ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

「何これ??」「おいしくなさそう」「何かわからない」「使いかたわからない」というお土産をもらったことはありませんか?出張や旅行で訪れたときに、みんなに配るお土産を買って帰りますよね。おやつに食べてもおいしいし、もらったほうも珍しい、インドネシアらしさもある低価格なおすすめのバラマキ土産を紹介します


スーパーで手に入るプチプラでおいしいお土産

テンペチップス

”Qtela” (クトゥラ)のスナック菓子です。

写真はインドネシアの大豆の発酵食品で有名な『テンペ』使ったチップスで、オリジナルの塩味と唐辛子味、のり、インドネシア料理によく使われるこぶみかんの葉風味があります。

このシリーズは他にも、キャッサバ(シンコンと呼ばれる芋)チップスと、紫芋チップスがあり、インドネシアらしい野菜を使ったチップスですが、味も強すぎず食べたら美味しいので、家でもおやつに常備しています。

ココナッツビスケット

Kelapaとはココナッツという意味です。上の段の箱入りのほうは、個包装になっているのでばら撒き土産に最適です。家で食べるなら下の袋入りのほうが少し安いです。

これが紫芋チップスです

オリジナルはサツマイモの甘味だけというやさしい味ですが、唐辛子風味もあります。大小ありますが、小さい袋だとRp4500(日本円で40円くらい)です。

オランダ風ビスケット

オランダの風車や、民族衣装を着た子供をモチーフにしたビスケットです。友達が来たときに出すと『かわいいー』と必ずいわれるデザインで、味もバター味とシナモン、ジンジャー風味と3種類あります。インドネシアに風車などはありませんが、オランダ植民地時代のデザインで風車を使ったものはよくあります。

定番ですが間違いないご当地お菓子

キットカットのインドネシア地域限定版。

ジャカルタやバリの物はわかるのですが、ジョグジャカルタと地方都市のバンドン版もあります。中は普通のキットカットですので、ジャケ買いです。もらってもきっと困らないし、個包装になっているお菓子は珍しいので、配りやすいです。

ジャワtea

昔日本でもはやりましたが、JAVA TEAといって、こちらで飲まれている紅茶です。コンビになどで売っている紅茶やレストランの紅茶がすごく甘いのでお茶の味が分かりにくいですが、ローカルの人は紅茶を飲んでいます。

TEHとはTEA。茶のことです

オランダ植民地時代の名残で、ヨーロッパ風のパッケージのレトロなお茶です。私の感覚からだと1つで2回ぐらい飲むことができます。正統派の紅茶のお土産というよりは麦茶みたいな感じで、日常よく飲まれているリーズナブルな茶葉です。

以外とインドネシアってオランダ風の物が今も残っています。The アジアというお土産ではないですが、インドネシアらしいと思います。

「どうして東南アジアのインドネシアでオランダっぽいもの?」というイメージですが、日本では東南アジアの歴史的なことは歴史の時間には少ししかやりませんので、知らない人が多いと思います。歴史的背景も含めてのお土産としておすすめです。

ローカルの市場(Pasar パサール)で買う、在住者に人気のお土産

かごバッグ

PASAR BAG(パサールバッグ)

ジャカルタの奥様も子供たちも必ずといっていいほど持っている、かごバッグ(pasar bag)
荷造りのようのテープを編んで作られたものですが、水にぬれてもいいし丈夫、軽いし大きさと色が豊富にあるので、市場に買い物に行ったり、スポーツなどの習い事用や学校のサブバッグにしていたり、本当にみんな持ってます。

小さいものだとRp25000で、大きくてもRp40000ぐらいで購入できます。すぐに見つかって買いやすいのはパサール・マエスティック(Pasar mejestik)です。
観光でも見学しやすい市場です。他にもアジアンチックなザルやかごなどもありますので、ローカルの雰囲気を感じにいくのもおすすめです。

モールや市場などの文房具売り場にあるお土産

バティック柄ノート

バティック柄のノート

インドネシアのお店、会社、学校、郵便局..いたるところで使われているノートです。中身は罫線の普通のノートなのですが、金銭の帳簿であったり、住所や名前を書いたり..ハードカバーで丈夫ということでしょうか、本当にローカルに実用的に使われています。大きさもいろいろあって、何に使うか分からない超長細いものまであります。ハードカバーがバティック柄になっているので、インドネシアらしいと思います。

アジアのお土産にありがちな、もらったはいいが「食べない」「おいしくない」「そもそも何かわからない」ということがない。お土産だけでなく自分用にも買って帰りたくなるオススメのお土産です。高級ではありませんが、みんなに配るのにぴったりなプチプラなものを集めて紹介してみました。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


ジャカルタ

関連する投稿


バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

東南アジアは物価が安い。と思っていたら、意外と物価が高いことに驚きます。バッグや洋服、靴などの衣料品は高い値段がつけられています。デパートやスーパー、路面店などで購入するよりも、自宅に業者を呼んだり、市場へ持ち込んだりして、オリジナルの靴やバッグ、洋服、名前入りにメモ帳などを安く作ることができるオーダー天国を紹介します


バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

バリ島に行かなくても体験できる、空港に行く途中に寄れるのマングローブ樹林

インドネシアといえばバリ島。バリではマングローブ樹林散策は高額なツアーですが、実はジャカルタにもマングローブ樹林はあります。空港に近い海に面したマングローブ自然保護区。周辺にはレストランもたくさんある、ジャカルタのローカルでも知らない場所です。帰りに空港行く途中に少し早めにでて立ち寄ることもできる便利スポットです。


歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

歩いてはいけないといわれるジャカルタの目抜き通りを縦横無尽に歩いてみる

ジャカルタは渋滞がいまや世界一とも言われており、ローカルの人でも歩いている人は少ないほど、バイクや車で「ちょっとそこまで」の距離でも移動します。交通量と安全性、歩かないという文化からジャカルタに来る日本人は「歩いてはいけない」といわれています。一番の目抜き通りを自由に歩いても良い日、カーフリーデーについて紹介します


インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの観光はバリ島だけではありません。ジャカルタはインドネシアの首都です。インドネシアのガイドブックにはジャカルタの情報は少なめですが、街を見るだけでもイスラム文化を感じられます。仕事で訪れる場合の短い自由時間でも「ここだけは!」押さえてほしい、観光スポットの中からイチオシを紹介します。


最新の投稿


スタディプランナーって?韓国女子高生に人気の手帳は試験対策はもちろん社会人にも使える!

スタディプランナーって?韓国女子高生に人気の手帳は試験対策はもちろん社会人にも使える!

韓国学生の必須アイテムになりつつある「スタディプランナー」。一見ごく普通の手帳ですが、スタディプランナーという名の通り受験勉強中の学生には無くてはならない存在なんだとか!今回は効率良い勉強のためのスタディプランナーの使い方を詳しくお伝えするとともに、資格取得を目指す社会人がスタディプランナーを使う方法をお伝えします。





ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

ドレスコードは?ご祝儀はいるの?オーストラリアの結婚式事情と招待客の心得を解説します

所変われば結婚式の常識も変わるもの。パーティーが大好きな今時オージーの結婚式とは、一体どんなものなのでしょう。オーストラリアで初めて結婚式に招待されたけど、何から準備したらよいのか分からない!そんな方のために、招待状用語から、ドレス・コード、式の流れ、お祝いを渡すタイミングなど、招待客としての心得をまとめました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング