舞い上がる水しぶきでズブ濡れ!メキシコ・チアパス州のチフロンの滝を見に行こう

舞い上がる水しぶきでズブ濡れ!メキシコ・チアパス州のチフロンの滝を見に行こう

地図でいうとメキシコの一番右下、グアテマラと接しているチアパス州に来たら、ここに行っておかないともったいないと言われる「チフロンの滝」をご紹介します。


チアパス州コミタンから近い「チフロンの滝」

メキシコはチアパス州のコミタン(Comitán de Domínguez)の友達の家に滞在していた時、近くに「チフロンの滝(Cascadas El Chiflón)」というのがあるから見に行こうということになりました。

ちなみにメキシコ政府観光局は「プエブロ・マヒコ(プエブロ=町、マヒコ=魔法の、魅惑的な)」というプログラムを推進していて、観光地としてすでに有名なところ以外の、いわば穴場的な観光地を選出・紹介しています。チアパス州ではチアパ・デ・コルソ、サン・クリストバル・デ・ラス・カサス、パレンケと共に、コミタンも選ばれています。コミタンは街並みのきれいな小さい町で、ちょっと散策するのにはちょうどいいですよ。

友達のフォルクスワーゲンビートル(メキシコでは通称 ボチョ)に乗せてもらってチフロンの滝まで行きました。コミタンからは車で1時間弱。バスで行く場合、コミタンのバス発着所からもコンビ(ハイエースサイズの乗り合いバス)が出ています。ちなみにチアパスの州都トゥストゥラ・グティエレス(Tuxtla Gutiérrez)からや、サン・クリストバル・デ・ラス・カサス(San Cristóbal de Las Casas)からもバスで行けます。

コミタンのバス発着所

チョコレート発祥の地メキシコで飲むカカオドリンク

途中、道の左側にカカオとトウモロコシのドリンク「ポソル・デ・カカオ(Pozol de cacao)」を飲ませてくれる屋台を発見し途中下車。

丸いのは「ヒカラ」という木の実をくりぬいて作った固くて軽い器で、これにポソルを入れてくれる

ちなみにメキシコはチョコレート発祥の地で、チアパス周辺に住んでいたマヤ族はカカオをすり潰して唐辛子などを混ぜて飲んでいたそうです。今もその伝統は受け継がれていて、この辺ではカカオに加えてトウモロコシを茹でてすり潰したものを混ぜたポソル・デ・カカオが伝統の飲み物です。飲んでみると、スムージーのようにちょっとトロみがあって素朴な味。ぜひお試しあれ。

チフロンの滝入り口に到着、散策開始!

約一時間走ってチフロンの滝の入り口に到着。大きな看板に地図が出ています。

川に沿って歩けるハイキングコースのようになっていて、奥にいくつかの滝があります。

早速滝に向かってハイキング開始。川の水の色は、淡い緑色というか乳緑色というか、とにかく不思議な色ですがとてもきれいです。

滝よりもかなり手前側の川は泳げるようになっていて、結構泳いでる人いましたよ。ただ、水はかなり冷たいです。

最初は川に沿って道が続いていますが、次第に川からそれてこんな感じに。けっこう登ったり降りたりします。

しばらく歩くとこんな看板が。

どうやら最初の滝、「カスカダ・ススピロ」に到着したようです。ここまで638 m歩いたよ。最後の滝「ベロ・デ・ノビア」まで行くにはあと640 mだよ、だそうです。ちょうど半分ですね。

最初の滝、「カスカダ・ススピロ」

コースに戻ってもう少し歩くと次の看板が。

二つ目の滝、「カスカダ・デ・アンヘル」

最初の滝と似たような感じの滝でした。

コースに戻って歩き始めると、目指しているチフロン最大の滝、ベロ・デ・ノビアが向こうに見えてきます。

ベロ・デ・ノビアはまだ結構遠いんですね。

ベロ・デ・ノビアの少し手前にはジップラインもありました。

奥に見える着地点まで山の上を滑空。

ベロ・デ・ノビアが近づいてきました。この距離からも落差70 mの迫力が伝わってきます。

滝の近くに展望台が見えます。これからあそこを目指します。

チフロン最大の滝「ベロ・デ・ノビア」で水しぶきを間近で浴びる!

展望台に到着。 滝のすぐ近くで、水しぶきがすごい!メガネの人はすぐにレンズが水滴で見えなくなるし、みんなずぶ濡れでわーわーキャーキャー大喜びです。これがチフロンの滝で一番楽しい所です。カメラが防水ではないので、撮る瞬間だけチャッと出してパッと撮ってまたすぐしまったりしてました。

虹も出てます

ずぶ濡れになった後は、来た道を引き返します。歩いているうちにすぐ乾いてしまいました。

道沿いにあるフゴ・デ・カニャ(サトウキビのジュース)とココス・フレスコス(ココナツのジュース)の売店。

最後に

ターコイズブルーの川と迫力満点の滝、何といっても滝のすぐ近くで舞い上がる水しぶきでびしょ濡れになる楽しさが味わえるのがチフロンの滝の面白いところです。皆さんもチアパスに来たら、ぜひ一度行ってみて下さい!

この記事のライター

メキシコに4年住んだ後、今はグアテマラ在住5年目。隣同士なのにこんなに違うメキシコとグアテマラのいろんな魅力をお伝えしていきます

関連するキーワード


メキシコ

関連する投稿


もうすぐクリスマス!メキシコ家庭のクリスマスの過ごし方がとっても素敵!

もうすぐクリスマス!メキシコ家庭のクリスマスの過ごし方がとっても素敵!

気が付けばもう12月!日本では師走の忙しさでクリスマスもお仕事、という方も多いことと思います。国民のほとんどがカトリック教徒のメキシコでは、クリスマスはとても大切。クリスマス期間はとても長く、3週間ほどお祝いモード。メキシコファミリーがどのようにクリスマスをお祝いするのか、昨年の写真とともに紹介いたします!


ロマンティックな夜の気球とコンサート!バルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

ロマンティックな夜の気球とコンサート!バルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

早朝に空へ上がる200機の気球は清々しく感動そのもの。晴れた日の青空とカラフルな気球はイメージ出来るかと思います。ではみなさん、夜はいかがでしょうか?夜の気球は朝と違い、ロマンティックな雰囲気に!迫力はそのままに飽きることなく楽しめます。前回のバルーンフェスティバル朝編に続き、今回は夜の様子をご紹介いたします!


早起きしてでも見たい!年に一度のバルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

早起きしてでも見たい!年に一度のバルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

みなさんは気球を間近で見たことはありますか?私が住んでいるメキシコのレオン市では毎年バルーンフェスティバルが開催されます。気球が朝日とともに上がっていく様子は感動そのもの!その数、なんと200機!早起きして行かなければなりませんが、その価値あり。遠くからでも良し、近くからでも良し、その綺麗な朝の様子をご紹介いたします!


ハロウィンよりも大切なメキシコ祝祭「死者の日」 祭壇づくりに挑戦しました!

ハロウィンよりも大切なメキシコ祝祭「死者の日」 祭壇づくりに挑戦しました!

「死者の日」をご存知でしょうか。11月1日に行われるメキシコで有名な祝祭です。ハロウィンの翌日なので混同しがちですが、実はとっても伝統的なお祝いなのです。カラフルに色付けされたガイコツは、祭壇に飾るこの日に欠かせないもの。10月中旬からメキシコ中で祭壇やデコレーションが見られます。その祭壇についてご紹介します!


【メキシコお土産】可愛いファッションアイテムで、自分もメキシコも幸せに!

【メキシコお土産】可愛いファッションアイテムで、自分もメキシコも幸せに!

メキシコはイメージ通り、とってもカラフル。天気に恵まれた真っ青な空、ビビッドな建物たち。そして訪れる観光地では、色とりどりの可愛いお土産が沢山あり、思わずあれもこれもと買いたくなるほど! 家族や友人へはもちろん、自分へのお土産も忘れずに。今回は実際に私がメキシコで購入し愛用しているファッションアイテムを紹介します!


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング