南ノルウェーのジャガイモ料理「コンペ」って何?地元で食べられるお店もご紹介!

南ノルウェーのジャガイモ料理「コンペ」って何?地元で食べられるお店もご紹介!

「北欧の食べ物」といわれて皆さんが思い浮かべるのは、IKEAのジャム付きミートボール?それとも香り高いシナモンロール?北欧には日本ではあまり馴染みのない、不思議な料理がいっぱい。さっそく南ノルウェーで食べられる、コンペ(kompe)と呼ばれるユニークなジャガイモ料理をご紹介しましょう!


コンペ(kompe)ってどんな料理?

ジャガイモ団子、コンペには塩味の効いた豚肉入り。

コンペとは、南ノルウェーで食べられるジャガイモ団子のこと。ノルウェーでは1820年代からジャガイモが一般家庭に普及した歴史があり、ジャガイモが食卓にのぼる頻度が増えるにつれ、さまざまなジャガイモ料理が誕生しました。

コンペはマッシュ状にしたジャガイモに小麦粉をつなぎとして混ぜ、中に豚肉を詰め茹でたもの。ジャガイモと豚肉の味付けは塩・コショウのみで淡白な味わい。コンペはゲンコツ1つほどの大きさですが、侮るなかれ!淡白な味付けで主成分はジャガイモなのでお腹にどっしりたまり、私は1個食べるのにも一苦労でした…。

北欧人はベリーが大好き!

スーパーに並ぶノルウェー産のイチゴ。

例えば日本でも人気のスウェーデン発の家具ショップ「IKEA(イケア)」のカフェテリアでは、ミートボールをベリーソースに付けて食べるメニューがあることで知られています。

南ノルウェーで食べられるジャガイモ団子、コンペの特徴はベリーソースやベリージャムと一緒に食べるところ。そう、ノルウェーやスウェーデンなどの北欧人はベリーが大好き!

パンケーキに乗せた自家製コケモモジャム。

寒冷な気候で満足に野菜が育たない北欧ですが、その分涼しい地域でも育つイチゴやブルーベリー、クランベリーなどのベリーが豊富。ローカルは夏になると、野山で野生のブルーベリーやクランベリーを摘んでは自家製ジャムやソースを作るのが定番。

だから、北欧人はコンペやミートボール、さらにローストビーフなどさまざまな料理にベリーを使うのが上手なのです。

コンペは他の地域でも食べられる!?

フォークに乗せたコンペ。

実はコンペは、南ノルウェー以外でも一部地域で食べることが可能です。しかし、例えばノルウェーの首都オスロ周辺ではコムレ(komle)と呼ばれており、他の地域ではクムレ(kumle)、クルッブ(klubb)として親しまれるなど、呼称もさまざま。食べ方もベリーソースを付けない地域があるなど、少しずつ違いが見られるのも特徴。

ただしノルウェー内では、南の地域が最もコンペを食す習慣が定着しているともいわれています。その証拠に、なんと「コンペソング」と題されたコンペの歌もあるほど!南ノルウェー人のコンペ愛がひしひしと伝わってきますね。

ドイツではクネーデル(knödel)

シンプルなコンペの外観。

ドイツの食といえば、ソーセージとジャガイモ!「ジャーマンソーセージ」や「ジャーマンポテト」という言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。

コンペの発祥はノルウェーまたはドイツとの説があり、ジャガイモ料理の文化が根付くドイツにも、コンペに似たクネーデルと呼ばれるジャガイモ団子の料理があります。

ヨーロッパ周辺の地図。ノルウェーとドイツの位置関係がわかります。

スカンジナビア半島の端に位置するノルウェーと、ヨーロッパの中心に位置するドイツは、地理的に離れたイメージがあるかもしれません。しかしノルウェー人もドイツ人も、元を辿れば同じゲルマン民族。民族系統が同じで言語や料理が似通っているから、ドイツにもコンペに似通ったジャガイモ団子があるのですね。

コンペが食べられるのはこのお店!

コンペが食べられるお店、Husholdningskjøkkenetの外観。

南ノルウェー最大の都市、クリスチャンサン(Kristiansand)でコンペが食べられるのは、郷土料理やサンドイッチなどを扱う「Husholdningskjøkkenet(フスホールドニングスシュッケネ)」というお店。街のメインストリートに面した、「Lillemarkens(リレマルケンス)」という小さなショッピングセンターの地下1階にお店を構えています。

お店の外にある飲食スペース。

熱々ほくほくのコンペはお値段34kr(約470円)。
お店の外にはテーブルと椅子が設置されているので、ショッピングの合間の休憩にふらっと立ち寄るのもおすすめです。お店のメニューには、ノルウェーでは大人から子供までみんなに愛される、花型のワッフルもラインナップ!

◇店舗情報
住所:Markens gate 25B, 4611 Kristiansand, Norway
HP:http://www.lillemarkens.no/?menuid=55

南ノルウェーの郷土料理、コンペをご紹介しましたがいかがでしたか?ノルウェーに遊びに行く際は、各地でコンペやコムレなどのジャガイモ団子を食べ比べしてみると、旅の楽しみが増えるかもしれませんね!

この記事のライター

南ノルウェーに移住して2年。海と山に囲まれた自然あふれる環境で、いつの間にか野生のキノコを見分けられるようになっていました!

関連するキーワード


コンペ kompe ノルウェー

関連する投稿


ノルウェーで日曜日はワッフルデー!ローカルに大人気、小さな島の日曜限定ワッフル屋さん

ノルウェーで日曜日はワッフルデー!ローカルに大人気、小さな島の日曜限定ワッフル屋さん

「ワッフルといえばベルギーでしょ!」いえいえ、実はノルウェー人だって大人から子供までみんなワッフル大好き!ノルウェーでは日曜日はワッフルを食べる文化があるって知っていましたか?南ノルウェーの街、クリスチャンサンに位置する島で、日曜日だけオープンしているワッフル屋さんをご紹介します!


ノルウェーで世界のグルメを堪能!インターナショナルカルチャーフェスティバルに行こう

ノルウェーで世界のグルメを堪能!インターナショナルカルチャーフェスティバルに行こう

ちょっとずつ美味しい料理をつまみたい!それなら南ノルウェーの街クリスチャンサンで年に1度だけ開催される、「インターナショナルカルチャーフェスティバル」で世界中の料理を味わってみませんか?レストランより格安で、現地に住む移民が作る手料理は絶品と大好評!マーケットで見つけたおすすめ料理もご紹介します◎


最新の投稿


テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

タイでよく見かける小さなお椀に入った食べ物。これはココナッツを使ったおいしいお菓子で、タイ人が大好きなもの。ラーメン屋やタイ料理屋のテーブルの上に置いてあることが多く、屋台で売られていることもあります。ココナッツプリンのようなもので日本人でもおいしくいただける味です。私もだいすきなカノム トゥアイについてご紹介します。


バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコク郊外にある観光地のひとつである「クレット島」。バンコク在住者は訪れたことのある人が多い場所です。どこか懐かしいような雰囲気で、昭和へタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気を楽しめるのも魅力のひとつでしょう。都会の喧騒から離れ、癒されたい人にもおすすめの場所です。「クレット島」について詳しくみていきましょう。


今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

アメリカ・カリフォルニア州のオレンジカウンティにあるハンティントンビーチは有名なサーフタウンです。ここで毎年8月に行われるサーフィンの大会、バンズオープンの決勝戦を見に行ってきました!美しいビーチでトップサーファーが目の前で見れてしまうこの大会!夏に南カリフォルニアに来る人は旅のプランにぜひ入れてもらいたいです。


バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクには、おしゃれなスイーツやエンターテインメント性のあるスイーツなど、様々なアイディアスイーツがありますが、今1番バンコクで流行っていると言っても過言ではないスイーツショップが「After You」と「IceDEA」です。話題性としては今のところ2トップでしょう。それぞれのおすすめメニューなどをご紹介します。


不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

アルプスの大自然が作り出す神秘の光景を楽しむことができる、スイスのブラウ・ゼー。公共交通機関を使ってのアクセスが容易なのも魅力です。スイス観光の拠点となるインターラーケンから一歩足を延ばして、妖精でも出てきそうな独創的な雰囲気を楽しみに出かけてみませんか?この記事では私のブラウ・ゼー初体験を詳しくレポートします!


最近話題のキーワード

トラベルクリップで話題のキーワード


タイ バンコク メキシコ カンクン クレット島 韓国 市場 パタヤ