コストパフォーマンスよし!使い心地よし!タイ政府国立病院が作った化粧水「アバイブーベハーバルトナー」がおすすめ

コストパフォーマンスよし!使い心地よし!タイ政府国立病院が作った化粧水「アバイブーベハーバルトナー」がおすすめ

美容大国のタイですが、海外製の化粧品を購入するのは少し抵抗があるのではないでしょうか。今回おすすめする化粧水は、タイ政府国立チャオプラヤ・アバイブーべ病院のハーブ研究所が作っているものでとても安心です。低刺激なので、敏感肌の方にもおすすめ。アバイブーベハーバルトナー化粧水の魅力や使い心地などをお伝えします。


タイに移住してきて5年経ちますが、移住して1ヶ月ほどした頃にちょっとした問題にぶつかりました。それは女性ならではの美容に関しての問題です。日本から持ってきていた愛用の化粧水が切れてしまったのです。日本には年に2回ほど帰りますが、里帰りまでにはまだまだ時間がありました。買い溜めもしていません。そこで、「移住してきたのだから、タイで自分にあった化粧品を見つけていこう!」という気持ちになり、まずはなくなってしまった化粧水を探し始めることにしました。

美容マニアな私にとっては、化粧品を選ぶのは苦ではありません。むしろワクワクした気持ちで楽しみながら薬局や化粧品売り場をまわりました。いろいろ試したり成分表記を見た結果、シンプルで使い心地の良いものを発見しましたのでそちらをご紹介します。

「アバイブーべ」とはタイ国立病院が作るオーガニックハーブ製品ブランド

アバイブーべとは、タイ政府国立チャオプラヤ・アバイブーべ病院が作るオーガニックハーブ製品ブランドです。ハーブの使用の知識と知恵を普及するために、合理的な価格で高品質であるハーブ製品を提供したい、という考えから設立されたもの。

医薬品やコスメ、ペット製品など、ハーブを使用したハイクオリティでリーズナブルなアイテムを展開しています。アバイブーベシリーズには、家のようなマークがプリントされていますが、これはアバイブーベ病院のマークです。買い物する際に目印になりますね。私の中では安心のマークです。

アバイブーベ病院のマーク

アバイブーベのコスメは、タイ王宮プロジェクトの一環でもあります。このプロジェクトは、昨年亡くなられたプミポン国王が始めたもの。王室プロジェクトのため、価格設定も良心的です。誰もが手に入れることができるような、安価な価格設定になっています。今回私がおすすめする化粧水のアバイブーベハーバルトナーは日本価格で500円ほど。日本で言えば「プチプラ」にあたりますよね。安い上にクオリティもいいのです!

アバイブーベハーバルトナーはオーガニック植物が原料となっている

ハーブ先進国と言われるタイですが、2500年も前からハーブを「食・薬・化粧品」に活かしてきた歴史があります。アバイブーベ病院で研究されるプレミアムオーガニックハーブは、無農薬の契約農家や病院の敷地内で栽培したもの。それに無化学肥料・無農薬だから安心です。

日本でもオーガニック好きな人には知られている商品で、以前日本のテレビ番組でも紹介されたことがあるのだとか。タイお土産に買って帰る人も少なくありません。なおさら注目度は高まっているのではないでしょうか。チャオプラヤー・アバイブーベ病院の商品は、ハーバルトナーの他にもバタフライピーシャンプーやマンゴスチン石鹸などが有名ですよ。

アバイブーベハーバルトナーに含まれる注目のエキス

成分表記

抗炎症作用のあるキュウリエキス

キュウリエキスは一般的に、美白効果・毛穴引き締め効果・保湿効果を期待して化粧品に配合されます。肌に潤い、ツヤ、ハリを与え、なめらかな肌へ導く優秀な成分です。抗炎症作用があるため、日焼けした肌やニキビ肌にも有効ですし、ビタミン類が含まれているため、美白効果も期待できます。

日差しの強いタイでは、低刺激で抗炎症作用のある化粧品が欠かせません。紫外線を浴びた後に刺激の強い化粧品を使うと、かえって乾燥してしまったりしますから。肌の乾燥は、しみ・しわ・ニキビなどの原因となってしまいます。

アンチエイジング効果のあるツボクサエキス

ツボクサエキスは、エイジングケア化粧品に含まれていることが多いです。インド伝統医学のアーユルヴェーダでは、「最も重要な若返りハーブ」と言われているほど。近年注目されている成分でもあります。ツボクサエキスの効果としては、コラーゲンの生成促進や、抗酸化作用により炎症後の色素沈着を抑制することなどが挙げられます。

ツボクサエキスに含まれるアジアチン酸やマデカシン酸には幅広い抗菌効果がありますから、ニキビや肌荒れ対策にも有効です。血行を良くするので、肌のターンオーバーを促進する効果も期待できます。私としてはとくに、このツボクサエキスが配合されているところがおすすめのポイントです。

美白効果が期待できるアムラエキス

アムラエキスとは、アバイブーベで使用されているハーブの一種ですが、ビタミンCがレモンの10倍、抗酸化作用のあるボリフェノールは赤ワインの30倍も含まれており、肌の中にあるヒアルロン酸を保護する効果があります。ヒアルロン酸は潤いのある肌に欠かせないものです。さらに、くすみ、シミ、ソバカスを予防改善し、美白効果が期待できます。また、ビタミンCはニキビ対策にも有効ですよ。

他にも、肌のたるみやコラーゲンの糖化を予防したりと、加齢による悩みをカバーできるのがアムラエキス。アムラは梅の実に似たフルーツで、こちらもアーユルヴェーダでは「若返りの果実」と呼ばれて重宝されてきたものなのです。

さっぱりとした使い心地で乾燥肌にもオイリー肌にもおすすめ

使った感想としては、ベタつきは全くなくさっぱりとしています。低刺激ということで、乾燥肌にもオイリー肌にもおすすめできます。ハーバルトナーは年齢や肌タイプを選びません。スッと肌に馴染み引き締まるような感覚もありますが、肌が乾燥しやすい私は、この化粧水だけでは少し物足りないので、ハーバルトナーを塗布した後にヒルドイドを塗っています。

オイリー肌の方はハーバルトナーだけでも十分かもしれません。敏感肌や、何かの薬を服用中で身体が弱っている時は、抗菌作用のあるツボクサエキスが効いて赤みが出るかもしれません。しかしそのことで悪化するようなことはほとんどありません。

肌タイプは皆違いますし、どんな化粧品でも合う人合わない人はいます。何らかの成分にアレルギー反応を起こす人もいます。それに、体調によるということも少なくありません。寝不足やストレスで一時的に敏感肌になってしまうこともありますから。そのことを頭に置いておくと、もし赤みが出たりした場合も落ち着いて対応できるでしょう。赤みやヒリヒリが出た場合は、いったん全てのスキンケアを中止することが最善です。

タイで購入したヒルドイド

ハーバルトナーとヒルドイドでの保湿が最強

私の中で最強の組み合わせが、ハーバルトナーとヒルドイドです。ハーバルトナーはシンプルな配合なのが魅力なのですが、シンプルなだけに、肌が乾燥しやすい私にとってはあと一歩「保湿」が足りないような気がします。そこで保湿剤のヒルドイドを使うようにしています。ハーバルトナーとヒルドイド、どちらも500円ほどで購入できますから、こんなにコストパフォーマンスのよいスキンケアはないのではないか、と思ってしまうほど。

「ヒルドイド」は最近日本の女性たちの間で流行っている保湿剤です。日本では皮膚科で処方してもらわないと手に入れることができませんが、タイでは薬局で購入することができます。驚いたのが、タイではヒルドイドを傷跡に使うのが一般的なこと。スキンケアとして使うイメージはあまりないと言います。タイのほうはパッケージにも脚のイラストがありますよね。怪我をしたら傷口にヒルドイド、というのがタイ人の間では定着しています。

日本の皮膚科で処方されるヒルドイドは、有効成分の含有量が100g中0.3%ですが、タイでは0.3%と0.45%のものが販売されています。私は0.45%のものを使用しています。使ってみてどちらも大差はありませんが、含有量が少し多いだけでなんだか得した気持ちになります。私は移住前に皮膚科でヒルドイドを多めに処方してもらいましたが、タイでも購入できてホッとしました。

タイでは傷跡に使うのが一般的

日本の皮膚科で処方してもらったヒルドイド

肌をしっかり保湿することは美肌への近道です。肌は潤うことによりバリア機能が高まり、外部からの刺激に強くなります。それに、生活習慣と食習慣を見直せば、シンプルなスキンケアで十分美肌になります。ステップ数が多く重ね塗りをするようなスキンケアよりも、正しい洗顔と保湿だけのシンプルなスキンケアを続けたほうが、敏感肌が改善するという実験データもあるほど。

洗顔料はしっかり泡立て、きめ細かい泡で優しく洗うこと。そして保湿はシンプルに。肌本来の力をサポートする程度で十分ではないかと思っています。手順のシンプルさに加え、配合のシンプルさも重要だと思います。それを考慮した上で、ハーバルトナーとヒルドイドはおすすめです。

アバイブーベハーバルトナーとお気に入りたち

オーガニック化粧品と聞くと高価なイメージがありますが、アバイブーベシリーズはそんなことありません。非常に良心的でコストパフォーマンスが良いもの。それに、化粧品は高ければ高いほど良いというわけではありません。高価な化粧品でも、肌の弱い人にとっては乾燥肌を招いてしまう場合もあるのですね。

化粧品選びには慎重になるべきですが、ハーバルトナーは試してみやすい価格なのも魅力のひとつです。「化粧水」は乳液や美容液とは違って、たっぷり使うべきものです。この価格なら、惜しげもなくパシャパシャ使えるのもポイントではないでしょか。

リーズナブルで質がいいものと言えばアバイブーベシリーズ。病院が開発しているものなので安心ですよね。お土産なんかにも喜ばれるのではないでしょうか。買って損はないと思うので、タイでこちらを見つけたら、是非ゲットしてみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

自然に触れてリフレッシュ!サラブリ県をドライブしてみたら自然いっぱいの小さな滝にたどり着いた

アユタヤの隣に位置するサラブリ県。タイの田舎の雰囲気を満喫したかったので、ドライブしてみることにしました。ドライブ中とくにめぼしいものものはなかったものの、マップを見ながら進んでいくと自然豊かな場所に行き着きました。小さな滝にたどり着き、そこで食事もできました。リフレッシュできたサラブリにある小さな滝をレポートします。


タイ人ハイソ向けのデパート「The Crystal Shopping Mall 」は日本人にもおすすめ

タイ人ハイソ向けのデパート「The Crystal Shopping Mall 」は日本人にもおすすめ

タイにはバンコクを中心におしゃれなデパートはありますが、とくに品が良いと私が思うのは、「The Crystal Shopping Mall 」です。もともと周辺が高級住宅地であり、芸能人や富裕層が多く住む地域。まわりにはCDCやセントラルフェスティバルイーストヴィレなど、どれもハイソ向けの商業施設などが点在しています。


タイはカフェ天国!?パトゥムターニー県にある「On The River Cafe」に行ってみた

タイはカフェ天国!?パトゥムターニー県にある「On The River Cafe」に行ってみた

タイ人はコーヒーが大好き。タイには写真映えするようなお洒落なカフェショップがたくさん点在しているのをご存知でしょうか?バンコクはもちろんお洒落なカフェショップが多いですが、今回はバンコクのお隣パトゥムターニー県にある「On The River Cafe」に行ってみました。ここは「船」がカフェになった新しいスタイルです。


タイでも納豆が食べられる!バンコクでは定番の「社長さんの納豆」と「TSUBAKIミニ納豆」

タイでも納豆が食べられる!バンコクでは定番の「社長さんの納豆」と「TSUBAKIミニ納豆」

バンコクで定番の納豆といえば、「社長さんの納豆」と「TSUBAKIミニ納豆」です。私はよくマックスバリューでこの納豆たちを調達しています。納豆大好きな私にとっては、タイでも日本にあるような納豆が気軽に手に入るなんて有難いです!日本人が多く住むパタヤやシラチャの方面のマックスバリューなんかでも手に入れることができますよ。


自慢の愛犬連れが集うバンコク郊外のショッピングモール「CentralFestival EastVille」

自慢の愛犬連れが集うバンコク郊外のショッピングモール「CentralFestival EastVille」

セントラル・フェスティバル・イーストヴィレ( CentralFestival EastVille)は、バンコク郊外にあるショッピングモールで、愛犬連れにも優しいスポットです。比較的富裕層のタイ人が多く、小型犬から大型犬まで、自慢の愛犬を連れた人が多くいます。騒がしさもなく、落ち着いた雰囲気が私のお気に入りポイントです。


最新の投稿


バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

長らくボリビアは南米最貧国とも揶揄されて、バックパッカーが冒険に訪れる国とも言われてきました。確かにボリビアと言えば乱雑に並んだ雑多な市場を想像する方も少なくありません。しかし、近年経済発展を遂げているボリビアにも近代化の波が押し寄せ、都市部にはいくつかのショッピングモールも建設中。その最大のものを見学してきました!


おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

ベトナムコーヒーというと、専用の器具を使ってポタポタ落ちるコーヒーをゆっくりと飲むというイメージがありましたが、今回ホーチミンに行ってそのイメージは覆されました!おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しむことができました。その中の1つHIGH LANDS COFFEE」の店内様子をお伝えします。


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング