スペインの習慣を知って滞在を倍楽しむ!『ローマにありてはローマ人に従え』

スペインの習慣を知って滞在を倍楽しむ!『ローマにありてはローマ人に従え』

スペインは、ヨーロッパの中でも違う習慣が保たれています。時間帯も他のヨーロッパの国とも違いますから、初めて行って驚く人もたくさんいます。そして、「やっと慣れたら、帰国!」ということになってしまった人が多いようです。そうならないためにスペインの習慣を紹介します。


スペインにはスペインの習慣があります!

アンダルシア・カソルラの広場(プラサ)

旅をすると習慣の違いから戸惑ってしまうことも多いですよね。国内でも、九州と関東では随分違います。スペインならさらに違って当然です。旅行に行く前に、習慣の違いをチェックしておくと、到着してからすぐに楽しめます。

スペインの挨拶の仕方は?

ベソ、かわいく言うとベシート

スペインでは挨拶はキス。キスはベソと呼ばれ、頬を軽く合わせて、キスの音を立てます。キスの音はスペイン語表記ですと、mua,muaです。音は絶対立てなくてはいけないそうです。音を立てないとあまり親しくなりたくないという意味になるそうです。右、左と順番に合わせて、唇は実際にほっぺにつけることはぼぼありません。この習慣は、スペイン、フランス、イタリア、モロッコなどの国々でしている習慣ですが、本家はフランス。今では、スペインの生活では欠かせない習慣です。

スペイン在住の外国人達も、この習慣は大好きで頑なに自国の習慣を 守っている人たちまで実行しています。フランスでは地域によって4回(右、左、右、左)するそうですが、スペインでは、2回というのがオーソドックスです。4回ってなんだかとても忙しそうですよね。

そんなに親しいわけでもなく、名前も知らない人ともします。家族の場合ですと、2時間前に会ったのにまたしたり、しょっちゅうで会うたびにします。普通は女子と女子、男子と女子の場合で、男子同士は家族によってしたりしなかったりという場合が多かったのですが、最近では男子同士でもするようになりました。

おおはばに違う食事時間

バルのテラッサ

日の出が遅いということもあるのですが、お昼ご飯、夕ご飯の時間が全く違います。お昼ご飯は午後2時、夕ご飯は午後9時以降です。アンダルシアの場合は、朝ごはんが2回あるのが普通です。朝、出かける前に1度、それから10時か11時頃にやはり朝ごはん(desayuno)をとります。公的機関もこの時間帯に人がいなくなります。それから、メリエンダと呼ばれる「おやつ」の時間がありますが、バルで軽くおつまみ(タパス)とビールという場合も多いです。

現在では少なくなりましたが、2時のご飯の前、午後1時に軽くおつまみをとりながら、お酒を少し飲むという習慣もあります。それも合わせると1日に6回、食事の時間があることになります。

シエスタで活力回復!

午後10時の空です。窓から撮影

スペインの素敵な習慣、シエスタは昼寝です。特に暑い夏はシエスタは欠かせません。昼ごはんのあと、30分くらいが理想のシエスタです。この時間帯はお店も閉まります。だいたい昼ごはんの時間プラスシエスタ、で午後2時から5時、または6時くらいまでお店はしまっています。ローカルなスーパーマーケットもしまってしまいます。最近は、大手のスーパーマーケット(メルカドーナ、カルフールなど)は開店しています。

地域にもよりますが、午後3時ごろ、アンダルシアは気温が45度から50度くらいになります。こんなに暑い時間帯に外に出るのはとても危険です。その時間帯は、窓をしっかり締めて鎧戸を閉めたり、簾を垂らしたりして、部屋を暗くします。湿気のないスペインではそれだけで涼しく過ごせます。特に古い家は壁の厚みが60cmくらいあるので、外の暑さをシャットアウトしてくれます。

夜のアクティビティーを楽しむ習慣

こう言うところで軽くつまんで飲みます。一件につき2杯くらいで次のバルへ。

スペインでは1日をシエスタによって区切るので2倍楽しめます。夜は涼しくなりますし、日の入りが夏の場合、午後9時から10時で、それまでは明るいので散歩やお買い物もできます。子供達もシエスタをして活力を盛り返し、6時にメリエンダ(おやつ)を食べて出かけます。夜の10時くらいまで小さな子供も遊んでいます。中学生くらいになるとさらに遅くまで出歩いていても、特に「不良」というわけでもありません。

スペインではスペインの習慣で!

習慣というのは長い時間の中で育まれたものです。その地域に住む上で一番心地よいように作られていますから、スペインに来たらスペインの習慣で生活しましょう。美術館なども遅くまで開館していますから、安心してシエスタをして夜のためにエネルギーを蓄えます。できれば、ベソの挨拶も試してみてくださいね。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン 習慣

関連する投稿


スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペイン人って家で何飲むの? お土産にもぴったりのくつろぎタイムに飲むお茶

スペインではコーヒーがよく飲まれるし、バルでも1ユーロ、1ユーロ20センチモと安く、気軽にひと休みができます。でも、胃がちょっと悪いときなどはどうするんだろうって思いますよね? スペインでは意外とハーブティーが飲まれているんですよ。スペインではどのようなハーブティーが人気か紹介します。お土産にもどうぞ。


スペイン旅行はバスが便利! 特にアンダルシア周遊にはオススメのバス旅行の方法を紹介

スペイン旅行はバスが便利! 特にアンダルシア周遊にはオススメのバス旅行の方法を紹介

スペインをバスでまわって見ませんか? バスに乗っていると景色もずっと素敵だし、素顔のスペイン人の生活の一部を垣間見られます。でもチケットを買うのが面倒とかよくわからないと思ってる人も多いでしょう。バス旅行の楽しさとスペインのバスのチケットをネットで買う方法を紹介します。


スペインに残したユダヤ人の足跡をたどる! 世界遺産の街ウベダに残るユダヤ人街とシナゴーグ

スペインに残したユダヤ人の足跡をたどる! 世界遺産の街ウベダに残るユダヤ人街とシナゴーグ

スペインの文化を語る時、イスラム文化はもちろん、ユダヤ文化も大事な要素です。フラメンコのメロディーの元になった「アンダルシ」と呼ばれる音楽はユダヤ音楽イスラム音楽のテイストがいっぱい。ユダヤ文化を夢想しながらユダヤ人地区を散策してみましょう。最近、地下にシナゴーグも発見されました。


【スペインの城シリーズ】コルドバからすぐ行けるアルモドバル・デル・リオにあるカスティーリョ

【スペインの城シリーズ】コルドバからすぐ行けるアルモドバル・デル・リオにあるカスティーリョ

コルドバからわずか30分のところにある城を紹介します。バスの便も比較的よいアルモドバル・デル・リオはアンダルシアでもっとも保存状態のよい城です。19世紀の終わりに城を愛するひとりの男性が全財産をかけて修復しました。そこには愛に包まれた城があります。


【おもしろい名前のスペイン料理】ピピラナって知ってる?簡単レシピでコシネーラになる

【おもしろい名前のスペイン料理】ピピラナって知ってる?簡単レシピでコシネーラになる

スペイン料理の名前って変ですよね。ガスパッチョとかパエリアとか。今日紹介するのはピピラナ。もしスペイン語を知っていたらピピはおしっこだし、ラナはカエルだし、どういう意味なんだろうって思うかもしれません。名前は変だけど、実はごくごく普通の誰もがおいしいって思う、サラダの1種です。ぜひトライしてくださいね。


最新の投稿


バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

長らくボリビアは南米最貧国とも揶揄されて、バックパッカーが冒険に訪れる国とも言われてきました。確かにボリビアと言えば乱雑に並んだ雑多な市場を想像する方も少なくありません。しかし、近年経済発展を遂げているボリビアにも近代化の波が押し寄せ、都市部にはいくつかのショッピングモールも建設中。その最大のものを見学してきました!


おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

ベトナムコーヒーというと、専用の器具を使ってポタポタ落ちるコーヒーをゆっくりと飲むというイメージがありましたが、今回ホーチミンに行ってそのイメージは覆されました!おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しむことができました。その中の1つHIGH LANDS COFFEE」の店内様子をお伝えします。


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング