ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

ジャカルタで簡単に手に入る。もらったほうも困らないおすすめのバラマキ土産

「何これ??」「おいしくなさそう」「何かわからない」「使いかたわからない」というお土産をもらったことはありませんか?出張や旅行で訪れたときに、みんなに配るお土産を買って帰りますよね。おやつに食べてもおいしいし、もらったほうも珍しい、インドネシアらしさもある低価格なおすすめのバラマキ土産を紹介します


スーパーで手に入るプチプラでおいしいお土産

テンペチップス

”Qtela” (クトゥラ)のスナック菓子です。

写真はインドネシアの大豆の発酵食品で有名な『テンペ』使ったチップスで、オリジナルの塩味と唐辛子味、のり、インドネシア料理によく使われるこぶみかんの葉風味があります。

このシリーズは他にも、キャッサバ(シンコンと呼ばれる芋)チップスと、紫芋チップスがあり、インドネシアらしい野菜を使ったチップスですが、味も強すぎず食べたら美味しいので、家でもおやつに常備しています。

ココナッツビスケット

Kelapaとはココナッツという意味です。上の段の箱入りのほうは、個包装になっているのでばら撒き土産に最適です。家で食べるなら下の袋入りのほうが少し安いです。

これが紫芋チップスです

オリジナルはサツマイモの甘味だけというやさしい味ですが、唐辛子風味もあります。大小ありますが、小さい袋だとRp4500(日本円で40円くらい)です。

オランダ風ビスケット

オランダの風車や、民族衣装を着た子供をモチーフにしたビスケットです。友達が来たときに出すと『かわいいー』と必ずいわれるデザインで、味もバター味とシナモン、ジンジャー風味と3種類あります。インドネシアに風車などはありませんが、オランダ植民地時代のデザインで風車を使ったものはよくあります。

定番ですが間違いないご当地お菓子

キットカットのインドネシア地域限定版。

ジャカルタやバリの物はわかるのですが、ジョグジャカルタと地方都市のバンドン版もあります。中は普通のキットカットですので、ジャケ買いです。もらってもきっと困らないし、個包装になっているお菓子は珍しいので、配りやすいです。

ジャワtea

昔日本でもはやりましたが、JAVA TEAといって、こちらで飲まれている紅茶です。コンビになどで売っている紅茶やレストランの紅茶がすごく甘いのでお茶の味が分かりにくいですが、ローカルの人は紅茶を飲んでいます。

TEHとはTEA。茶のことです

オランダ植民地時代の名残で、ヨーロッパ風のパッケージのレトロなお茶です。私の感覚からだと1つで2回ぐらい飲むことができます。正統派の紅茶のお土産というよりは麦茶みたいな感じで、日常よく飲まれているリーズナブルな茶葉です。

以外とインドネシアってオランダ風の物が今も残っています。The アジアというお土産ではないですが、インドネシアらしいと思います。

「どうして東南アジアのインドネシアでオランダっぽいもの?」というイメージですが、日本では東南アジアの歴史的なことは歴史の時間には少ししかやりませんので、知らない人が多いと思います。歴史的背景も含めてのお土産としておすすめです。

ローカルの市場(Pasar パサール)で買う、在住者に人気のお土産

かごバッグ

PASAR BAG(パサールバッグ)

ジャカルタの奥様も子供たちも必ずといっていいほど持っている、かごバッグ(pasar bag)
荷造りのようのテープを編んで作られたものですが、水にぬれてもいいし丈夫、軽いし大きさと色が豊富にあるので、市場に買い物に行ったり、スポーツなどの習い事用や学校のサブバッグにしていたり、本当にみんな持ってます。

小さいものだとRp25000で、大きくてもRp40000ぐらいで購入できます。すぐに見つかって買いやすいのはパサール・マエスティック(Pasar mejestik)です。
観光でも見学しやすい市場です。他にもアジアンチックなザルやかごなどもありますので、ローカルの雰囲気を感じにいくのもおすすめです。

モールや市場などの文房具売り場にあるお土産

バティック柄ノート

バティック柄のノート

インドネシアのお店、会社、学校、郵便局..いたるところで使われているノートです。中身は罫線の普通のノートなのですが、金銭の帳簿であったり、住所や名前を書いたり..ハードカバーで丈夫ということでしょうか、本当にローカルに実用的に使われています。大きさもいろいろあって、何に使うか分からない超長細いものまであります。ハードカバーがバティック柄になっているので、インドネシアらしいと思います。

アジアのお土産にありがちな、もらったはいいが「食べない」「おいしくない」「そもそも何かわからない」ということがない。お土産だけでなく自分用にも買って帰りたくなるオススメのお土産です。高級ではありませんが、みんなに配るのにぴったりなプチプラなものを集めて紹介してみました。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


ジャカルタ

関連する投稿


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


クリームバスって、どんなお風呂?伝統的なインドネシアのマッサージが受けられるSPA

クリームバスって、どんなお風呂?伝統的なインドネシアのマッサージが受けられるSPA

バリなどに旅行に来たら、SPAに行く人が多いと思います。インドネシアではSPAだけでなく美容院でも受けられるトラディショナルな”クリームバス”というものがあります。ジャカルタ市内ではモールの美容院などでも安い値段で、このクリームバスが受けられます。バスといってもお風呂じゃない。1度したらはまるクリームバスについて紹介


気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

気合いいれて買い物に行く!物価が高いジャカルタで食品を安く買うために市場を活用

東南アジアは物価が安いイメージですが、ジャカルタは以外と物価が高いのに驚きます。車移動が必須、渋滞の中高いものを買いに行く毎日。日本人駐在妻は、あまり足を踏み入れない市場(パサール)。ジャカルタで安く買い物するためには、それなりの覚悟と準備が必要です。ローカル感満載の日常使いでない市場ってどんなところでしょうか?


匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

匂いも食べ物も一気に変わる。歩いてでしか見ることができない、ジャカルタの中華街

ジャカルタの街は歩いてはいけないといわれています。一人で行くなんてとんでもない!北のほうに多くすむ中華系インドネシア人の多い地域にあるパサール(市場)は、車では見て回れないところにあります。ジャカルタ市内を歩いて観光しようというジャカルタグッドガイドのツアーに参加して、徒歩でしか見て回れない中華街のパサールで食べ歩き


バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

バッグから家具まで!なぜかオーダーのほうが既製品より安い?ジャカルタはオーダー天国

東南アジアは物価が安い。と思っていたら、意外と物価が高いことに驚きます。バッグや洋服、靴などの衣料品は高い値段がつけられています。デパートやスーパー、路面店などで購入するよりも、自宅に業者を呼んだり、市場へ持ち込んだりして、オリジナルの靴やバッグ、洋服、名前入りにメモ帳などを安く作ることができるオーダー天国を紹介します


最新の投稿


バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

バックパッカーの国とも言われるボリビアの最大のショッピングモールに行ってきた!

長らくボリビアは南米最貧国とも揶揄されて、バックパッカーが冒険に訪れる国とも言われてきました。確かにボリビアと言えば乱雑に並んだ雑多な市場を想像する方も少なくありません。しかし、近年経済発展を遂げているボリビアにも近代化の波が押し寄せ、都市部にはいくつかのショッピングモールも建設中。その最大のものを見学してきました!


おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しもう!HIGH LANDS COFFEE(ハイランドコーヒー)に行って来ました!

ベトナムコーヒーというと、専用の器具を使ってポタポタ落ちるコーヒーをゆっくりと飲むというイメージがありましたが、今回ホーチミンに行ってそのイメージは覆されました!おしゃれなカフェでベトナムコーヒーを楽しむことができました。その中の1つHIGH LANDS COFFEE」の店内様子をお伝えします。


ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

ちょっとミーハー?歴史と小説の舞台でもあり、日本人とも関わりが深いデビ夫人の元邸宅へ

インドネシア初代大統領の第三夫人である、現在テレビで活躍のデビ夫人の元邸宅。本人の著書にも登場し、実話を元にした小説の舞台にもなりました。ガイドブックには載っていませんが、インドネシア建国当時の様子が分かる軍事博物館となっています。歴史から入るのは難しそうですが、テレビでみている人の関係する観光スポットとして楽しめます


旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

旅行中には注意も必要!危険なエリアで有名なサウス・ロサンゼルスを車で走ってみた

今回は、ロサンゼルスの行っては行けない危ない地域について紹介します。楽しいことがたくさんあるロサンゼルスではありますが、実際住んでいて怖い事件を毎日のように耳にする危険な街でもあるんです。今回の記事ではロサンゼルス内で比較的安全な地域や行ってはいけない危ない地域、また治安の悪い地域を見分ける方法を紹介します。


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?①~車編~

一家に一台どころか一人に一台車を持っている車社会のオーストラリア。オーストラリアに住み、私も車を購入。運転するようになってから文化の違いにびっくりすることが多々あります!!実際に運転しないと気づかない”オーストラリアの車事情”を日本と比較しながらご紹介いたします(^^)レンタカーを運転される方、必読です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング