ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

「何これ??」「おいしくなさそう」「何かわからない」「使いかたわからない」というお土産をもらったことはありませんか?出張や旅行で訪れたときに、みんなに配るお土産を買って帰りますよね。おやつに食べてもおいしいし、もらったほうも珍しい、インドネシアらしさもある低価格なおすすめのバラマキ土産を紹介します


スーパーで手に入るプチプラでおいしいお土産

テンペチップス

”Qtela” (クトゥラ)のスナック菓子です。

写真はインドネシアの大豆の発酵食品で有名な『テンペ』使ったチップスで、オリジナルの塩味と唐辛子味、のり、インドネシア料理によく使われるこぶみかんの葉風味があります。

このシリーズは他にも、キャッサバ(シンコンと呼ばれる芋)チップスと、紫芋チップスがあり、インドネシアらしい野菜を使ったチップスですが、味も強すぎず食べたら美味しいので、家でもおやつに常備しています。

ココナッツビスケット

Kelapaとはココナッツという意味です。上の段の箱入りのほうは、個包装になっているのでばら撒き土産に最適です。家で食べるなら下の袋入りのほうが少し安いです。

これが紫芋チップスです

オリジナルはサツマイモの甘味だけというやさしい味ですが、唐辛子風味もあります。大小ありますが、小さい袋だとRp4500(日本円で40円くらい)です。

オランダ風ビスケット

オランダの風車や、民族衣装を着た子供をモチーフにしたビスケットです。友達が来たときに出すと『かわいいー』と必ずいわれるデザインで、味もバター味とシナモン、ジンジャー風味と3種類あります。インドネシアに風車などはありませんが、オランダ植民地時代のデザインで風車を使ったものはよくあります。

定番ですが間違いないご当地お菓子

キットカットのインドネシア地域限定版。

ジャカルタやバリの物はわかるのですが、ジョグジャカルタと地方都市のバンドン版もあります。中は普通のキットカットですので、ジャケ買いです。もらってもきっと困らないし、個包装になっているお菓子は珍しいので、配りやすいです。

ジャワtea

昔日本でもはやりましたが、JAVA TEAといって、こちらで飲まれている紅茶です。コンビになどで売っている紅茶やレストランの紅茶がすごく甘いのでお茶の味が分かりにくいですが、ローカルの人は紅茶を飲んでいます。

TEHとはTEA。茶のことです

オランダ植民地時代の名残で、ヨーロッパ風のパッケージのレトロなお茶です。私の感覚からだと1つで2回ぐらい飲むことができます。正統派の紅茶のお土産というよりは麦茶みたいな感じで、日常よく飲まれているリーズナブルな茶葉です。

以外とインドネシアってオランダ風の物が今も残っています。The アジアというお土産ではないですが、インドネシアらしいと思います。

「どうして東南アジアのインドネシアでオランダっぽいもの?」というイメージですが、日本では東南アジアの歴史的なことは歴史の時間には少ししかやりませんので、知らない人が多いと思います。歴史的背景も含めてのお土産としておすすめです。

ローカルの市場(Pasar パサール)で買う、在住者に人気のお土産

かごバッグ

PASAR BAG(パサールバッグ)

ジャカルタの奥様も子供たちも必ずといっていいほど持っている、かごバッグ(pasar bag)
荷造りのようのテープを編んで作られたものですが、水にぬれてもいいし丈夫、軽いし大きさと色が豊富にあるので、市場に買い物に行ったり、スポーツなどの習い事用や学校のサブバッグにしていたり、本当にみんな持ってます。

小さいものだとRp25000で、大きくてもRp40000ぐらいで購入できます。すぐに見つかって買いやすいのはパサール・マエスティック(Pasar mejestik)です。
観光でも見学しやすい市場です。他にもアジアンチックなザルやかごなどもありますので、ローカルの雰囲気を感じにいくのもおすすめです。

モールや市場などの文房具売り場にあるお土産

バティック柄ノート

バティック柄のノート

インドネシアのお店、会社、学校、郵便局..いたるところで使われているノートです。中身は罫線の普通のノートなのですが、金銭の帳簿であったり、住所や名前を書いたり..ハードカバーで丈夫ということでしょうか、本当にローカルに実用的に使われています。大きさもいろいろあって、何に使うか分からない超長細いものまであります。ハードカバーがバティック柄になっているので、インドネシアらしいと思います。

アジアのお土産にありがちな、もらったはいいが「食べない」「おいしくない」「そもそも何かわからない」ということがない。お土産だけでなく自分用にも買って帰りたくなるオススメのお土産です。高級ではありませんが、みんなに配るのにぴったりなプチプラなものを集めて紹介してみました。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


ジャカルタ

関連する投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

日本ではレストランではマレーシアやタイ、ベトナムなどの料理と、東南アジア料理とまとめられることが多いインドネシア料理。日本ではあまりなじみがないけど日本人が食べやすい味付けの料理や、辛いだけではない子供にも食べやすい料理、また地方ごとに違う特徴をもつ料理があります。インドネシア料理店でぜひチャレンジしてほしい料理を紹介


最新の投稿


インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産はバティックだけではありません。欧米人に人気のインドネシアの木彫り

インドネシアのお土産の代表といえばバティック(布)ですが、実は欧米人には、インドネシア各地の木彫りが大人気です。住宅環境のせいもあるかもしれませんが、日本人はあまり目をむけていない木彫り。博物館や美術館には、木彫りの物があり、見ることもできますが、各地の特徴があり手に入りにくい貴重なものも多いのです。ベルギーには専門の雑誌まであります。日本人がよく利用するお店には取り扱いが少ないこともありますが、各民族の伝統が反映された面白いものや、味のあるもの、1つとして同じものがないという高価なものもありますので、購入できるお店とあわせて紹介します。


【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

【ベトナムホーチミン】ローカルスパでオイルマッサージとボディスクラブを初体験!!

ベトナムに来てから、ベトナムはマッサージ天国なんだよ〜多くの人が教えてくれました。いいサービス、良心的な価格でリラックスできる娯楽として海外から来た人だけでなく、ローカルの人々もたくさん利用しているようです。今回は私が現地の女性たちに連れて行ってもらったローカルのCoconut Spaというマッサージ屋さんを紹介します


コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

コーヒー好きにたまらない、カフェ天国のジャカルタ人気カフェめぐり

インドネシアはコーヒーの生産量・輸出量が世界第三位です。コーヒー栽培は植民地支配していたオランダが持ち込んだものですが、インドネシアの気候にあい地域や各島ごとに特徴あるコーヒーが作られています。国内のコーヒーメーカーも多く、インドネシア人が気軽に楽しむ、インドネシア独特の飲み方のコーヒーから、若いオーナーがこだわってブレンドしたコーヒーを出すカフェ、インスタ映えするお洒落カフェまで様々です。おなじみスターバックスでもインドネシア各地のコーヒー豆を使ったコーヒーもだされているので、ジャカルタにきたらコーヒー好きの人には天国です。インドネシアのお土産として最適なコーヒーや、幻のコーヒー、今話題のカフェなどを紹介します。


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング