スペイン人って並ばないの? スペイン式順番の待ち方を覚えてお店に入ってお買い物♪

スペイン人って並ばないの? スペイン式順番の待ち方を覚えてお店に入ってお買い物♪

外国でお買い物をするときはやはりデパートやスーパーマーケットなどの方が楽々ですね。欲しいものをピックアップしてレジで払うだけ。しかし、やはり、小売店に入った方が、おいしいものに出会えます。ところが、あることを知っていないと永遠にあなたに順番が回ってきません。その国の習慣を知って楽しくお買い物をしましょう。


順番待ちの方法って違う?スペイン人の順番待ちの方法は?

スペイン・バスク地方の八百屋さん

都市部スーパーマーケット内の肉屋さんなどは、番号のついた紙切れを取る仕組みになっているところもあります。電光掲示板に番号が出てくる仕組みになっていますから、自分の番号を見て、だいたい何分くらいしたら自分の番になるか大雑把に計算して、スーパーの他の売り場で買い物をします。

大きい病院や役所なども番号制になっていて、到着すると入り口に設置してある機械に自分の身分証の番号を打ち込んで順番を待つところもあります

ところが、街中の小売店や銀行に入ると、人々は適当にそこいらにいて、知ってる人を見つけておしゃべりをしています。待っているのかどうか、戸惑ってしまうことがあると思います。ぼーっとしていると、時として永遠にあなたの順番が来ないということもあります。いったい、彼らはどうやって順番待ちをしているのでしょうか。

スペインでお店に入ったら言わなくてはいけない言葉

アンダルシア・カソルラのお惣菜屋さん

スペインでは、お店や銀行に入ったら必ずひとこと言わなくてはいけない言葉があります。

「誰が最後?』

¿Quién es el último? キエネス・エル・ウルティモ?

すると誰かが「私!」(ジョ!yo!)と言ってくれるので、その後その人をマークしておけば、列を作らなくても、順番は守れるというシステムです。

そして忘れてはならないことがあります。その後で、また、誰かが入ってきます。そして「誰が最後?」とききますから、そのとき、ちゃんと「ジョ!」と答えましょう。もちろん、答えなくても周りの人が「この人よ!」と言ってくれますが。

スペインのオヤジギャグ!世界中結構似ているよね♪

蚤の市で売られているパテ。パンに塗るだけで食べられるものがいろいろあります。

セニョーラスの多い肉屋さんではまずないことですが、銀行など商店街のセニョールがきているところでは、「誰が最後?」ときくと、「君だよ!(トゥ!TÚ!)」と答える場合があります。

入ってきたあなたが最後。世界共通、ワンパターンのオヤジギャグですが、ちゃんと笑ってあげましょう。

笑いながら「じゃあ、最後から2番目は?」(¿Quién es el penúltimo? キエネス・エル・ぺヌルティモ)とききましょう。

たいていの場合、「君だよ。」と言ったセニョールがニヤニヤしながら「僕」と答えます。

シャイなイギリス人の意見

マドリッド・サラマンカ地区の市場メルカード・デ・ラ・パス(Mercado de la Paz)
大使館近く

このシステム、なかなか合理的で良いと思っていたのですが、イギリス人たちの意見は違っていました。すべてのイギリス人の意見かどうか国勢調査をしたわけではないのでわかりませんが、スペインに住んでいるイギリス人たちは、このシステムに関して、ちょっと不快感を持っているようでした。

「だって、ほら列を作ればいいだけのことでしょ?それなのにいちいち、『最後の人は?』なんてきくの面倒だよ。列を作らないであっちこっちでおしゃべりしてさ。第一、最後のひと誰ってきいても、聞こえなくておしゃべりに夢中になって無視されることもあるし。」

無視されるというより、小さな声でもごもごいうので気づかなかったのでしょう。イギリスでも最近は学校で外国語の授業が必須科目になったようですが、現在40歳くらいの人が学校に行っていた頃はなかったそうです。そのため、なんとなく、外国語を話すことに抵抗がある人も多いようで、「キエネス・エル・ウルティモ?」と大きな声でいうのが負担になっている人もいるようです。特にイギリス人で外国に住もうと思うオープンマインドの人は、意外とシャイな人が多いのでそういう傾向があるようです。

確かに最初のひとことって勇気が必要です。私も初めていうときはなんとなく恥ずかしかったので、理解できます。

蚤の市で売られている民芸品。馬の顔につけるお面のようなものもあります。

しかし、ささやかながらこうやって地元民と交流するきっかけになります。こうやって「だれ?」ときいたあとで、道で会ったときに挨拶をするようになった人もたくさんいます。私が住んでいるのは人口9,000人の小さな村ですから、そうやって知り合い、そのうちに家にコーヒーを飲みに行くようになる場合もあります。下手をすると1日全く他人と口をきくこともないという生活に比べるとなかなか健康的な習慣ではないかと思いますが、いかがですか?

スペイン語を話し始める最初の1歩

雑誌などを売っているキオスク(Kiosco、キヨスコ)。雑誌のおまけが見ているだけでもおもしろい。¥

待たなければならなくても、ストレスの少ないスペインの順番待ちの方法について紹介しました。スペインに行ったらぜひ一度は人がいっぱいいる人気の肉屋さんや八百屋さんでハムや果物を買ってみてください。そのときは、忘れずに「キエネス・エル・ウルティモ?」と大きな声で質問してくださいね。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

アンダルシア、北東部のハエン県にある世界遺産の街ウベダに住む陶工ティトさんのお店を紹介します。スペインといえば陶器やタイルが人気ですが、一般にスペインの陶器といって思い描くものより、シックなデザインです。でもこれもスペイン。スペインの国宝級の陶工の作品をじっくり見てくださいね。


【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

スペインを旅行するときは、パラドールもチェックしましょう。パラドールはお城やお屋敷など歴史的建造物を使った国営ホテルです。ウベダにもルネッサンス様式のパラドールがありますから、ぜひのぞいてください。コーヒーを飲むだけでも、思い出になりますよ。


 【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

お正月休みにスペインに滞在するのでしたら、1月6日は外せません。1月5日の夜は街の中がワクワク楽しく盛り上がっています。三賢人のパレードもあり、どこに滞在していても楽しさは変わりません。むしろ小さな村にいる方が楽しいかもしれません。村の人たちに混じって、三賢人がばらまくお菓子を食べてみませんか?


【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

マドリードから1時間半でたどり着く石造りの家々が並ぶ中世の街「メディナセリ」に出かけてみませんか? 白い村とは別の意味で、とてもスペインを感じさせてくれる街です。人口は1000人にも届かない小さな集落ですが、そこにはぎっしりとスペインが詰まっています。


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


最新の投稿


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

美味しくて安くて楽しい!ハーグに来たら巨大青空マーケット(De Haagse Markt)にいらっしゃい!

ハーグ市場は、オランダで最大のマーケットであり、ヨーロッパでも最大の市場のうちの一つです。500余りの露店が出て、様々な人種や商品が見られるのと共に、美味しくて新鮮な果物や野菜などの食べ物と、お買い得な衣料品や子供服、バック、靴、ペンキ、工具、日用品から電化製品まで、ありとあらゆる掘り出し物も見つかる可能性が大ですよ!


ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

ロサンゼルスでガチすぎるゴーカート場へ行ってみたらゴーカートがスポーツだと思い知らされた!

今回はロサンゼルスでできるアクティビティの中から屋内ゴーカート場へ遊びに行ってきました。遊園地で乗れるようなゴーカートとは違い、かなり本気のライディングを経験できる場所でした。腕や足が筋肉痛になること間違いなし!体力や運転技術に自身がある人はとっても楽しい!そうでない人には過酷すぎる!超本気のゴーカートを紹介します!


音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

音楽と芸術の都ウィーンでアートに触れる小旅行を満喫!おすすめスポット紹介

冬でも魅力が衰えない美しい古都ウィーンでの、私のショート・トリップの様子をリポートします。芸術に溢れたその街並みはまるで大きな美術館のようで、何度訪れても飽きることのない大好きな都市です。夏のハイシーズンにはない良さが冬のウィーンにはあるので、この時期の旅の目的地としておすすめしたい理由を細かく解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング