タイのクラビってどんなところ?定番スポットからからローカルまで探検してみた

タイのクラビってどんなところ?定番スポットからからローカルまで探検してみた

プーケット島やサムイ島は有名ですが、その近くに、「クラビ」というリゾートエリアがあるのをご存知ですか?プーケットからパンガー湾を挟んですぐ東にあるクラビは、石灰石の岩壁と熱帯ジェングルにに囲まれた、秘境のビーチリゾート。今回は、ビーチリゾートだけではなく、ローカルな部分も探検してみました。


クラビ(クラビー県)にはイスラム教の方も多い

クラビには、スカーフを被ったイスラム教徒の方が多くいて、イスラム料理のレストランやイスラム教の礼拝所のモスクも数多くありました。お隣のマレーシアはイスラム教国家のため、イスラム教系の住民が、マレーシアと国境を接するタイ南部には多く存在するそう。イスラム教のタイ人というよりは、マレー系の人たちです。

島を巡るツアー予約から出発まで

クラビ空港からバスに乗って、沖合のアオナンビーチのエリアに行きます。クラビでの滞在拠点となるところです。アオナンビーチのエリアは、観光地として開発されているため、ホテルやレストランが充実しており、たくさんのツアーが案内されております。
手つかずの場所も多く、自然の豊かさを堪能できるクラビ。沖合には130もの島々が点在しておりますが、船でピピ島に行くのが定番となっています。ピピ島までは、アオナンビーチから南へ40Kmほどです。ピピ島へはプーケットからかクラビからかの2パターンありますが、距離はどちらも同じくらいです。

クラビのおすすめスポットが掲載されていました。海の方だけではなく、山遊びや川遊びなども充実しているようです。温泉や天然ポールもあるそう。右側の看板はタクシーの案内掲示板で、目的地までの時間と料金が掲載されています。驚いたのが、ここからバンコクまでの案内もされていたこと。「クラビ空港までならまだしも..」という感想しかありませんでしたが、バンコクからクラビまでは陸続きですし、飛行機が苦手な人は利用するのかもしれません。ちなみに、12時間で1万バーツ(3万2千円)ほどでした。日本に比べたら格安ですよね。時間はかかりますが、3〜4人で乗ると飛行機よりも安くなるでしょう。長い時間車に乗って移動することは、タイ人には割と普通のようです。

こちらが、アオナンビーチの出航所です。受付を済ませ、組んだツアーごとにグループに分けられ、皆揃ったら出発します。スピードボートに乗りましたが、この日は波が荒れている上にスコール。それに「運転荒いな〜」というのが正直な感想です。波が荒れている分、スピードを出さなければならない部分もあるかもしれませんが。車酔いや船酔いしやすい人には、旅行の際に酔い止めの薬は必須ですね。持っているだけでも安心でき、御守り代りとなりますよ。

いくつかビーチや定番スポットを巡りましたが、印象に残っているのがこちら。こちらには昔、人が住んでいたそう。本物の自給自足な生活ですよね。

レンタルバイクでクラビを探検してみよう

翌日は、バイクをレンタルしアオナンビーチのエリアを探検しました。1日300バーツ(1000円)ほどでレンタルできます。身分証とバイクが引き換えとなることが多いです。バイクをレンタルする際の注意点は、乗る前に傷などを確認しておくこと。目立った傷があった場合は、前からのものということを証明するために、証拠の写真を撮っておきます。トラブルを避けるためですね。

バイクを返した時にケチをつけられることは滅多にありませんが、念のためにチェックしておいた方が良いでしょう。

ホテル街を抜けしばらくすると、木が多くていかにもジャングルというような雰囲気ですが、道が大きく分かりやすいので迷うことはありませんでした。バイクで20分ほど走ると、こんな空き地に到着しました。

空き地をもう少し進んでみます。

船着き場となっていてここで行き止まりでした。奥には、観光に使うスピードボートや船もあり、ここからアオナンビーチまで観光客を迎えに行き、島に出発するそうです。漁をするための船などもあります。クラビでは船が移動手段に欠かせないものなのです。

プーケットに比べると、まだまだ知られていないクラビですが、クラビの魅力にはまり、何度も足を運んだり、長期滞在する外国人も多くいます。ガイドブックには掲載されていないところも多くありますが、自分で発見するのも楽しみの一つですよね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ クラビ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング