中国の公園でびっくり!「スーパーお爺ちゃん」と「スーパーお婆ちゃん」を探しに行こう

中国の公園でびっくり!「スーパーお爺ちゃん」と「スーパーお婆ちゃん」を探しに行こう

「中国人ってエネルギッシュだな~」と思いませんか?この大陸で生き抜いていくためのたくましさでもありますし、にぎやかなのが好きな国民性もあるでしょう。でも、実は体の鍛え方も全然違っていたんです!ここでは、中国のごく一般的な公園で毎日普通に見られる、びっくりするような光景をご紹介します。さて、筆者が公園で目にしたものとは?


中国の公園は人民の憩いの場所です

中国の公園は、緑がいっぱいで気持ちいい

中国の公園はなかなか過ごしやすいです。特に広州市は大都市ですが、一歩公園内に入ると都会の喧騒を離れ、ゆったりとした気持ちになることができます。公園は、ちょっと一息つくのにもってこいの場所なのですが、実は私が中国の公園に来る目的は他にもあります。それは「スーパーお爺ちゃんお婆ちゃん探し」です。どういうことでしょうか?

中国人、特に広東人は健康志向が強いです。色々な漢方に通じていますし、定期的に運動している人も少なくありません。一般に公園は、人民がスポーツを楽しむのに良い環境が整っています。

ではここで、ごく普通の公園内で日々繰り広げられている驚くべきことの実態、中国のスーパーお爺ちゃんやスーパーお婆ちゃんの存在とその実力を見てみましょう。

公園で日常的になされているスポーツあれこれ

ウォーキング中の初老のご夫婦

公園に来る人々の目的は様々です。子どもや孫と遊びに来る人、学校や会社で疲れ、癒しを求めてやって来る若者や、体を動かしに来るお爺ちゃんお婆ちゃんなどがいます。こちらの写真のように、健康のために夫婦でウォーキングなんて、いいですよね。

日本の公園では若い人はあまり見かけないものの、子どもと年配者が多いという点では同じじゃないかと思われますか?でも、この「体を動かしに来るお爺ちゃんお婆ちゃん」が、日本のお爺ちゃんお婆ちゃんとは全く違うんです。どう違うのでしょうか?

まずは、公園で日常的になされているスポーツをいくつか見てみましょう。

太極拳

中国の公園では、まず間違いなく太極拳をしている人を見かけます。一人でやっている人もいれば、集団の場合もあります。太極拳とは中国伝統の武術の一つで、何となく聞いたことはありますよね。ゆっくりとして伸びやかな動作が特徴となっているので、高齢者の健康法としても人気があるようです。

太極拳用の演舞服を着て、本格的にやっている人もいれば、普段着で体操の延長のような感じでやっている人もいます。結構公園内のあちこちに一人で太極拳をやっている人を見かけるのですが、恥ずかしくはないのでしょうか?

それが、多くの中国人は、ギャラリーがいると俄然やる気を出すようです。ギャラリーが増えればもうやる気満々!超真剣な表情で本気でやってくれますよ。日本人としては、見ているこっちが恥ずかしくなるくらいです(私はもう慣れましたが・・・)。

太極拳だけでなく、他の運動やカラオケなど何でもそうですから、すごくいい性格してますよね!ここに日本の文化との大きな違いを感じます。それで、興味がある人は遠慮なくじっくり見学していきましょうね。

ダンス

アマチュアのダンスグループ

中国の公園では、毎日朝から晩まで踊っている人たちがいます。日中は比較的年齢層高め、夜間は若者や本格的にダンスを習っている人が多いようです。こちらはちょっとアマチュアっぽいグループでしたが、どのグループも大抵大音量のミュージックに合わせて踊っています。

この写真のグループのように、中国の伝統的な曲に合わせて緩やかに踊っている人たちもいれば、インドや中東の異国チックなダンスがあったり、二人ずつペアになって踊るフォークダンスのようなものや、物凄いアップテンポでガンガン踊っている人たちなど、本当に様々です。

女性が多く、話を聞くと、やはり健康のためにやっているという人が多いみたいです。ちゃんとしたトレーナーがついていて、お金を払ってレッスンを受けている人もいれば、その周りで何となく真似をして一緒に踊っている人もいて、なかなか面白いですよ。

ダンスをしている人の中にはもちろん上手い下手がありますが、中国人の良いところは、下手でも構わず一生懸命やるところです。カラオケとかでもそうですね・・・。彼女たちはギャラリーの目も怖くない(むしろ大歓迎)ですし、心身ともに健康的でいいですよね。

スポーツ

中国の伝統スポーツ「ティージェンズ」

こちらのやや年配の女性がしている遊びを見たことがありますか?これは、羽蹴りとかキックシャトルとか呼ばれるもので、中国の伝統的なスポーツの一つです。北京語では踢毽子(ティージェンズ)と言います。

日本でお正月にする羽根つきの羽をもう少し大きくしたようなもので、道具は使わずに、羽をそのまま足で蹴っていきます。大抵は友達同士で輪になって遊ぶもので、私も何度か友達に混ぜてもらってやったことがありますが、全然できませんでした。外国人がみんな下手なのに対して、中国人たちはみんななかなか上手でしたね。きっと子どもの頃からやってきたのでしょう。

サッカーができる人ならいいかもしれませんが、足を使うスポーツに慣れていない人はほとんどできないと思います。結構難しいんですよ。

この女性は一人でやっているので、サッカーで言うところのリフティングでしょうか。複数人でやるよりも難しいですよね?ヘディングのような頭技こそありませんが、足首だけでなく膝も使っていましたし、かなり上手でした。奥が深そうです。

この後、この女性は近くにいる上半身裸のおじさん(見苦しいのですが、広州では珍しくありません)と二人でティージェンズをやり始めて、普通にずっと続いていました。何十回も続けられるレベルです。日本の50~60代位の人で、スポーツ選手でもないのに公園でこんなことしている人ってほとんどいないですよね。こちらでは、本当によく見かける光景なんですよ。

ティージェンズの他に人気なのは、バドミントンです。中国のスポーツと言えば卓球ですが、そういえば中国に来て、今のところ卓球をしている人を見たことはありませんね。街中や公園に卓球台があればみんなするのかもしれません。

公園でバドミントンをしている人々を見ていると、結構なお爺ちゃんお婆ちゃんもバシバシ打っていたりするのでびっくりします。それではここから、本題の中国のスーパーお爺ちゃんとお婆ちゃんたちの実力をご紹介しましょう。

遊具

どの公園にもある一般的な遊具場の光景

中国の公園には、どんなに小さい公園でもまず間違いなくこのような遊具場があります。でも、日本の公園によくあるような子ども用の遊具とはちょっと趣が違うと思いませんか?そうなんです、これらは全て人民の健康のために設計された体のトレーニング用遊具なんです。

腕力を鍛えるものや脚力を強化するもの、体を軟らかくするようなものなど様々あるので、みんな思い思いにトレーニングに励んでいます。でもちょっと待って下さい!この写真の中にも、結構すごいことになっている人、いませんか?

見つけた!スーパーお爺ちゃん1

こちらの60歳前後のお爺ちゃん、すごいと思いませんか?本当は動画で投稿したいくらいブンブンと勢いよく振れているんですよ。先ほどのティージェンズをしていたおじさんのようにこちらも上半身裸で、個人的にはやめてほしいですが(笑)、でもこちらのお爺ちゃんはスリムで筋肉もムキムキですよね。

腕力も脚力もバランス感覚も素晴らしいです。こんな「スーパーお爺ちゃん」、日本ではなかなか見られないと思いませんか?

親子でも楽しめます

こちらは、両足を自由に動かせるタイプの運動遊具で、私でも楽しくできます。高いお金を払ってジムでランニングマシーンで走るより、緑に囲まれた公園でこちらで気楽に体を動かす方がずっと気持ちがいいと思いますよ。写真の親子のように、家族でやっているのを見ると微笑ましいですね。

本気の人もいます

こちらは同じマシーンなのですが、写真右側のおばさん、ものすごい速さで足を動かしていました。先ほどの微笑ましい感じとはうって変わって、スポーツジムを思わせる真剣な動きでしたよ。

腕力を鍛える?

こちらの器具は、どうやって使うのか分からないと思っていたのですが、これが正しい使い方なのでしょうか?いずれにしても、腕を鍛えるためのもののようで、やや年配の女性が一生懸命グルグル回っていました。

綺麗なフォームの男性

こちらは正規の使い方ではないとはいえ、50~60代のおじさん、フォームが美しいですね!

よく見るとすごい!

こちらの足を上げているおじさんですが、これはすごいことなんです。皆さんも是非自分の足がどこまで持ち上がるか試してみて頂きたいのですが、意外に上がらないものですよ。私はこちらの遊具は、上に座る以外何もできませんでした・・・。

奥のスーパーお爺ちゃん2にも注目

こちらの男性は、まさにスポーツマンという感じですね!足高く上がり過ぎです。でももう一つ注目したいのは、その後ろで仰向けになっているお爺ちゃんです。60~70代の方だったら、普通この状態から起き上がれるでしょうか?

見ているとこちらのお爺ちゃん、この状態からでもスッと起き上がって、何度も腹筋運動を繰り返していました。まさにスーパーお爺ちゃんです。

仰天!スーパーお婆ちゃん1

さらに驚いたのは、こちらのお婆ちゃん。まるで合成画像のよう・・・どうしても何かの仕掛けがあるとしか思えません(笑)平気な顔してこんなことをやってのけるなんて、スーパーお婆ちゃんに認定しないわけにはいきませんね!

これが結構きついんです

写真中央のおじさんがトライしているのは、ぶら下がるタイプの遊具です。これは相当な腕力が必要です。全然腕力のない私の場合、5秒もぶら下がっていることはできません。このおじさん、だいぶ長いことこのままでいました。すご過ぎます。

これまた仰天!スーパーお婆ちゃん2

びっくりしているのも束の間、こちらのエレガントなワンピース姿のお婆ちゃんが別の遊具にぶら下がり始めました。写真から分かるでしょうか?かなり大きく前後に揺れているんですよ。お婆ちゃん、素敵なバッグとワンピースで公園にやってきた本来の目的は分かりませんが、ここでつい実力を試したくなってしまったのでしょうか?間違いなくスーパーお婆ちゃんです!

可愛い後ろ姿

こちらのお爺ちゃんは背中が痒いのでしょうか?これはたぶんマッサージ用の遊具ですね。この器具だけだと彼がスーパーお爺ちゃんかどうかは分かりかねますが、後ろ姿が可愛らしいですよね。

お喋りに夢中

こちらのお婆ちゃんたちは、運動していたらつい話し込んでしまったのか、それとももともとお喋りに来たのかは分かりませんが、ずっとこうしていました。周りではすごい技を披露している人が何人もいるのですが、お互いに気にする様子も全くなく、自由です。中国らしいですね。

プール

公園内のプール

大型の公園にはプールが併設されていることもよくあります。こちらは説明書きを見たところ、1回68元(日本円で約1118円*)、1ヵ月券だと月280元(約4605円)、年間会員になると年100元(1645円ほど)となっていました。ちょっと変な金額設定のような気がしますが、年間会員を増やすためのあからさまな作戦なのでしょうか?

衛生的にどうなのかは個人の判断に委ねられていますが、私は行く気にはなれません。もうちょっと高級な屋内プールの方が安全かもしれませんが、年間1600円ほどでしょっちゅう来ていれば、コスパ最高ですし、結構いい運動にはなりそうですね。

まとめ

都会の喧騒へと帰っていく人々

このように中国の公園には、いつ行ってもたくさんのスーパーなお爺ちゃんお婆ちゃんを見つけることができます。もし日本だったら、絶対全員テレビに出れますよね!

彼らは一体いつから体の訓練を始めたのでしょうか?高齢になってからではあんなにパワフル且つしなやかに動けないはずなので、きっと若い頃からの訓練の賜物なのでしょう。運動嫌いな私には耳が痛いですが、是非見習わなければと思いました。

本当は、今回スーパーな年配の方に声をかけてみたかったのですが、広州市の年配者は大抵地元の広東語しか話すことができないので、ためらってしまいました。(もちろん他県から移住して来ている方もいますが。)恐らく、こちらの中国普通話(北京語とほぼ同じ)を彼らは聞き取れても、私が彼らの広東語を聞き取ることができないんですよね。

日本人でもそうかと思いますが、高齢者はカツゼツがあまり良くなかったり訛りが強かったりするので、高齢者との会話は難易度が高めです。今広東語を勉強中なので、以前よりは聞き取れるかと思いますが、もうちょっと上達してからまたチャレンジしてみたいと思います。

中国の公園を散策すると、面白いことがたくさんあります。今回は主に体育界系の記事にまとめましたが、公園では様々な中国文化も楽しむことができるので、また別の機会にご紹介しますね。

*2017年8月のレートによります。

この記事のライター

中国広東省広州市に住む30代主婦です。今の目標は広東語をマスターすること!大好きな広州を、楽しく詳しくレポートしていきます★

関連するキーワード


中国

関連する投稿


暑い夏に最高!中国広州市で日常的に楽しめる美味しいタピオカミルクティーの魅力に迫る

暑い夏に最高!中国広州市で日常的に楽しめる美味しいタピオカミルクティーの魅力に迫る

台湾発祥のタピオカミルクティーは、私の住む中国広東省広州市でも大人気のドリンクです。でも、最近では日本でも飲めますよね?いえいえ、こちらのタピオカミルクティーはその存在感、庶民の生活との密着度が違うんです。今回は、中国広州市生活におけるタピオカミルクティーの魅力や、個人的に超おススメの専門店・チェーン店をご紹介します。


中国を走る配達のバイク!宅配荷物から食事まで何でも運ぶ物流バイクが大活躍

中国を走る配達のバイク!宅配荷物から食事まで何でも運ぶ物流バイクが大活躍

中国を訪れると、道路を走るバイク便の数に驚かれるかもしれません。しかも、普段着のお兄さんがバイクの後ろにこれでもかと荷物を積んで道路を爆走しています。本当にどこの国でも宅配業者の方の仕事は重労働で頭が下がる思いです。それではここ広大な中国で13億人以上の人の流通を支える宅配便システムをのぞいてみましょう!


辛くて熱い「マーラータン」!自分で具材を選んで中国庶民の味を楽しもう!

辛くて熱い「マーラータン」!自分で具材を選んで中国庶民の味を楽しもう!

中国には、数百円で簡単に食べられる外食がありますが、その一つがマーラータン。特にお昼には店内の席が満席になるほどの大人気です。好きな具材を自分で選んで、辛くておいしいスープでいただくマーラータン。身体を温め、汗をかき、野菜をたっぷりいただけるこのファーストフードも中国の元気のもとかもしれませんね。


本当のところ大丈夫?中国を訪問する前に、知っておきたい「油」事情と注意点

本当のところ大丈夫?中国を訪問する前に、知っておきたい「油」事情と注意点

「中国に住んでいます」と言えば、まっさきに心配されるのが食品の安全。私はこちらに住んで6年目となり、毎年日本で検査を受けるようにしていますが、今現在も特に問題はないようです。実のところ食品が「安全」とは言い難い中国で、良い健康状態を保つために気を付けるべきことは何でしょうか?ここでは、特に中国の油事情をご紹介します。


日本のお菓子からオーダー洋服まで!スーパーで市場でお土産を手に入れよう

日本のお菓子からオーダー洋服まで!スーパーで市場でお土産を手に入れよう

パンダ商品か、中国茶がお土産の定番だと思っていましたが、実はここ広大な中国にはもっと安くて魅力的なものが溢れています。それを現地の人のようにスーパーや市場で手に入れるのがおすすめです。そこで安心安全なプチプラお菓子や中国人のパワーの秘密ナッツ類、日本では手の届かない高級品も取り上げますのでぜひ参考にしてください!


最新の投稿


テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

タイでよく見かける小さなお椀に入った食べ物。これはココナッツを使ったおいしいお菓子で、タイ人が大好きなもの。ラーメン屋やタイ料理屋のテーブルの上に置いてあることが多く、屋台で売られていることもあります。ココナッツプリンのようなもので日本人でもおいしくいただける味です。私もだいすきなカノム トゥアイについてご紹介します。


バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコク郊外にある観光地のひとつである「クレット島」。バンコク在住者は訪れたことのある人が多い場所です。どこか懐かしいような雰囲気で、昭和へタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気を楽しめるのも魅力のひとつでしょう。都会の喧騒から離れ、癒されたい人にもおすすめの場所です。「クレット島」について詳しくみていきましょう。


今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

アメリカ・カリフォルニア州のオレンジカウンティにあるハンティントンビーチは有名なサーフタウンです。ここで毎年8月に行われるサーフィンの大会、バンズオープンの決勝戦を見に行ってきました!美しいビーチでトップサーファーが目の前で見れてしまうこの大会!夏に南カリフォルニアに来る人は旅のプランにぜひ入れてもらいたいです。


バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクには、おしゃれなスイーツやエンターテインメント性のあるスイーツなど、様々なアイディアスイーツがありますが、今1番バンコクで流行っていると言っても過言ではないスイーツショップが「After You」と「IceDEA」です。話題性としては今のところ2トップでしょう。それぞれのおすすめメニューなどをご紹介します。


不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

アルプスの大自然が作り出す神秘の光景を楽しむことができる、スイスのブラウ・ゼー。公共交通機関を使ってのアクセスが容易なのも魅力です。スイス観光の拠点となるインターラーケンから一歩足を延ばして、妖精でも出てきそうな独創的な雰囲気を楽しみに出かけてみませんか?この記事では私のブラウ・ゼー初体験を詳しくレポートします!


最近話題のキーワード

トラベルクリップで話題のキーワード


タイ バンコク メキシコ カンクン クレット島 韓国 市場 パタヤ