スペインの習慣を知って滞在を倍楽しむ!『ローマにありてはローマ人に従え』

スペインの習慣を知って滞在を倍楽しむ!『ローマにありてはローマ人に従え』

スペインは、ヨーロッパの中でも違う習慣が保たれています。時間帯も他のヨーロッパの国とも違いますから、初めて行って驚く人もたくさんいます。そして、「やっと慣れたら、帰国!」ということになってしまった人が多いようです。そうならないためにスペインの習慣を紹介します。


スペインにはスペインの習慣があります!

アンダルシア・カソルラの広場(プラサ)

旅をすると習慣の違いから戸惑ってしまうことも多いですよね。国内でも、九州と関東では随分違います。スペインならさらに違って当然です。旅行に行く前に、習慣の違いをチェックしておくと、到着してからすぐに楽しめます。

スペインの挨拶の仕方は?

ベソ、かわいく言うとベシート

スペインでは挨拶はキス。キスはベソと呼ばれ、頬を軽く合わせて、キスの音を立てます。キスの音はスペイン語表記ですと、mua,muaです。音は絶対立てなくてはいけないそうです。音を立てないとあまり親しくなりたくないという意味になるそうです。右、左と順番に合わせて、唇は実際にほっぺにつけることはぼぼありません。この習慣は、スペイン、フランス、イタリア、モロッコなどの国々でしている習慣ですが、本家はフランス。今では、スペインの生活では欠かせない習慣です。

スペイン在住の外国人達も、この習慣は大好きで頑なに自国の習慣を 守っている人たちまで実行しています。フランスでは地域によって4回(右、左、右、左)するそうですが、スペインでは、2回というのがオーソドックスです。4回ってなんだかとても忙しそうですよね。

そんなに親しいわけでもなく、名前も知らない人ともします。家族の場合ですと、2時間前に会ったのにまたしたり、しょっちゅうで会うたびにします。普通は女子と女子、男子と女子の場合で、男子同士は家族によってしたりしなかったりという場合が多かったのですが、最近では男子同士でもするようになりました。

おおはばに違う食事時間

バルのテラッサ

日の出が遅いということもあるのですが、お昼ご飯、夕ご飯の時間が全く違います。お昼ご飯は午後2時、夕ご飯は午後9時以降です。アンダルシアの場合は、朝ごはんが2回あるのが普通です。朝、出かける前に1度、それから10時か11時頃にやはり朝ごはん(desayuno)をとります。公的機関もこの時間帯に人がいなくなります。それから、メリエンダと呼ばれる「おやつ」の時間がありますが、バルで軽くおつまみ(タパス)とビールという場合も多いです。

現在では少なくなりましたが、2時のご飯の前、午後1時に軽くおつまみをとりながら、お酒を少し飲むという習慣もあります。それも合わせると1日に6回、食事の時間があることになります。

シエスタで活力回復!

午後10時の空です。窓から撮影

スペインの素敵な習慣、シエスタは昼寝です。特に暑い夏はシエスタは欠かせません。昼ごはんのあと、30分くらいが理想のシエスタです。この時間帯はお店も閉まります。だいたい昼ごはんの時間プラスシエスタ、で午後2時から5時、または6時くらいまでお店はしまっています。ローカルなスーパーマーケットもしまってしまいます。最近は、大手のスーパーマーケット(メルカドーナ、カルフールなど)は開店しています。

地域にもよりますが、午後3時ごろ、アンダルシアは気温が45度から50度くらいになります。こんなに暑い時間帯に外に出るのはとても危険です。その時間帯は、窓をしっかり締めて鎧戸を閉めたり、簾を垂らしたりして、部屋を暗くします。湿気のないスペインではそれだけで涼しく過ごせます。特に古い家は壁の厚みが60cmくらいあるので、外の暑さをシャットアウトしてくれます。

夜のアクティビティーを楽しむ習慣

こう言うところで軽くつまんで飲みます。一件につき2杯くらいで次のバルへ。

スペインでは1日をシエスタによって区切るので2倍楽しめます。夜は涼しくなりますし、日の入りが夏の場合、午後9時から10時で、それまでは明るいので散歩やお買い物もできます。子供達もシエスタをして活力を盛り返し、6時にメリエンダ(おやつ)を食べて出かけます。夜の10時くらいまで小さな子供も遊んでいます。中学生くらいになるとさらに遅くまで出歩いていても、特に「不良」というわけでもありません。

スペインではスペインの習慣で!

習慣というのは長い時間の中で育まれたものです。その地域に住む上で一番心地よいように作られていますから、スペインに来たらスペインの習慣で生活しましょう。美術館なども遅くまで開館していますから、安心してシエスタをして夜のためにエネルギーを蓄えます。できれば、ベソの挨拶も試してみてくださいね。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連するキーワード


スペイン 習慣

関連する投稿


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


【サラゴサ】イスラム文化がいっぱいのスペインの街!オススメスポット7選

【サラゴサ】イスラム文化がいっぱいのスペインの街!オススメスポット7選

ローマ時代から続くサラゴサには、イスラム文化の影響もあり、異国情緒がたっぷりの建物がたくさんあります。マドリードとバルセロナの間にあるため、立体的な融合された文化が楽しめるサラゴサは見どころがたっぷりです。画像をたくさん載せて紹介します。


【サラゴサ】スペインの穴場観光の街を歩いてみよう! レトロな雰囲気の歴史の街

【サラゴサ】スペインの穴場観光の街を歩いてみよう! レトロな雰囲気の歴史の街

サラゴサには、世界遺産指定のモニュメントなどもありますが、それだけではありません。2000年以上も都市として人々が生きてきた場所には歩いているだけでも楽しいスポットが潜んでいます。人も優しいサラゴサの街はレトロな雰囲気でタイムスリップした気分が盛り上がります。そんなサラゴサの街の何気ないスポットを紹介します。


【サラゴサ】スペインで一番たいせつな聖母ピラールのいる大聖堂でゴヤの絵を見る

【サラゴサ】スペインで一番たいせつな聖母ピラールのいる大聖堂でゴヤの絵を見る

スペインの観光でなんとなく、行きそびれてしまうサラゴサですが、サラゴサにはスペイン人にとって一番重要な聖母がまつられた大聖堂があります。スペインの3大聖所は、サンティアゴ・デ・コーポステラの大聖堂とサラゴサのヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂、そしてアンダルシア、ロシオの礼拝堂です。


マドリードのセレブ地帯サラマンカ地区散策!市場と美術館とレストランで住民になりすまし

マドリードのセレブ地帯サラマンカ地区散策!市場と美術館とレストランで住民になりすまし

マドリードで一番安全で気持ちをゆっくりできる、そんなところがサラマンカ地区(バリオ・サラマンカ)です。古くから住んでいる人も多く、のどかなマドリードの一面を見られます。住民たちに混じって、市場や美術館に行って見ませんか。マドリードの別の楽しみ方を紹介します。


最新の投稿


スタディプランナーって?韓国女子高生に人気の手帳は試験対策はもちろん社会人にも使える!

スタディプランナーって?韓国女子高生に人気の手帳は試験対策はもちろん社会人にも使える!

韓国学生の必須アイテムになりつつある「スタディプランナー」。一見ごく普通の手帳ですが、スタディプランナーという名の通り受験勉強中の学生には無くてはならない存在なんだとか!今回は効率良い勉強のためのスタディプランナーの使い方を詳しくお伝えするとともに、資格取得を目指す社会人がスタディプランナーを使う方法をお伝えします。





ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

所変われば結婚式の常識も変わるもの。パーティーが大好きな今時オージーの結婚式とは、一体どんなものなのでしょう。オーストラリアで初めて結婚式に招待されたけど、何から準備したらよいのか分からない!そんな方のために、招待状用語から、ドレス・コード、式の流れ、お祝いを渡すタイミングなど、招待客としての心得をまとめました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング