり、チョコレートつくりが体験できたり、象にのったりできる施設で観光にもオススメです。
パッケージは一番洗練されていておしゃれです。

オーストラリア人オーナーが立ち上げたブランドで、フレーバーの塩なども含めて全てバリの材料で作られています。人工的な添加物や乳化剤は不使用です。

これから有名になるかも?知ってほしいチョコレートメーカー

Cokelat nDalem(チョクラット ンダルム)

バティック柄のチョコレート

ジョグジャカルタのチョコレートやさん。Bean to barのチョコレートで、カカオの生産された地域ごとにパッケージを変えています。インドフェアトレードのメーカーでインドネシアのカカオからチョコレートへ。

ジャカルタにも売っていません。今のところはジョグジャカルタにしか店舗はなくSMSを使って、注文できます。お店にはカカオの歴史についての資料を展示してある資料館もあります。

パラダイスパプア

カカオの実

このメーカは、日本のNPOがやっているところでパプアの”カカオキタ社”のカカオを100%使ったフェアトレードのチョコレートです。ジャカルタのチョコレート工場で生産されて、ネットか電話での注文になり、実店舗はありませんが、日本人御用達のバザーや、インドネシアのプロダクツを集めたイベントなどで手に入ります。

チョコ作りワークショップ

日本では自然食の宅配で有名な、大地を守る会でも購入できます。

日本でこの「パラダイスパプア」のことを知ってもらうために、カカオからチョコレートを作るワークショップを開催しています。ワークショップに参加したときにこのチョコレートを知ったのですが、ジャカルタに来てからはバザーで目にしたので、こういうチョコートがあるということを知ってほしいと思います

意外と知られていないインドネシア産のチョコレート。カカオの配合の割合も選べて、パッケージもおしゃれ。買うことでインドネシアのカカオ農家を応援することにもナルというメーカーもあり、お土産やおやつとしても一度は食べてほしいと思います。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア

関連する投稿


インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの観光はバリ島だけではありません。ジャカルタはインドネシアの首都です。インドネシアのガイドブックにはジャカルタの情報は少なめですが、街を見るだけでもイスラム文化を感じられます。仕事で訪れる場合の短い自由時間でも「ここだけは!」押さえてほしい、観光スポットの中からイチオシを紹介します。


最新の投稿


【カナダトロント】食べ歩き大好き!美味しいものが溢れるトロントの台所、セントローレンス・マーケットで食べまくる!

【カナダトロント】食べ歩き大好き!美味しいものが溢れるトロントの台所、セントローレンス・マーケットで食べまくる!

カナダのトロントに来たら一度は足を運ぶべき、セントローレンス・マーケット。セントローレンス・マーケットに行くなら、朝早くおきて、市場特有の朝の賑わいを楽しむのがおすすめです。マーケット内でブランチを食べたり、市場だからこそ買うことのできる新鮮で質の良い食品を手に入れましょう!!


おいしい飲み物を発見!タイの豆乳「ラクトソイ 緑茶味」は「午後の紅茶ミルクティー」の味がする!

おいしい飲み物を発見!タイの豆乳「ラクトソイ 緑茶味」は「午後の紅茶ミルクティー」の味がする!

タイ国民から愛されている豆乳Lacta soy(ラクトソイ)。子供から大人まで年齢問わず人気があります。タイでは水色パッケージのプレーンが人気ですが、個人的にはプレーンよりも緑茶味が好きです。「飲んだことある味!」「ミルクティーの味がする!」最初の衝撃から何度もリピートしています。今回はラクトソイについてご紹介します。


【グラナダで絶景】アルハンブラも一望できる!17世紀の大修道院を見にサクロモンテを登る

【グラナダで絶景】アルハンブラも一望できる!17世紀の大修道院を見にサクロモンテを登る

スペイン観光で必見のモニュメントといえばアルハンブラですが、アルハンブラのあるグラナダには、他にも歴史のある建物がたくさんあります。これから紹介するアバディア・デ・サクロモンテもそのひとつです。建物だけではなく、絶景ポイントでもあるので、おすすめです。上から見るアルハンブラもなかなか美しいですよ!


【カナダお土産】カナダの100均、ダララマで買えるお得でおすすめのお土産を紹介します!

【カナダお土産】カナダの100均、ダララマで買えるお得でおすすめのお土産を紹介します!

私の海外旅行の楽しみの一つは、日本にいる友達に現地のお土産を買って帰ることです。お土産屋さんで買うのもありですが、私はカナダらしいものを”DOLLARAMA(ダララマ)”という1ドルショップで探してお土産にしています。今回はダララマで買えるおすすめのカナダ土産を紹介します。


【女子必見】スペインセニョリータに学ぶ誘惑の方法!フェリアは出会いのチャンス

【女子必見】スペインセニョリータに学ぶ誘惑の方法!フェリアは出会いのチャンス

私の住んでいるカソルラでは9月がフェリアの季節です。フェリア(収穫の時期のお祭り)は恋の始まりの時期でもあります。スペインの若者の恋はどのように始まるのでしょう。恋人いない歴0年の人が多い、アンダルシアの村の女の子に話を聞いて見ました。恋人を作る参考にはならないかもしれませんが、楽しく読んでください。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング