スペイン人って並ばないの? スペイン式順番の待ち方を覚えてお店に入ってお買い物♪

スペイン人って並ばないの? スペイン式順番の待ち方を覚えてお店に入ってお買い物♪

外国でお買い物をするときはやはりデパートやスーパーマーケットなどの方が楽々ですね。欲しいものをピックアップしてレジで払うだけ。しかし、やはり、小売店に入った方が、おいしいものに出会えます。ところが、あることを知っていないと永遠にあなたに順番が回ってきません。その国の習慣を知って楽しくお買い物をしましょう。


順番待ちの方法って違う?スペイン人の順番待ちの方法は?

スペイン・バスク地方の八百屋さん

都市部スーパーマーケット内の肉屋さんなどは、番号のついた紙切れを取る仕組みになっているところもあります。電光掲示板に番号が出てくる仕組みになっていますから、自分の番号を見て、だいたい何分くらいしたら自分の番になるか大雑把に計算して、スーパーの他の売り場で買い物をします。

大きい病院や役所なども番号制になっていて、到着すると入り口に設置してある機械に自分の身分証の番号を打ち込んで順番を待つところもあります

ところが、街中の小売店や銀行に入ると、人々は適当にそこいらにいて、知ってる人を見つけておしゃべりをしています。待っているのかどうか、戸惑ってしまうことがあると思います。ぼーっとしていると、時として永遠にあなたの順番が来ないということもあります。いったい、彼らはどうやって順番待ちをしているのでしょうか。

スペインでお店に入ったら言わなくてはいけない言葉

アンダルシア・カソルラのお惣菜屋さん

スペインでは、お店や銀行に入ったら必ずひとこと言わなくてはいけない言葉があります。

「誰が最後?』

¿Quién es el último? キエネス・エル・ウルティモ?

すると誰かが「私!」(ジョ!yo!)と言ってくれるので、その後その人をマークしておけば、列を作らなくても、順番は守れるというシステムです。

そして忘れてはならないことがあります。その後で、また、誰かが入ってきます。そして「誰が最後?」とききますから、そのとき、ちゃんと「ジョ!」と答えましょう。もちろん、答えなくても周りの人が「この人よ!」と言ってくれますが。

スペインのオヤジギャグ!世界中結構似ているよね♪

蚤の市で売られているパテ。パンに塗るだけで食べられるものがいろいろあります。

セニョーラスの多い肉屋さんではまずないことですが、銀行など商店街のセニョールがきているところでは、「誰が最後?」ときくと、「君だよ!(トゥ!TÚ!)」と答える場合があります。

入ってきたあなたが最後。世界共通、ワンパターンのオヤジギャグですが、ちゃんと笑ってあげましょう。

笑いながら「じゃあ、最後から2番目は?」(¿Quién es el penúltimo? キエネス・エル・ぺヌルティモ)とききましょう。

たいていの場合、「君だよ。」と言ったセニョールがニヤニヤしながら「僕」と答えます。

シャイなイギリス人の意見

マドリッド・サラマンカ地区の市場メルカード・デ・ラ・パス(Mercado de la Paz)
大使館近く

このシステム、なかなか合理的で良いと思っていたのですが、イギリス人たちの意見は違っていました。すべてのイギリス人の意見かどうか国勢調査をしたわけではないのでわかりませんが、スペインに住んでいるイギリス人たちは、このシステムに関して、ちょっと不快感を持っているようでした。

「だって、ほら列を作ればいいだけのことでしょ?それなのにいちいち、『最後の人は?』なんてきくの面倒だよ。列を作らないであっちこっちでおしゃべりしてさ。第一、最後のひと誰ってきいても、聞こえなくておしゃべりに夢中になって無視されることもあるし。」

無視されるというより、小さな声でもごもごいうので気づかなかったのでしょう。イギリスでも最近は学校で外国語の授業が必須科目になったようですが、現在40歳くらいの人が学校に行っていた頃はなかったそうです。そのため、なんとなく、外国語を話すことに抵抗がある人も多いようで、「キエネス・エル・ウルティモ?」と大きな声でいうのが負担になっている人もいるようです。特にイギリス人で外国に住もうと思うオープンマインドの人は、意外とシャイな人が多いのでそういう傾向があるようです。

確かに最初のひとことって勇気が必要です。私も初めていうときはなんとなく恥ずかしかったので、理解できます。

蚤の市で売られている民芸品。馬の顔につけるお面のようなものもあります。

しかし、ささやかながらこうやって地元民と交流するきっかけになります。こうやって「だれ?」ときいたあとで、道で会ったときに挨拶をするようになった人もたくさんいます。私が住んでいるのは人口9,000人の小さな村ですから、そうやって知り合い、そのうちに家にコーヒーを飲みに行くようになる場合もあります。下手をすると1日全く他人と口をきくこともないという生活に比べるとなかなか健康的な習慣ではないかと思いますが、いかがですか?

スペイン語を話し始める最初の1歩

雑誌などを売っているキオスク(Kiosco、キヨスコ)。雑誌のおまけが見ているだけでもおもしろい。¥

待たなければならなくても、ストレスの少ないスペインの順番待ちの方法について紹介しました。スペインに行ったらぜひ一度は人がいっぱいいる人気の肉屋さんや八百屋さんでハムや果物を買ってみてください。そのときは、忘れずに「キエネス・エル・ウルティモ?」と大きな声で質問してくださいね。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


スペイン観光の穴場!ムルシア、カルブランケの海で自然と最高のスペイン料理を味わおう!

スペイン観光の穴場!ムルシア、カルブランケの海で自然と最高のスペイン料理を味わおう!

ムルシアってどこ?と思う人も多い、あまり知られていないスペインの穴場観光スポット。美しい海とおいしいものがいっぱいのムルシア、カルブランケを紹介します。 地中海最後のバージンスポットとも言われるムルシアのカルブランケで、大自然を体験する旅をしませんか?


フランス人に愛されるアルメリアの小さな街ロダルキラル! 大人気の街になる予感

フランス人に愛されるアルメリアの小さな街ロダルキラル! 大人気の街になる予感

アルメリアのロダキラルは特別に何かがあるというところではありませんが、アーティストもたくさん集まる生き生きした街です。かつてモハカがただの綺麗な街だったとき、ヒッピーたちに愛されて、今では大観光地になっています。次は多分ここ! 大観光地になる前に訪れてみませんか?


【スペイン】幸せ気分にひたりたかったらサン・セバスティアンにいらっしゃい!

【スペイン】幸せ気分にひたりたかったらサン・セバスティアンにいらっしゃい!

サン・セバスティアンはビスケー湾に面した街で、「ビスケー湾の真珠」と呼ばれる美しい街です。サン・セバスティアンは、観光地を巡る観光客ではなく、滞在型の人が多いので、町全体の空気がリラックスして、幸せな気持ちになります。サン・セバスティアンのミラマール宮廷など穴場観光スポットを紹介します。


【マドリード観光】アトーチャ駅の周りで穴場スポット! 空いた時間でスペインの思い出づくり

【マドリード観光】アトーチャ駅の周りで穴場スポット! 空いた時間でスペインの思い出づくり

列車を利用して旅行する場合、バラハス空港で降りたら、チャマルティン駅かアトーチャ駅を利用することになりますね。アトーチャ駅の周りで列車を待つ間に行ける、お金をかけずに楽しめる方法を紹介します。穴場スポットもありますから参考にしてください。


最新の投稿


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

サクッと立ち寄れるロサンゼルスのリトル・トーキョーにあるドーナッツがおいしすぎるお店・カフェ・ドルチェ

ロサンゼルスのダウンタウンにはリトル・トーキョーという日本人街があります。とはいっても日本人がこのエリアに多く住んでいるわけではなく、日本に関するお店が集中しているエリアです。ここにあるカフェ・ドルチェはドーナッツがとってもおいしいんですよ!イェルプでも4〜5つ星でロサンゼルスローカルが認める人気カフェです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング