南ノルウェーのジャガイモ料理「コンペ」って何?地元で食べられるお店もご紹介!

南ノルウェーのジャガイモ料理「コンペ」って何?地元で食べられるお店もご紹介!

「北欧の食べ物」といわれて皆さんが思い浮かべるのは、IKEAのジャム付きミートボール?それとも香り高いシナモンロール?北欧には日本ではあまり馴染みのない、不思議な料理がいっぱい。さっそく南ノルウェーで食べられる、コンペ(kompe)と呼ばれるユニークなジャガイモ料理をご紹介しましょう!


コンペ(kompe)ってどんな料理?

ジャガイモ団子、コンペには塩味の効いた豚肉入り。

コンペとは、南ノルウェーで食べられるジャガイモ団子のこと。ノルウェーでは1820年代からジャガイモが一般家庭に普及した歴史があり、ジャガイモが食卓にのぼる頻度が増えるにつれ、さまざまなジャガイモ料理が誕生しました。

コンペはマッシュ状にしたジャガイモに小麦粉をつなぎとして混ぜ、中に豚肉を詰め茹でたもの。ジャガイモと豚肉の味付けは塩・コショウのみで淡白な味わい。コンペはゲンコツ1つほどの大きさですが、侮るなかれ!淡白な味付けで主成分はジャガイモなのでお腹にどっしりたまり、私は1個食べるのにも一苦労でした…。

北欧人はベリーが大好き!

スーパーに並ぶノルウェー産のイチゴ。

例えば日本でも人気のスウェーデン発の家具ショップ「IKEA(イケア)」のカフェテリアでは、ミートボールをベリーソースに付けて食べるメニューがあることで知られています。

南ノルウェーで食べられるジャガイモ団子、コンペの特徴はベリーソースやベリージャムと一緒に食べるところ。そう、ノルウェーやスウェーデンなどの北欧人はベリーが大好き!

パンケーキに乗せた自家製コケモモジャム。

寒冷な気候で満足に野菜が育たない北欧ですが、その分涼しい地域でも育つイチゴやブルーベリー、クランベリーなどのベリーが豊富。ローカルは夏になると、野山で野生のブルーベリーやクランベリーを摘んでは自家製ジャムやソースを作るのが定番。

だから、北欧人はコンペやミートボール、さらにローストビーフなどさまざまな料理にベリーを使うのが上手なのです。

コンペは他の地域でも食べられる!?

フォークに乗せたコンペ。

実はコンペは、南ノルウェー以外でも一部地域で食べることが可能です。しかし、例えばノルウェーの首都オスロ周辺ではコムレ(komle)と呼ばれており、他の地域ではクムレ(kumle)、クルッブ(klubb)として親しまれるなど、呼称もさまざま。食べ方もベリーソースを付けない地域があるなど、少しずつ違いが見られるのも特徴。

ただしノルウェー内では、南の地域が最もコンペを食す習慣が定着しているともいわれています。その証拠に、なんと「コンペソング」と題されたコンペの歌もあるほど!南ノルウェー人のコンペ愛がひしひしと伝わってきますね。

ドイツではクネーデル(knödel)

シンプルなコンペの外観。

ドイツの食といえば、ソーセージとジャガイモ!「ジャーマンソーセージ」や「ジャーマンポテト」という言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。

コンペの発祥はノルウェーまたはドイツとの説があり、ジャガイモ料理の文化が根付くドイツにも、コンペに似たクネーデルと呼ばれるジャガイモ団子の料理があります。

ヨーロッパ周辺の地図。ノルウェーとドイツの位置関係がわかります。

スカンジナビア半島の端に位置するノルウェーと、ヨーロッパの中心に位置するドイツは、地理的に離れたイメージがあるかもしれません。しかしノルウェー人もドイツ人も、元を辿れば同じゲルマン民族。民族系統が同じで言語や料理が似通っているから、ドイツにもコンペに似通ったジャガイモ団子があるのですね。

コンペが食べられるのはこのお店!

コンペが食べられるお店、Husholdningskjøkkenetの外観。

南ノルウェー最大の都市、クリスチャンサン(Kristiansand)でコンペが食べられるのは、郷土料理やサンドイッチなどを扱う「Husholdningskjøkkenet(フスホールドニングスシュッケネ)」というお店。街のメインストリートに面した、「Lillemarkens(リレマルケンス)」という小さなショッピングセンターの地下1階にお店を構えています。

お店の外にある飲食スペース。

熱々ほくほくのコンペはお値段34kr(約470円)。
お店の外にはテーブルと椅子が設置されているので、ショッピングの合間の休憩にふらっと立ち寄るのもおすすめです。お店のメニューには、ノルウェーでは大人から子供までみんなに愛される、花型のワッフルもラインナップ!

◇店舗情報
住所:Markens gate 25B, 4611 Kristiansand, Norway
HP:http://www.lillemarkens.no/?menuid=55

南ノルウェーの郷土料理、コンペをご紹介しましたがいかがでしたか?ノルウェーに遊びに行く際は、各地でコンペやコムレなどのジャガイモ団子を食べ比べしてみると、旅の楽しみが増えるかもしれませんね!

この記事のライター

南ノルウェーに移住して2年。海と山に囲まれた自然あふれる環境で、いつの間にか野生のキノコを見分けられるようになっていました!

関連するキーワード


コンペ kompe ノルウェー

関連する投稿


アナ雪でお馴染みアレンデール王国!?南ノルウェー・アレンダルのおすすめ観光スポット3つ!

アナ雪でお馴染みアレンデール王国!?南ノルウェー・アレンダルのおすすめ観光スポット3つ!

ディズニー映画『アナと雪の女王』の舞台、アレンデール王国の名の由来は南ノルウェーの小さな街・アレンダル(Arendal)だった!夏はクルーズ船もやってくる、造船業で栄えたアレンダルを訪れたら絶対に足を運びたい、教会・おすすめカフェ・チョコレート専門店の3つの観光スポットをご紹介します。


夏の南ノルウェーでマラソンチャレンジ!ベビーカーを押して走る強者も!?最長距離は73.3km

夏の南ノルウェーでマラソンチャレンジ!ベビーカーを押して走る強者も!?最長距離は73.3km

ニューヨーク・ベルリン・ロンドン・パリ・ホノルルなど、世界中で日々さまざまなマラソン大会が開催されています。マラソン大会のために世界を旅する市民ランナーは必見!次の夏は、南ノルウェーのクリスチャンサン(Kristiansand)で開催されるマラソンに出場してみませんか?地元の人であふれるローカルな大会をご紹介します。


ノルウェーで日曜日はワッフルデー!ローカルに大人気、小さな島の日曜限定ワッフル屋さん

ノルウェーで日曜日はワッフルデー!ローカルに大人気、小さな島の日曜限定ワッフル屋さん

「ワッフルといえばベルギーでしょ!」いえいえ、実はノルウェー人だって大人から子供までみんなワッフル大好き!ノルウェーでは日曜日はワッフルを食べる文化があるって知っていましたか?南ノルウェーの街、クリスチャンサンに位置する島で、日曜日だけオープンしているワッフル屋さんをご紹介します!


ノルウェーで世界のグルメを堪能!インターナショナルカルチャーフェスティバルに行こう

ノルウェーで世界のグルメを堪能!インターナショナルカルチャーフェスティバルに行こう

ちょっとずつ美味しい料理をつまみたい!それなら南ノルウェーの街クリスチャンサンで年に1度だけ開催される、「インターナショナルカルチャーフェスティバル」で世界中の料理を味わってみませんか?レストランより格安で、現地に住む移民が作る手料理は絶品と大好評!マーケットで見つけたおすすめ料理もご紹介します◎


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング