舞い上がる水しぶきでズブ濡れ!メキシコ・チアパス州のチフロンの滝を見に行こう

舞い上がる水しぶきでズブ濡れ!メキシコ・チアパス州のチフロンの滝を見に行こう

地図でいうとメキシコの一番右下、グアテマラと接しているチアパス州に来たら、ここに行っておかないともったいないと言われる「チフロンの滝」をご紹介します。


チアパス州コミタンから近い「チフロンの滝」

メキシコはチアパス州のコミタン(Comitán de Domínguez)の友達の家に滞在していた時、近くに「チフロンの滝(Cascadas El Chiflón)」というのがあるから見に行こうということになりました。

ちなみにメキシコ政府観光局は「プエブロ・マヒコ(プエブロ=町、マヒコ=魔法の、魅惑的な)」というプログラムを推進していて、観光地としてすでに有名なところ以外の、いわば穴場的な観光地を選出・紹介しています。チアパス州ではチアパ・デ・コルソ、サン・クリストバル・デ・ラス・カサス、パレンケと共に、コミタンも選ばれています。コミタンは街並みのきれいな小さい町で、ちょっと散策するのにはちょうどいいですよ。

友達のフォルクスワーゲンビートル(メキシコでは通称 ボチョ)に乗せてもらってチフロンの滝まで行きました。コミタンからは車で1時間弱。バスで行く場合、コミタンのバス発着所からもコンビ(ハイエースサイズの乗り合いバス)が出ています。ちなみにチアパスの州都トゥストゥラ・グティエレス(Tuxtla Gutiérrez)からや、サン・クリストバル・デ・ラス・カサス(San Cristóbal de Las Casas)からもバスで行けます。

コミタンのバス発着所

チョコレート発祥の地メキシコで飲むカカオドリンク

途中、道の左側にカカオとトウモロコシのドリンク「ポソル・デ・カカオ(Pozol de cacao)」を飲ませてくれる屋台を発見し途中下車。

丸いのは「ヒカラ」という木の実をくりぬいて作った固くて軽い器で、これにポソルを入れてくれる

ちなみにメキシコはチョコレート発祥の地で、チアパス周辺に住んでいたマヤ族はカカオをすり潰して唐辛子などを混ぜて飲んでいたそうです。今もその伝統は受け継がれていて、この辺ではカカオに加えてトウモロコシを茹でてすり潰したものを混ぜたポソル・デ・カカオが伝統の飲み物です。飲んでみると、スムージーのようにちょっとトロみがあって素朴な味。ぜひお試しあれ。

チフロンの滝入り口に到着、散策開始!

約一時間走ってチフロンの滝の入り口に到着。大きな看板に地図が出ています。

川に沿って歩けるハイキングコースのようになっていて、奥にいくつかの滝があります。

早速滝に向かってハイキング開始。川の水の色は、淡い緑色というか乳緑色というか、とにかく不思議な色ですがとてもきれいです。

滝よりもかなり手前側の川は泳げるようになっていて、結構泳いでる人いましたよ。ただ、水はかなり冷たいです。

最初は川に沿って道が続いていますが、次第に川からそれてこんな感じに。けっこう登ったり降りたりします。

しばらく歩くとこんな看板が。

どうやら最初の滝、「カスカダ・ススピロ」に到着したようです。ここまで638 m歩いたよ。最後の滝「ベロ・デ・ノビア」まで行くにはあと640 mだよ、だそうです。ちょうど半分ですね。

最初の滝、「カスカダ・ススピロ」

コースに戻ってもう少し歩くと次の看板が。

二つ目の滝、「カスカダ・デ・アンヘル」

最初の滝と似たような感じの滝でした。

コースに戻って歩き始めると、目指しているチフロン最大の滝、ベロ・デ・ノビアが向こうに見えてきます。

ベロ・デ・ノビアはまだ結構遠いんですね。

ベロ・デ・ノビアの少し手前にはジップラインもありました。

奥に見える着地点まで山の上を滑空。

ベロ・デ・ノビアが近づいてきました。この距離からも落差70 mの迫力が伝わってきます。

滝の近くに展望台が見えます。これからあそこを目指します。

チフロン最大の滝「ベロ・デ・ノビア」で水しぶきを間近で浴びる!

展望台に到着。 滝のすぐ近くで、水しぶきがすごい!メガネの人はすぐにレンズが水滴で見えなくなるし、みんなずぶ濡れでわーわーキャーキャー大喜びです。これがチフロンの滝で一番楽しい所です。カメラが防水ではないので、撮る瞬間だけチャッと出してパッと撮ってまたすぐしまったりしてました。

虹も出てます

ずぶ濡れになった後は、来た道を引き返します。歩いているうちにすぐ乾いてしまいました。

道沿いにあるフゴ・デ・カニャ(サトウキビのジュース)とココス・フレスコス(ココナツのジュース)の売店。

最後に

ターコイズブルーの川と迫力満点の滝、何といっても滝のすぐ近くで舞い上がる水しぶきでびしょ濡れになる楽しさが味わえるのがチフロンの滝の面白いところです。皆さんもチアパスに来たら、ぜひ一度行ってみて下さい!

この記事のライター

メキシコに4年住んだ後、今はグアテマラ在住5年目。隣同士なのにこんなに違うメキシコとグアテマラのいろんな魅力をお伝えしていきます

関連するキーワード


メキシコ

関連する投稿


【メキシコお土産】可愛いファッションアイテムで、自分もメキシコも幸せに!

【メキシコお土産】可愛いファッションアイテムで、自分もメキシコも幸せに!

メキシコはイメージ通り、とってもカラフル。天気に恵まれた真っ青な空、ビビッドな建物たち。そして訪れる観光地では、色とりどりの可愛いお土産が沢山あり、思わずあれもこれもと買いたくなるほど! 家族や友人へはもちろん、自分へのお土産も忘れずに。今回は実際に私がメキシコで購入し愛用しているファッションアイテムを紹介します!


メキシコ人が教える【使えるスペイン語】市バスにチャレンジしてみよう!編

メキシコ人が教える【使えるスペイン語】市バスにチャレンジしてみよう!編

「使えるスペイン語」2回目となる今回は、市バス利用で役立つスペイン語をお届けします!メキシコの言語はスペイン語です。英語はローカルな場所ではほぼ通じません。「バスってなんだか怖い。」そんな不安を少しでも和らげるべく、毎週利用している私が実際に撮った写真とともに初心者でも簡単に使えるスペイン語を紹介します。


メキシコカリブ海リゾート"カンクン"周辺の面白い観光スポット!「シカレ海洋公園」

メキシコカリブ海リゾート"カンクン"周辺の面白い観光スポット!「シカレ海洋公園」

メキシコで有名なリゾートといえばカリブ海沿岸の観光都市カンクン。そしてカンクンから南の方面には、さらに面白いスポットが沢山あります。今回紹介するのは、ビーチだけでなくアクティビティで楽しみたい方にピッタリなシカレ海洋公園。実際行ってみたらその広さにびっくり!カンクンとはまた違った面白さと癒しがありました!


メキシコのカリブ海リゾート「カンクン」へ行ったら夢のような時間が過ごせた!

メキシコのカリブ海リゾート「カンクン」へ行ったら夢のような時間が過ごせた!

一面に広がる青い海、青い空!綺麗で大きなホテル、そして美味しいシーフード!何もかもが眩しいリゾート、それが「カンクン」。メキシコで超有名な観光地です。私はハネムーンで訪れましたが、新婚以上にスイートで夢のような世界がそこにはありました!大好きな場所を皆さんにおすすめしたい、海で楽しみたいならぜひカンクンへ!


観光客ゼロ!メキシコのローカル市場に行って現地の日常生活にふれてみよう

観光客ゼロ!メキシコのローカル市場に行って現地の日常生活にふれてみよう

世界各国に市場があり、現地の生活をうかがい知ることができます。訪れてみるとガイドブックには載っていない魅力があり、さらにその国を好きになったという旅行者も多いのではないのでしょうか。ここメキシコにも、観光だけでは知り得ない文化や人間味に溢れた市場が沢山あります。今回は観光客ゼロの地元密着な市場を紹介いたします。


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング