インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの首都ジャカルタで定番の観光スポットの中でも特にオススメを紹介!!

インドネシアの観光はバリ島だけではありません。ジャカルタはインドネシアの首都です。インドネシアのガイドブックにはジャカルタの情報は少なめですが、街を見るだけでもイスラム文化を感じられます。仕事で訪れる場合の短い自由時間でも「ここだけは!」押さえてほしい、観光スポットの中からイチオシを紹介します。


インドネシアの首都ジャカルタ。
バリには旅行にいくけど、ジャカルタに観光に来ることはあまりないと思います。
お仕事関係で訪れる人がほとんどではないでしょうか?

首都なので、ある程度は都会ですし、車の渋滞も多い。でも、イスラム教信者が85%以上の国なので、日本や欧米とは少し違うイスラム文化の雰囲気が味わえます。

ガイドブックにのっている観光スポットは少ないですが、その中でも「ここは行ってほしい」定番のスポットがあります。

イスティクラル モスク(masjid istiqlal)

デヴィ夫人の旦那さん、スカルノ初代大統領時代、1978年に完成した東南アジア最大のイスラム教寺院モスクです。

駐車場から入り口まで歩いていると、靴を入れるナイロン袋を売りつけるために,少年やおばさんが寄ってきます。ついつい買ってあげたくなりますが、靴を入れる袋は必要ありませんのでご注意ください。

入り口で靴を脱ぐと、イスラム教信者はこの受付で靴を預けます。外国人はこの右側に専用のカウンターがあり、そこで記帳すれば外国人用の預かり場所で靴を預かってくれます。

女性はノースリーブや短パンなどの露出の多い服装の場合は、靴預かり所のとなりで、頭からかぶる布を貸してもらえます。インドネシア人はおおらかで、異教徒で短パンはいてても、怒ったり入れてくれないということはありませんが、神聖な場所なので、観光客であっても男性も短パンを避けるなど配慮が必要です。

記帳の時に受付してくれたおじさんが、だいたいはガイドとして案内してくれます。
外国人・異教徒は3階から見ます。

柵の向こう側が女性用、手前が男性用のお祈りの場所です。女性の人数が多いときは、この柵を移動させてスペースを調整するそうです。

建物には、スチールの模様のついた枠はありますが、ほぼ窓はありません。
天井や壁などのスチールでできたモチーフに囲まれていますが、このスチールは日本のものだそうです。

正面に書かれたマークは、アッラーとマホメットの名前をあらわしたものです。

外にはタイルで1マスに一人座ってお祈りをする大きな広場があります。最大で30万人入るそうで、イスラム教最大の行事であるラマダンの時にはこの広場がいっぱいになるらしいです。

先日、アラブの王様が来日したときに大変な話題でしたが、ジャカルタのこのモスクに立ち寄った際は階段を昇り降りしなくても良いように、お祈りの場所正面の入り口の裏にエレベーターをつけていいったそうです。

運がよければ、ガイドさんが1階の正面の説法をする人やVIPが入る入り口からカーペットの広間へ入れてくれることもあります。

最後に担当してくれたガイドさんに、チップRp20,000~50,000支払います。このような広場もはだしで歩くので、見学が終わるころには足の裏が真っ黒になります。ウエットティッシュではなく、ぬれたタオルか雑巾を持参するのがお勧めです。

(Masjid Istiqlal マスジット イスティクラル)
 Jl.Taman Wijaya Kusuma
休業なしですが、1日5回のお祈りの時間、特に金曜の12時からのお祈りは大事なので、その間は避けたほうがよいです。

オランダ統治時代の建物が残り、博物館や中華人街などの古い町並みと、有名なカフェなどがぎゅっと詰まった地域です。

ファタヒラ広場を取り囲むように、博物館が3つとカフェがあります。広場でレンタルサイクル30分借りて乗り回せますので、インドネシア人の家族連れなども多いです。

カフェ バタビア(コタ地区)

BATAVIA cafe

1950年に建造されたオランダ統治時代のたてもので、欧米人の観光客がすごく多いですが、パスタからインドネシア料理まで幅広く、味も観光客むけにアレンジされているので食べやすいです。
窓が大きく、広場を見渡せて明るい二階席は人気があり、インドネシア人のグループなどが予約で座っていたりするので、2階が良い人は予約が必要です。1階はクラッシックで涼しいのですがやや暗めです。

このあたりには観光客向けの飲食店やコンビニはないので、お茶するにしてもご飯を食べるにも、ここを選ぶしかないので、いつも混んでいます。

夜もライトアップされ、お酒も飲めるので賑わいますのでここで食べるのもひとつの観光としてお勧めです。

広場の周りを1週Rp100.000~150.000で15分くらいで回ってくれる馬車がたくさん停まっています。ジャカルタは交通事情が悪いのは難点ですが、この馬車にのって、馬の横ギリギリを走るバイクやバス、ガンガン横入りしてくる車などスリルある体験もできます。

短時間で、このあたりを見て回れるのでお勧めです。排気ガスがすごいので、子供連れの方は、鼻と口を覆うハンカチかマスクがあったほうが良いです。

馬車で一周(コタ地区)

渋滞が多く、他の観光地のように効率よく回るというわけにはいかないのがジャカルタですが、短時間の滞在であれば、ガイドブックの中でもこの二つは必ず見てほしい観光スポットです。

この記事のライター

2017年4月よりジャカルタに在住。旅行者と同じように観光スポットめぐりをしてますので、在住者ならではの情報をあわせてお届け

関連するキーワード


インドネシア ジャカルタ

関連する投稿


世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地バリ島で、どのホテルに泊まればいいの?エリア別おすすめ情報

世界一の観光地インドネシアのバリ島。エリアによって雰囲気もアクティビティも金額も違います。何をしたいか?見たいか?によって選ぶエリアを間違えると、行ったり来たりが意外と大変です。リピーターも多いバリ島で、ホテル選びをどこにするか?1回といわず2回、3回泊まるエリアを変えるのも楽しいです。バリ初心者のためのエリア情報です


手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

手作り大好きの人必見!生地屋天国のマーケットで、オリジナルの服を作る

既製品よりもオーダーがなぜか安いジャカルタ。手作り大好きな人も、そうでない人も楽しい生地屋や手作り品のパーツが集まるパサールがあります。生地屋が取り囲むパサールで、好きな生地を買い、イメージを伝えるだけでオリジナルの服が作れます。自分で作る人は、驚くほどの安さで材料が買えますので、テンションあがること間違いなしです。


ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物ではずせないバザーやポップアップショップの魅力って?

ジャカルタの買い物スポットといえば大きなモールになるのですが、家賃が高いゆえに、小さなブランドや若手クリエイターには敷居がたかすぎるので、どこのモールもラインナップが同じだったりします。渋滞も激しいめ、お洒落エリアも路面店を見て回るなんてなかなかできません。バザーや、モールのポップアップショップはかわいいものの宝庫です


インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

インドネシア料理ってどこが違うの?ぜひ食べてもらいたいオススメのインドネシア料理

日本ではレストランではマレーシアやタイ、ベトナムなどの料理と、東南アジア料理とまとめられることが多いインドネシア料理。日本ではあまりなじみがないけど日本人が食べやすい味付けの料理や、辛いだけではない子供にも食べやすい料理、また地方ごとに違う特徴をもつ料理があります。インドネシア料理店でぜひチャレンジしてほしい料理を紹介


どうしてもっとアピールしないの?ジャカルタで一番大きな遊園地近くにある芸術家村

どうしてもっとアピールしないの?ジャカルタで一番大きな遊園地近くにある芸術家村

インドネシアは欧米でも高い評価を受けている、木彫りやバティックなど民芸品の宝庫です。地域や島ごとに特色のある民芸品やアーティストの芸術作品などが集まった大きなパサールがありますが、実はあまり知られていません。ジャカルタの海沿いにある大きな遊園地の敷地内で、観光とお土産物選びにうってつけの芸術家村を紹介したいと思います。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング