観光客ゼロ!メキシコのローカル市場に行って現地の日常生活にふれてみよう

観光客ゼロ!メキシコのローカル市場に行って現地の日常生活にふれてみよう

世界各国に市場があり、現地の生活をうかがい知ることができます。訪れてみるとガイドブックには載っていない魅力があり、さらにその国を好きになったという旅行者も多いのではないのでしょうか。ここメキシコにも、観光だけでは知り得ない文化や人間味に溢れた市場が沢山あります。今回は観光客ゼロの地元密着な市場を紹介いたします。


観光地にある市場と何がちがう?

メキシコには、メキシコシティ中心部にあるシウダデラ市場(Mercado de la ciudadela)や、前回紹介したグアナファトにあるイダルゴ市場(Mercado Hidalgo)など、大きな市場があり観光客を魅了しています。

駅舎を改装したイダルゴ市場

今回紹介したいのは、地元民の生活に欠かせない市場です。何が違うのかというと、まず場所です。

車中から撮影。左右の小道にお店が並んでいます

メインの大通りから外れ、奥に入ると空気は一変、観光感など全くありません。大通りから遠ざかるにつれ、人々はさらにのんびりな様子。そして道は砂利の荒道に、野良犬は増え、雑多な雰囲気が漂ってきます。ここにお店が並び活気づいているのです。

この写真はまだ綺麗な方ですが、どうしてですかね…電線の靴。(これには様々な説があるそうです。今度地元の人に聞いてみたいと思います!)

奥に入りすぎると、少し怖い雰囲気を肌で感じます。メキシコの陽気な雰囲気で優しい人が多い反面、犯罪が多いのも事実です。地元の雰囲気を楽しみつつ特に盗難には気をつけなければなりません。

私が住んでいるレオン(Leon)市内のローカル市場

規模も観光地の市場と違います。大きな広場に店を出すのではなく、道にぎっしりとお店が並び、狭く長く続いています。道によって雰囲気や売り物が違うのも面白いです。

別の道の入り口付近。ここは日用品が並び混雑していました

市場の名前もあるのか無いのか…地元密着ですので日本人どころか観光客がいません。アジア顔の私が行けば目立つ目立つ。写真を撮れば「なぜこんな普通の場所で撮るのか」と不思議そうに見つめられましたし笑われたりもしました。しかし目が合えば笑顔を見せてくれるのがメキシコの良いところです。

お店のつくりはとっても簡易的

市場の天井はすべてビニールで覆われ、木の棒で支えているだけです。突然の暴風雨もメキシコではめずらしくないので大変です。でも吹き飛ばされないのが不思議、みなさん設置は手馴れているのでしょうね。

商品を並べる台は折り畳み式の台もありますが、段ボールやプラスチックコンテナを積み、布をかぶせただけのものも多いです。

市場に行ったらフルーツを買ってみよう

メテペック(Metepec)市内のローカル市場

市場ではフルーツを買うのがおすすめです。
スーパーマーケットで売っている食材の方が見た目はキレイですが、市場で買う方がはるかに安いです。そして日本では見たことのない種類も並んでいるのでメキシコの食文化を知ることができます。

何を買おうか選んでいると、試食がどんどん出てきます。マンゴー、スイカ、オレンジなど、お店の人が目の前で切って渡してくれるのです。頼んでもないのにメロンまで!気前の良さったらないです。食べなきゃ損!

市場で食べきれなかった試食は持ち帰ります。試食の域を超えていますね。

市場は美味しいものであふれている

床に置かれた野菜たちもなんだか生き生きして見えます!

ローカル市場では観光地にあるようなお土産品は少ないですが、衣類や日用品は豊富に並び、メキシコで欠かせないチーズやチリの量り売りもあり、生活に必要なものがここでは買えます。

肉類も売っていますが、保冷されているわけではなく、台に並べられているだけです。衛生的に買わない方がよいでしょう。

またタコス屋さんも並び、食事が出来るのも楽しみの一つです。

ロングサイズのケサディーヤ(トルティーヤにチーズと具材を挟んだもの)がここでは人気でした。私はポテト入りがお気に入りです。

私が市場で買えて嬉しかったものがハチミツです。小さな台車で歩きながら売られていました。黄色いフタの瓶に入れてもらいます。甘くて美味しいです。新鮮なハチミツがなんと120円!良い買い物しました。

まとめ

ローカル市場では生活に密着したものにあふれていますので、メキシコをより深く理解することができます。午後には終わる市場もありますし、また、犯罪の危険性から、訪れるなら午前中~昼頃が良いと思います。観光地は違う雰囲気とパワーで元気が出ますよ!

この記事のライター

Hola!ご覧になってくださりありがとうございます。国際結婚メキシコ在住です。異文化に涙、でも面白いメヒコ。魅力をお届けします!

関連するキーワード


メキシコ

関連する投稿


メキシコ人に教えてもらった【使えるスペイン語】メルカドで買い物しよう!編

メキシコ人に教えてもらった【使えるスペイン語】メルカドで買い物しよう!編

大手スーパーでの買い物は快適で安心して行くことができますが、ローカルなメルカド(市場)もおすすめです。週末は多くのメキシコ人であふれ、活気に満ちています。ローカルな場所では英語がほぼ通じないのが日本人にとってはツライところ。そこで、今回はメキシコ人の夫から教わったメルカドで使える簡単で便利なスペイン語を紹介いたします!


期間限定!年に一度の大祭り!メキシコ「フェリア デ レオン」に行ってみた

期間限定!年に一度の大祭り!メキシコ「フェリア デ レオン」に行ってみた

メキシコ・レオン市では毎年、1カ月間限定で大祭りが開催されます。規模が大きく、見た目は遊園地!屋台はもちろんのこと、アトラクションあり、ゲームセンターあり、レストランあり、内容は盛り沢山です。それなのに、入場料はとっても安く入りやすい。期間中何度でも行きたくなるのがこの祭りの素敵なところ。今年の様子を紹介します!


メキシコの伝統パン「ロスカ・デ・レジェス」!クリスマス期間の終わりはこれ!

メキシコの伝統パン「ロスカ・デ・レジェス」!クリスマス期間の終わりはこれ!

クリスマス・お正月が終われば、日本ではすっか日常に戻りますが、カトリック教徒が多いメキシコではクリスマス期間が長く、1月まで続きます!そのクリスマス期間の終わりが「三賢者の日」。Rosca de Reyes (ロスカ・デ・レジェス) というリング型のパンを食べます。そのロスカ・デ・レジェスが面白いのでご紹介します!


もうすぐクリスマス!メキシコ家庭のクリスマスの過ごし方がとっても素敵!

もうすぐクリスマス!メキシコ家庭のクリスマスの過ごし方がとっても素敵!

気が付けばもう12月!日本では師走の忙しさでクリスマスもお仕事、という方も多いことと思います。国民のほとんどがカトリック教徒のメキシコでは、クリスマスはとても大切。クリスマス期間はとても長く、3週間ほどお祝いモード。メキシコファミリーがどのようにクリスマスをお祝いするのか、昨年の写真とともに紹介いたします!


ロマンティックな夜の気球とコンサート!バルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

ロマンティックな夜の気球とコンサート!バルーンフェスティバルinメキシコ・レオン

早朝に空へ上がる200機の気球は清々しく感動そのもの。晴れた日の青空とカラフルな気球はイメージ出来るかと思います。ではみなさん、夜はいかがでしょうか?夜の気球は朝と違い、ロマンティックな雰囲気に!迫力はそのままに飽きることなく楽しめます。前回のバルーンフェスティバル朝編に続き、今回は夜の様子をご紹介いたします!


最新の投稿


1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

1週間のバンコク滞在でSIMは必要?バンコクで実際にSIMカード買うならどれがいい?

タイバンコクに滞在の際、SIMカードを購入することにしました。使用していないSIMフリーの携帯を持ち込み、それにSIMカードを入れて使用しました。私たちが選んだSIMカードは、AISという会社のものでした。この会社を選んだわけや、空港でのSIMカード購入までの流れ、実際に使用した感想などをお伝えします


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

【スペインの城シリーズ】アルカラ・ラ・レアルの城は街を丸ごと飲み込んでる!フォルタレッサ・デ・ラ・モタ

スペインの城シリーズ、第7回は、アンダルシア東北部にあるハエン県アルカラ・ラ・レアルにあるお城です。お城には、城下町を含めて残っていて、今発掘中という考古学ファンにはものすごく楽しめるお城だと思います。観光地として有名ではないのに、外国人観光客がたくさん来ていました。結構、穴場のおすすめ観光地です。


【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

【ベトナムホーチミン】ビール一缶50円!!現地のスーパーで何が買えるのか紹介します!

ベトナムのホーチミンにCoopMartというスーパーマーケットがあります。もちろん日系スーパー(日本食材が豊富にそろうスーパー)もありますが、せっかくベトナムにいるなら、現地のローカルスーパーに行ってみませんか?現地の人たちもたくさんくるスーパーで、何が買えるのか、売っているのか、大体の物価を紹介します!


日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

日本人も大好きなBBQ!南米ボリビアではシュラスコと名を変えて楽しまれています!

休日になると日本人も大好きなBBQ!バーベキューは大切な行事なのではないでしょうか?それは地球の裏側のボリビアでも同じです。特に南米ではシュラスコと名を変えて楽しまれています。そんな南米の特にボリビアのバーベキュー事情ですが、日本のBBQと違って豪快でダイナミックです。現地の牛肉事情とあわせてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング