お土産にもおすすめ!タイ全土に展開している大型スーパー「Big C」で購入するべき商品

お土産にもおすすめ!タイ全土に展開している大型スーパー「Big C」で購入するべき商品

タイに来れば、1度は目にするであろう大型スーパービックシー。デパートやショッピングモールに併設されていることも多いです。海外に来たら、大きなスーパーで買い物するのも醍醐味ですよね。品揃えも豊富な広々した店内で、大きなショッピングカートを押しながら心が躍ることでしょう。ここでは、ビックシーでおすすめの商品をご紹介します。


大容量のボディーパウダーがお買い得!

パウダーコーナー

おすすめはコレ!

タイ人は、シャワーの後に顔や体にボディーパウダーを塗って汗止めにします。子どもだけではなく大人まで、とにかくパウダーをよく塗っています。暑いタイでは必需品のようです。赤ちゃんの頃からパウダーを全身に塗ってもらうので、習慣になっている気もします。

ボディーパウダーはたくさんありますが、中でも1番のおすすめは、PRICKLY HEAT (プリックリーヒート)。メンソールが入っているので、サラサラするだけではなく「スーッ」としてとても気持ちいいですよ。あせもなどで皮膚が痒くなりやすい私ですが、コレを使いだしてから快適です。

実はコレ、日本のネットショップなどで10倍以上で転売されたりしているもの。それだけ需要があり支持されているものでもあるということ。タイで買うと、この大容量のボディーパウダーが150円ほどですから、買って帰らないともったいないくらいです。日本でも夏場などに大活躍すること間違いなしでしょう。

炒め物が何でもおいしくなるオイスターソース

炒め物が美味しくなるオイスターソース

野菜からお肉まで、何にでも合うオイスターソース。タイ人におすすめの調味料を聞いても、必ずと言ってよいほど返ってくるのがコレ。日本人好みの味で、手の込んだ中華料理のような味に仕上がりますよ。ただのキャベツ炒めも一段とおいしくなります。タイではナンプラー並みに味付けの際に使いますし、何にでも入れるもの。何でもおいしく仕上がるので、コレを使うだけで料理上手になった気分にもなりますよ。

温めて飲むとさらにおいしい!タイで人気の甘い豆乳

甘い豆乳

日本では女性に人気の豆乳。タイの豆乳は日本のものに比べるとかなり甘めなので、タイでは子どもにも人気があります。普段甘くない豆乳を日本で飲み慣れていた私は、最初は甘すぎて驚いてしまいましたが、なんかクセになり、結局はまってしまっています。この甘さは中毒性があるかもしれません。

おすすめの飲み方はホットにすること。私は小腹が空いた時なんかに飲むようにしています。温めることで甘さが気にならないようになり、おいしいですよ。

タイのポテトチップスといえばLAYS!

タイのポテトチップス

タイでポテトチップスといえばLAYS(レイ)。オリジナルの味をはじめ、様々な種類が販売されています。味付けはどれも濃いめで、濃い味が好きな私にはちょうど良いです。最近では、1つの袋にバーベキュー味とピザ味のような、2種類の味が入ったものも発売されています。コンビニにも種類がたくさん置いてありますから、お気に入りの味を見つけてくださいね。

ココナッツの甘さを活かしたココナッツキャラメル!

ココナッツキャラメル

ココナッツキャラメルと出会ったのは旅行先のお土産屋さんなのですが、ビックシーにも売っていました!ココナッツの風味が強く、ココナッツが好きな人にはもってこいの品です。お土産にも喜ばれることでしょう。

お土産屋さんで購入したココナッツキャラメル

こちらは旅行先のお土産屋さんで購入したココナッツキャラメル。3袋で100バーツ(約300円)でしたので、1袋100円ほどでした。スーパーで購入するよりも安いですね。こちらは作りたてらしく、とっても柔らかくておいしかったです!日本で一時期「生キャラメル」が流行りましたが、そのような食感です。ビックシーのもは硬めのキャラメルでした。

二重に包まれています

中身は、紙と透明フィルムで二重に包まれています。パッケージに書かれている原材料を見ると、フレッシュココナッツクリーム50%、ココナッツシュガー30%、砂糖20%と書かれていました。ココナッツ由来のものが80%も含まれているなんて、お得感もあります。作り方によって柔らかさが大きく異なりますが、味はどれもおいしいので、どこかで見つけた際には是非購入してほしい一品です。

酸味がクセになる!タイの伝統的な発酵ソーセージ「ネーム」

おつまみに最適

生ソーセージとも言われるネームは、食塩、にんにく、唐辛子、などを入れ常温で発酵させたもの。発酵食品なので酸味が強いのが特徴ですが、臭みは気になりません。ぷりぷりした食感も楽しいです。ネームはそのままスライスして食べられます。ビールのお供に最適な一品ですよ。日本にはない風味を楽しんでほしいです。

種類もたくさんあります

緑色が見えているのは唐辛子入りのもの。辛いものがすきな人にはおすすめですが、真ん中に唐辛子が丸々入っていますから、かぶりつく際は気をつけたほうが良いです。私は切ってお皿に並べて食べてます。他のおつまみも合わせてお洒落に盛りつけると気分も上がっておすすめです。

こちらは冷蔵保存するものですが、もともと発酵食品なので、日本に持ち帰るくらいの時間は常温でも問題ないとのこと。

おつまみにピッタリ!子どもから大人まで大人気の乾き物おやつ「タロー」

乾き物のおつまみ

魚のすり身を使った乾き物のおやつで、細長く切ったような形をしています。日本にも似たようなものがありますよね。食感や味も似ていますが、タイでは色んな味が出ていて、容量も多くてお買い得。せっかくなら、ピリ辛味に挑戦してほしいです。コンビニでも小さいサイズが売ってあり、タイでは見つけやすくお買い求めやすい商品でしょう。

日本でもたべたことあるような味

トムヤムクン味のインスタントラーメンがクセになるおいしさ!

カップラーメンコーナー

海外といえば、インスタントラーメンも気になるところ。タイの屋台には、ヤムママー(ラーメンサラダ)など、このインスタントラーメンもを使ったメニューもあるほど馴染み深い食べ物。酸味があってピリッと辛いラーメンはクセになるおいしさ。お土産として買って帰る人も多いです。

トムヤムラーメン

うまみがぎっしり!万能調味料ロッディーポーク

料理の必需品!

味の素が出しているロッディーポーク。スープに炒め物まで、タイ料理に欠かせない調味料のひとつです。豚の香りが濃厚で塩味と甘味があり、味付けに最適なのですね。

フライドポテトの味付けにもおすすめ

何にでも合うロッディーポークですが、特に私のおすすめは、フライドポテトの味付けに使うこと。塩で食べるよりも、うまみが増しておいしいです。

ラベルが付いていない商品は計ってもらおう!

番外編ですが、ビックシーで買い物する際のポイントをご紹介します。フルールや野菜やお肉などは商品ラベルが付いていません。グラムあたりの値段が決まっていますから、適量を袋に入れたら帽子をかぶったスタッフさんに渡します。そうすると計ってくれて値段のついたラベルを貼ってくれますよ。これをしないと、お会計する際に面倒なことになってしまいますから気をつけましょう。

ビックシーのトレードマーク

ビックシーはタイでメジャーなスーパーですから、1度は行ってほしいところです。コンビニと違ってまとめ売りも多いですから、お土産を買い占める際にももってこいですよね。是非、タイの大型スーパービックシーを開拓してみてくださいね。

この記事のライター

タイ在住5年目の専業主婦です。今でも、カルチャーショックに驚く日々。タイのおすすめ情報や、ローカルな部分をお伝えいたします。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

バンコクでAirbnbを利用してみた!Airbnbを利用するときのメリットとデメリット、その理由とは?

気楽に安い値段で宿泊するために、Airbnbを利用するという方法があります。今回実際にタイのバンコクに行った際、Airbnbを使ってみることにしました。The Boonareya Courtというコンドです。実際に利用してみて良かったと思うことや、次回への改善点など、実際に利用した感想をお伝えします。


ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

ドリアン好きにはたまらない!おいしいドリアンを求めて「ドリアン市場」へ行ってみた!

南国に住んでいる醍醐味の1つが、フルーツ天国であることです。タイでは毎年6月頃になると、おいしいドリアンが出てきます。私もタイに来るまでドリアンを食べたことがなかったのですが、タイでおいしいドリアンを食べてからというもの、すっかりドリアンが大好きになりました。最近はドリアン市場に通ってしまうほどハマってしまっています。


タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

タイのコンビニスイーツ!セブンイレブンの新商品「もちシュークリーム」がおすすめ

今話題の「もちシュークリーム」というスイーツをご存知でしょうか?タイ在住の日本人の間で話題になっているスイーツで、タイのセブンイレブンでゲットすることができます。日本人が多く住むエリアのセブンイレブンでは、売り切れが続出しているとか。日本人からも高評価で、コスパもバッチリな「もちシュークリーム」についてご紹介します。


スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

スタイルナンダのオリジナルコスメブランド「3CE」の「ウユクリーム(牛乳クリーム)」をバンコクでゲット!

韓国をはじめ日本でも人気のファッションブランド「STYLENANDA 」をご存知ですか?スタイルナンダはファッションだけでなく、3CEというコスメブランドも展開しており、中でも「ウユクリーム」がヒットしています「STYLENANDA」はバンコクにも出店していて、ウユクリームはバンコクでも手に入れることができちゃいます!


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング