なんでも揃う!バンコクにあるタイ最大の市場「チャトゥチャック ウィークエンドマーケット」

なんでも揃う!バンコクにあるタイ最大の市場「チャトゥチャック ウィークエンドマーケット」

タイで最大と言われている市場、チャトゥチャックウィークエンドマーケットは、バンコクの中にありますし、地下鉄の出口からすぐなので、比較的行きやすい観光スポットでもあります。仕入れに来る人も多く、衣料品や小物にペットまで、色んなものが販売されています。とても広いマーケットですから、気に入るものがなにかしら見つかるでしょう。


憧れの大人買いを実現!チャトゥチャックウィークエンドマーケットの安さの魅力

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの1番の魅力は、大人買いを実現できる価格帯であること。デパートではなく、チャトゥチャックウィークエンドマーケットで買い物をすると、ビックリするくらい格安で購入できるのです。例えば洋服。日本のデパートで売っているようなものが、1枚100バーツ(約300円)で売られていたりします。

かわいい洋服もたくさん

大量にまとめ買いする場合は、値引きも積極的に行ってくれます。「10枚だといくら?20枚だといくら?」と聞くといいでしょう。値段はあってないようなもので、人によって値段が違ったりすることもあります。値段が記載されていないものが多く、いちいち「これいくら?」と聞かなければならないのが面倒ですが、私はタイに来て少し交渉上手になりました。なにごとも「慣れ」ですね。

私1人で買い物に行くと、日本人価格を提示されますが、タイ人の友人と一緒に行き値段を聞いてもらうと1人で行く時よりも安かったりします。日本人はお金を持っていると思われていますから、これは仕方ないことかもしれませんね。綺麗な格好をしていくと、「お金を持ってる」と思われ、いつもより高い価格を提示されてしまうこともあるでしょう。

「あれ?マーケットにしてはちょっと高いかも」「なんかおかしいな」と不快に感じてしまったのならば、「OK コップンカー(ありがとう)」と言って去るのがスムーズです。先に高い金額を提示し、「特別に値引きしてあげるよ!」なんて言って営業をかけてくる人もいますが、納得できる価格なら購入すればいいですし、不快に感じたらやめればいいのです。いちいち腹を立てないこと。これは楽しく買い物するためには必要なことです。

衣料品コーナーの一部

チャトゥチャックウィークエンドマーケットのもうひとつの魅力といえば、立地の良さです。郊外だとこのような屋外市場はたくさん見かけますが、こんな広々とした市場が地下鉄で行ける範囲のバンコクの中にあるのは驚きます。飲食店も充実していますから、食を楽しみながら買い物ができますよ。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットは土日のみ営業

名物のパエリアおじさん

「ウィークエンド」という名前の通り、営業は土日のみです。大半の店主さんは平日に別の仕事をし、土日だけ市場でお店を開いている、という人が多いようです。毎週末土日のみの営業のため、いつ行っても混み合っています。20〜30万人もの来客があると言われていますが、その人の多さは訪れてみるとわかるはず。

ここに来る人のほとんどは観光客ですから、色んな国の人で溢れかえっていますよ。子ども連れの観光客も珍しくありません。それだけエンターテインメント性があるということではないでしょうか。

子どもから大人まで楽しめるチャトゥチャックウィークエンドマーケットですが、営業時間は朝の8時から夕方の6時頃まで。夕方4時頃から始まる帰宅ラッシュに捕まると大変ですので、早めに行って早めに出るのがおすすめです。朝から行けるとお昼ご飯なんかもスムーズですし、混雑を避けることができますから1番お得かもしれませんね。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットに一番近い駅はMRTガムペーンペット駅!

MRTのKamphaeng Phet(ガムペーンペット)駅の2番出口すぐのところにチャトゥチャックウィークエンドマーケットがあります。ガムペーンペット駅の周辺には有名なマーケットがいくつもあり、観光客お目当のスポットが点在していますから、土日はとくに、にぎやかな駅になります。

マーケットに行く方法は他にもあります。BTSに乗りMo Chit(モーチット)駅で降りるか、MRTに乗りChatuchak(チャトゥチャックパーク)駅で降りる方法です。このふたつの駅は連結していてとても便利な駅ですよ。どちらもマーケットまでは徒歩3分ほどです。

歩きやすい靴に動きやすく涼しい服装がマスト!

チャトゥチャックウィークエンドマーケット

チャトゥチャックウィークエンドマーケットに行く際は、歩きやすい靴に動きやすく涼しい服装がマスト。マーケット自体の敷地面積は、1.13k㎡。東京ドームの2.5倍ほどの巨大な市場ですから、かなり歩きます。マーケット全体がテントになっているため、ほとんどのショップはオープンドア式になっています。冷房はほとんどあってないようなもの。先ほどのとおり、人で溢れかえってますから、もともと暑いタイですがなおさら蒸し暑いのです。

ココナッツウォーター

暑季や雨季に行く場合、女性は化粧が崩れるのを覚悟しておきましょう。汗拭きシートやタオルもあったほうがいいです。水分補給も忘れずに。あと、気になるのがトイレ事情だと思います。トイレはありますが、入る前にお金を徴収されます。5バーツ渡すと良いでしょう。衛生面はキレイではありませんから、ホテルやデパートでトイレを済ませてから行くのがおすすめです。

アートもあります

また、あまりにも広いので、購入を迷っている暇はありません。「いい!」と思ったらすぐに購入しておかないと、「あのお店に戻りたいな」と思った時にたどり着けない場合があります。私もこの経験があります。優柔不断でいては後悔が残ってしまいます。ちなみに、この巨大なマーケット内には15,000店舗以上ものお店があると言われていますよ。

鳥の鳴き声が遠くから聞こえてました

熱帯魚のコーナー

子犬たち

ペットショップでもないのに動物が販売されているのは、タイでは珍しい光景ではありません。大きな夜市に行けば、けっこうな確率で動物を販売しています。ただ、心配なのは衛生面や健康面ですよね。市場で売られている動物たちは予防接種をしているかどうかもわかりません。日本ではまずない光景ですよね。

最近はポメラニアンがタイ人の間で流行っているそう。一応値段だけ聞いてみると、一匹3000バーツ。日本円で1万円ほどですね。値段を聞いて、なんとも言えない気持ちになりました。

ちなみに、タイはショッピングモールなどもペット同伴OKなところが多いです。たまに、デパートのイベントスペースにブリーダーが集まり、子犬たちを販売していたりもします。

言葉が通じなくても大丈夫!電卓を持って行くと便利!

おしゃれなライト

こんなに巨大なマーケットで買い物する際の醍醐味のひとつが値引き交渉ではないでしょうか。ほとんどの観光客は英語を使うかと思いますが、思い通り伝わらないこともあります。もちろん英語が全くわからない店主だっていますから。そんな時に役立つのが電卓です。数字を打ち込んで見せるだけでいいですから簡単ですよね。

スマートフォンにも電卓機能はありますが、なるべくなら充電がなくなるのを避けたいもの。旅行先だとなおさらですよね。けっこうな出番がありますから、買い物に一生懸命になりすぎて「気づいたら充電があと少し」なんてことも。スマートフォンの充電節約のためにも電卓が便利でしょう。値引き交渉がうまくできると、買い物がさらに楽しくなりますよ。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットへ行く時のワンポイントアドバイス

まず、盗難には注意しましょう。観光客が多い分、油断している人も多いです。最低限の持ち物だけにし、バッグはなるべく胸の前に持つこと。あと、常にバッグを意識しておくこと。この2点に注意すれば大丈夫でしょう。

次に、細かいお金を持っておくと便利です。トイレが5バーツ、水が10バーツ、アイスが20バーツほどですから、小銭と20バーツ札の出番は多いでしょう。お釣りがあまりないお店も多いので注意。仕方なく1000バーツを使う場合には、お釣りをしっかり確認しましょう。

最後に、日焼け対策をしっかりすること。私は買い物に夢中になるあまり、気づいたら真っ赤になっていた経験があります。日傘はじゃまになりますから、帽子をかぶり日焼け止めをしっかり塗ります。日焼け止めはこまめに塗り直さないと意味がありませんから、長居する場合はこまめに塗りなおしましょう。

実は夜も楽しめる!チャトゥチャック横にある大きな広場にてナイトマーケットが開催される

ナイトマーケット

日中にチャトゥチャックウィークエンドマーケットに行けなかった人におすすめなのが、チャトゥチャック横の大きな広場で行われているナイトマーケットです。こちらは、金土日限定の週末ナイトマーケット。こちらに行く際は、BTSのMo Chit(モーチット)駅で降りるのが便利です。

ナイトマーケットはお祭り感覚で楽しめるのでおすすめ。相変わらず混み合っていますが、比較的涼しいです。ナイトマーケットの特徴は、若者向けの衣類や小物などが多く売られていること。タイ人は流行にも敏感なので、流行ものの情報はいち早くゲットし、商売に活かします。デザイン性や機能性に優れた洋服を見極めて上手に買い物できると、かなりお得感がありますよ。

タイを観光する際、「物価の安さ」も魅力のひとつではないでしょうか。大人買いをしたい方は是非、チャトゥチャックウィークエンドマーケットに訪れてみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ バンコク

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング