タイのお寺で売っているパンは食べてはいけない?タイで徳を積む行いについて知ろう

タイのお寺で売っているパンは食べてはいけない?タイで徳を積む行いについて知ろう

タイには、ありとあらゆるところにお寺があります。大きな仏像を目印としお寺を巡ることもあるのですが、どのお寺もいつも賑わっているようです。タイ人はしょっちゅうお寺に足を運んで徳を積んでいるのですね。信仰心もとても強く「世界一信仰心のある国」に選ばれたほど。そんなタイでのお寺での徳を積む行いを見ていきましょう。


タイの徳を積む行為「タンブン」にはどんなものがあるの?

タイで徳を積む行為は「タンブン」と呼ばれ、タイ人は積極的に実行しています。簡単に言えば、善い行いをすること。自分に返ってくる、と心から信じているのですね。現世だけでなく、より良い来世のためにもタンブンするそう。就職や結婚出産などの、人生の大きなイベントの際には必ずと言っていいほどお寺に出向きタンブンします。もちろん、お寺以外でもタンブンすることはありますが、お寺でのタンブンといえば、生き物を自然に返すこと、魚や鳥などの生き物にエサを与えること、お坊さんのお説法を聞くこと、食料や生活用品をお坊さんに差し上げること、金銭をお寺などに寄付することなどがあります。何か悪いことが起きれば「タンブンが足りない」と言ってお寺に向かうほど。休日は、お寺にタンブンしに行くのも普通のことで、家族連れやカップルを多く目にします。タイ人はタンブンが大好きなのです。

パンも野菜もお気に召したカメ。

タイのお寺で売っているパンもタンブンするために使うもの

タイのお寺では、食パンが山積みになって売られていたりしますが、これは人が食べるものではありません。魚や鳥のエサで1つ20バーツ(70円)ほど。

エサをあげると、こんなに沢山の魚が群がってきます。少しシュールですよね。この光景は、タイでは当たり前のようです。小さい子どもを連れた家族が、楽しそうにエサをあげているのをよく目にし、心が温まります。このように、小さい頃から徳を積む行為は徹底して教えられるのがタイです。

パンを食べない生き物には、野菜をあげます。お寺には魚や鳥、カメなど様々な生き物がいます。お寺に行く際の注意点が3つほど。1つ目は、露出の多い服を避けること。タンクトップやショートパンツは好まれず、お寺によって参拝できないところもあります。2つ目は、お坊さんに触れないこと。お坊さんは女性に触れてしまうとそれまで積んできた修行が全てなしになってしまうのだそう。3つ目は、本堂内に入る際や仏像の前で手を合わせる際に靴を脱ぐこと。大きくは3つほどですが、周りの真似をすると良いでしょう。

新しく仏像が出来るお寺へ寄進しに行ってみた

タイのお寺や仏像は、寄進によって集められたお金で作られます。この日は、お金を寄付する代わりに、木の棒とゴールドの紙が渡され、そこに名前を書くように指示されました。この名前の入った木の棒とゴールドは、仏像を作る材料となるそうです。

お寺からの差し入れのお菓子を、皆さんありがたく頂戴していました。このお菓子も、誰かから寄進されたものでしょう。花が飾られた入れ物の上に、紙皿でお菓子が置かれていたのですが、あっと言う間になくなっていました。取り合うのではなく、ちゃんと分け合っていましたよ。私のところにも、「どうぞ」とドーナツが渡されましたので、ありがたく頂戴しました。

徳を積む行為「タンブン」は自分のためだけではない

家族の健康や幸せを祈ったり、我が子の結婚を祈ったりと、自分以外のお願いをすることも多く、家族のことで何か迷った時には、お坊さんに相談に行くのも一般的です。タイの男性は、一生に一度は数日から数週間にかけて出家する慣わしがあります。20歳を迎え出家する男性が多く、日本の成人式のようなもので、親戚やご近所が勢揃いで儀式が行われます。出家して初めて、一人前の男とみなされますし、出家は母親へ徳を積む行為として信んじられています。最高の親孝行なのですね。

最後に

お寺に行けば、タイの信仰心の強さを感じることができるでしょう。驚かされることも多いですが、何か神秘的なものを感じることができます。タイに訪れた際は、エサをあげてみたり簡単なことでいいので、タンブンし、心を清められてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング