スペインで最大のお祭りのあるエル・ロシオ!アンダルシアの小さな村へバスで行く

スペインで最大のお祭りのあるエル・ロシオ!アンダルシアの小さな村へバスで行く

スペイン最大のお祭りロメリア・デ・エル・ロシオが開催されるエル・ロシオはウエルバにある小さな集落です。エル・ロシオはウエルバ県にあり、セビージャからも比較的近い場所です。セビージャに行くついでに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。エル・ロシオとその周辺の観光スポットを紹介します。


スペインで一番盛大なお祭りは?

スペインのお祭りで有名なのは、サン・フェルミンの牛追い祭りやバレンシアのサン・ホセの火祭りなどですが、実際にスペイン人にとって最大のお祭りはこのエル・ロシオで開催されるロメリア・デ・エル・ロシオです。宗教色が強いので、外国人にはあまり有名ではないかもしれませんが、カトリックの国々、例えばアルゼンチンからもわざわざ参加しにくるというくらいカトリック信者にとっては、大切なお祭りです。

エル・ロシオは人口約1,600人の集落で、村(pueblo)よりさらに小さな集合体aldeaにあたります。ところがお祭りの時にはなんと100万人以上の人たちがエル・ロシオに集まってくるのです。すごい数ですよね!? そのほとんどがスペイン人ですから、これは本当に国のお祭りと言えるでしょう。

エル・ロシオにある美しいエルミータ

エル・ロシオにあるエルミータ・デ・エル・ロシオ

エル・ロシオにはエルミータ・デ・エル・ロシオ(Ermita de El Rocio)があります。エルミータというのは一般に町から少し離れたところにある小さい礼拝堂のことです。エルミータは英語で Hermitage、日本語で庵になるのですが、エルミータ・デ・エル・ロシオは大きく、教会とどのようにカテゴリーが違うのか迷ってしまいます。

エルミータ・デ・エル・ロシオの内部

内部もこのように広く、ちょっとした町の教会よりも広いです。

辺鄙なところにあることと外壁が教会よりシンプルだからでしょうか。エルミータの正面には貝殻の形のモチーフが掘られています。ヴィーナスが誕生するあの貝殻です。貝殻は豊穣のシンボルで、もともとエル・ロシオはキリスト教以前にそういう宗教があったのではないかと想像されています。赤ちゃんが欲しい人や結婚したい人が祈りに来ていたのです。

多くの土着宗教がキリスト教と結びついてキリスト教の行事になっています。例えば、クリスマスツリーもその一つです。日が短くなっていく時期に大きな木にたくさんの火を飾り付けて祈った北ヨーロッパの行事がそのままキリスト教の行事のようになっています。

エルミータの前方にある 柵で見つけた恋のおまじない

つまり、ここはパワースポットということもあって、カップルが写真のような恋のおまじないを残して行きます。パリのセーヌ川やロンドンでも最近流行っていますが、南京錠に2人の名前を書いて、鍵を捨てて、2人の永遠の絆を祈るのです。

年に一度、100万人が集まる! その日だけのための宿泊施設も

カディス、バラメーダ・デ・サン・ルーカスのエルマンダの建物。

一年に一度のお祭りのために、各地域にある教会の信者たちのグループ(エルマンダ Hermanndadと呼ばれています。)が、建物を維持し、そこに宿泊します。それぞれの建物にエルマンダの場所が書いているので、建物を見ながら歩いているだけで、スペイン一周した気分になれるかもしれません。

もちろんそれだけでは足りないので、多くのホテルは、共有スペースを解放して定員以外の人も受け付けています。それでも寝るところが不足し、キャンプをしている人もたくさんいます。ドニャーナ国立公園は普段はガイドなしでの立ち入りが禁止ですが、この日だけは、お祭りのために解放しています。

エル・ロシオの地面は柔らかな砂!

エル・ロシオは住んでいる人が少ないせいかどの建物も生活臭が薄く、西部劇の架空の町のようです。

エル・ロシオはどこも地面が砂になっています。それは馬が足を傷めないためなのです。ですからピンヒールで歩くとかなり大変です。歩きやすい靴を履いて、行きましょう。エル・ロシオのお祭りには、近郊から馬や馬車に乗って集まります。この日は前述したように、普段はガイドなしでは立ち入り禁止のドニャーナ国立公園を馬や馬車、あるいは徒歩で通れます。しかし、環境保全のためと、伝統的な理由から、自動車はもちろん、自転車も使えません。

馬のための駐車場、ではなく駐馬場

エル・ロシオのあちらこちらに馬をつなぐためのリングが備えられています。この写真は馬をつなぐ場所ですが、「Reservado Caballos(馬専用)」と注意書きがあります。

エル・ロシオへの行き方

エル・ロシオの町並み

エル・ロシオへはセビージャからバスで行くのが一番確実で楽な方法でしょう。
セビージャのアルマ広場(Plaza de Arma、プラサ・デ・アルマ)にあるバスステーションからダマ(Dama)社のバスに乗ります。約1時間半、5.60ユーロ(2017年8月現在)です。

インターネットで購入する場合、紹介するYouTubeで詳しく説明していますから参考になさってください。もちろん、バスステーションでも簡単に購入できます。

エル・ロシオから行けるオススメの観光地

ドニャーナ国立公園

夏のドニャーナ国立公園です。鹿がたくさんいます。

エル・ロシオから18.5kmのところにドニャーナ国立公園があります。ユネスコの世界自然遺産に登録されている広大で美しい場所です。特に冬は越冬する渡り鳥がたくさん見られます。特に群れをなすフラミンゴは圧巻です。また、スペインオオヤマネコ(lince リンセ)の保護区でもあります。スペインオオヤマネコは現在ではこのドニャーナ国立公園とアンダルシア・ハエン県にあるマヒナ山脈のみに生息している希少動物です。いつでも見られるわけではありませんが、運がいいと見られるかもしれません。

車がなくても、エル・ロシオにガイドツアーのオフィスがありますから、簡単に行けます。所々で止まって、写真の撮影したり、散歩ができ、ガイドがシャッターチャンスを教えてくれます。ベーシックなコースで1人28ユーロです。

Doñana National Park | Guided Tours in Jeep Cars

http://donanareservas.com/en/

Welcome to Doñana Reservas: Guided tours to Doñana. Make your Bookings here ¡More than 125.000 people visit Doñana National Park every year!

ニエブラ、古城のある町を歩く

ニエブラ城からの風景

エル・ロシオから38kmほど離れた場所にあるニエブラ。ニエブラというのは霧という意味ですから、なんともロマンチックな名前の町ですね。人口4000人程度の小さな町ですが、美しい城があり、スペイン情緒たっぷりです。

バスで、エル・ロシオからイノッホス(HINOJOS)に行き、乗り換えでニエブラ(Niebla)へ。エル・ロシオからイノッホスが2ユーロ弱、イノッホスからニエブラが5ユーロ弱です。近いのにちょっと面倒ですが、バスの旅は乗客たちとの交流もあってなかなか楽しいものです。

非現実空間を歩く旅をしよう!

エル・ロシオの町のお祭りのときに行くのもきっと楽しいでしょうが、人口1,600人の小さな集落の日常を感じるのもきっとすてきな思い出になります。アンダルシアはバスが網羅されているので、バスで小さな古い建物のある村々を訪れると、スペインらしい風景に出会えます。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

アンダルシア、北東部のハエン県にある世界遺産の街ウベダに住む陶工ティトさんのお店を紹介します。スペインといえば陶器やタイルが人気ですが、一般にスペインの陶器といって思い描くものより、シックなデザインです。でもこれもスペイン。スペインの国宝級の陶工の作品をじっくり見てくださいね。


【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

スペインを旅行するときは、パラドールもチェックしましょう。パラドールはお城やお屋敷など歴史的建造物を使った国営ホテルです。ウベダにもルネッサンス様式のパラドールがありますから、ぜひのぞいてください。コーヒーを飲むだけでも、思い出になりますよ。


 【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

お正月休みにスペインに滞在するのでしたら、1月6日は外せません。1月5日の夜は街の中がワクワク楽しく盛り上がっています。三賢人のパレードもあり、どこに滞在していても楽しさは変わりません。むしろ小さな村にいる方が楽しいかもしれません。村の人たちに混じって、三賢人がばらまくお菓子を食べてみませんか?


【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

マドリードから1時間半でたどり着く石造りの家々が並ぶ中世の街「メディナセリ」に出かけてみませんか? 白い村とは別の意味で、とてもスペインを感じさせてくれる街です。人口は1000人にも届かない小さな集落ですが、そこにはぎっしりとスペインが詰まっています。


 【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

【スペイン料理】セニョーラスがよく使うスパイス10選をそろえてワンステップ上の料理

スペインで食べたあの味がどうしても出ない! と思ったらやっぱりスパイスに秘密がありました。筆者はアンダルシアで調理師資格をとりましたが、そのとき料理に使うワインとスパイスについてかなり勉強しました。ほんの少しだけスパイスを入れることでお料理の味がプロ並みになります。まず、使い方から説明しますので参考にしてください。


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング