フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

大陸に住んでいると国境というものがあります。国境を超えただけで言葉が変わり、習慣も食べ物も変わってしまいます。人間が決めたただの「線」なのに、全く別の世界に入り込んでしまいます。国境を歩いて通ってみましょう。スペインからフランスへ入って行くと何がどう変わるのか体験してみましょう。


国境を超えてフランスに行く!

国境の道しるべ(フランス側)

「国境」という言葉になんとなくロマンを感じませんか?小学生くらいの時に少女漫画で、第一次世界大戦や第二次世界大戦を扱ったもので、国境を超えると幸せになるなんて言いながら家族で逃げたり、恋人同士で逃げたりというのを読んでいました。胸が締め付けるくらいロマンチックな匂いがする「国境」という言葉。

「国境の南」とナッキン・コールが歌うとき、それはアメリカ合衆国の南、メキシコです。足を使って歩いて超えるだけで言葉が変わり、文化が変わります。しかし、そこを超えるには関税を通る必要があります。パスポートも必要です。ところがフランスとスペインの国境には何もなく、ごく普通に超えることができます。まるで東京から埼玉に行くように。

海は共通ですよね。アンダイエの海。対岸はスペイン。

それでもそこには言葉の違いがあり、文化の違いがあります。それが「国境体験」の面白いところです。日本に住んでいると、日本民族とか日本国家とか日本人という時、それはこの島の内部、犯しがたい、誰もが知っている日本という国の中の民族であり、国家であり、文化です。固定した民俗という意識をヨーロッパで国境を超えることによって、少しだけ壊してみませんか?

国境を超えるのなんて実は簡単なことです。

バスク地方〜バスク人の広がる地域

バスク地方と呼ばれる地域。ただし、バスクによる記述。南のナバラは国家として独立していた時期があるのでナバラはナバラであるという人もいます。

スペイン北東部はバスク地方と呼ばれ、バスク民族の文化が広がっています。バスク語が使われていますが、古くあるバスク語はそれぞれの地域は山で囲まれているために、方言色が濃く、同じバスク語でもお互いの意思疎通がかなり難しいために、近年、人工的に共通語のバスク語を作りました。Euskera(エウスケラ)と呼ばれる言語です。

バスク語は文法的に日本語に似ていると言われています。そのせいか、日本に来ていた宣教師はバスク出身者が多いそうです。彼らは日本語をちゃんと話せるようになって来日していました。実際、現在東京に住んでいるバスク出身の知人は日本語をまるでそこいらのおっさんのように話しています。

そしてバスク地方はフランスにもまたがり、フランスバスク地方を形成しています。そして国は違っても、同じ「バスク民族」としてシンパシーを感じながら存在しています。スペインの4地域とフランスの3地域を合わせて「サスピアク・バット」(7つは1つ)というスローガンによって、バスク統一運動をバスクナショナリストの団体が進めています。

スペイン側の国境の街:イルン

イルンは国境にあるためにフランスからの買い物客でにぎわい、商業都市として発達しています。スペインの方がなんといっても物価が低いので、お隣のアンダイエからだけではなく、フランスバスク全域から買い物に来ています。

下着を売るお店もお祭りのポイントカラー赤で鮮やかに!

ちょうど滞在した6月末はイルンのお祭りの時期。ショーウィンドウもそのお祭りの衣装をシミュレーションした飾り付けになっていました。お祭りはサン・マルティアル(San Marcial)の宗教的なお祭りを基礎にしていますが、イルンの場合は1522年にフランスとドイツが侵入して来たときに、争って打ち負かしたことを記念したお祭りになっています。その時の兵隊のユニフォームはある赤いベレー帽とベルトが特徴です。市民が誇りにしている、そして誇りを子どもたちに伝えるお祭りです。

フランス側の国境の街:アンダイエ

アンダイエの浜辺。海水浴の時期です。

フランス語Hendaye, スペイン語Hendaya、バスク語Hendaia。
イルンからフランスのアンダイエに入った途端に、車がプジョーとルノーだけになります。考えてみれば、日本にいれば国産車である日産やトヨタなどが目につくわけですが、スペインにいるとスペインには国産車というのがないので、やたら目につくのはアウディーとメルセデスです。タクシーやトラックはほぼ全部メルセデスを使っています。そのため、フランスに入った途端、プジョーとルオーだけになるのがかなり新鮮に感じました。

アンダイエは静寂に満ちていた。

アンダイエは住宅地で、一戸建ての家が続いています。お店もあまりなく、小作りのホテルがちらほらある程度。静かな夏の別荘地として使っている人も多いようです。夏ですから、海水浴の人たちで賑わっています。小太りの中年のご夫婦が日光浴をしていました。お腹が少々出た旦那様が奥様にささやくように歌い始めます。当たり前なのかもしれませんが、それはシャンソン!ちょっと古いですが、イブ・モンタンのように歌っていてどぎまぎしました。ここはフランスなんだな!と。

海水浴はカップルが多い。

そして、スペイン人の少年少女のグループもあちらこちらに。自転車に乗って海水浴に来ている人たちもいました。言葉が全く違っていても、国が違うのだから当たり前だという意識が小さい時から備わっているのでしょう。

国境で記念撮影しよう!

スペインとフランスの両国の上に立つ!

フランス側からスペインに行こうとすれば、フランス語、反対にスペインからフランスに入国しようとすればスペイン語の表示を見つけられます。そこで国境をまたごして記念撮影しましょう。2つの国をまたにかけて、なんて自慢できる1枚になるかもしれません。


イルンまでの行き方

列車でマドリード・チャマルティン駅からイルンへは乗り換えなしで行けます。
約6時間のタイプと約8時間のタイプ。
夜10時に乗って朝6時くらいにつく列車がありますから、これだと時間を有意義に使えます。ついでにサン・セバスチャンなども観光してはいかがでしょうか。

ホテルは静かに過ごしたいなら、アンダイエはオススメの素敵な街ですが、イルンの2倍以上のお値段になります。

バスク地方の旅!国境を超えて歩き回ろう

イルン:お祭りの行進

旅の楽しさは歩き回ること。歩き回って歩きすぎても、ヨーロッパの中は国境なんて関係なくどこまでも行けるのが素敵ですね。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

【スペインの音楽】vsメキシコの音楽! 愛を語るセレナーデはどちらがアモロッソ?

スペインのポピュラーミュージックの元祖ツナの音楽。スペイン国内だけではなく、ヨーロッパ各地で意外と人気のある伝統的な音楽です。スペイン旅行の際、もしかしたら偶然聞く機会に巡り会えるかもしれません。秋から春にかけて、あちらこちらで無料コンサートをしている、スペインの心の源のような音楽です。マリアッチの元祖でもあります。


スペイン観光の穴場!ムルシア、カルブランケの海で自然と最高のスペイン料理を味わおう!

スペイン観光の穴場!ムルシア、カルブランケの海で自然と最高のスペイン料理を味わおう!

ムルシアってどこ?と思う人も多い、あまり知られていないスペインの穴場観光スポット。美しい海とおいしいものがいっぱいのムルシア、カルブランケを紹介します。 地中海最後のバージンスポットとも言われるムルシアのカルブランケで、大自然を体験する旅をしませんか?


フランス人に愛されるアルメリアの小さな街ロダルキラル! 大人気の街になる予感

フランス人に愛されるアルメリアの小さな街ロダルキラル! 大人気の街になる予感

アルメリアのロダキラルは特別に何かがあるというところではありませんが、アーティストもたくさん集まる生き生きした街です。かつてモハカがただの綺麗な街だったとき、ヒッピーたちに愛されて、今では大観光地になっています。次は多分ここ! 大観光地になる前に訪れてみませんか?


【スペイン】幸せ気分にひたりたかったらサン・セバスティアンにいらっしゃい!

【スペイン】幸せ気分にひたりたかったらサン・セバスティアンにいらっしゃい!

サン・セバスティアンはビスケー湾に面した街で、「ビスケー湾の真珠」と呼ばれる美しい街です。サン・セバスティアンは、観光地を巡る観光客ではなく、滞在型の人が多いので、町全体の空気がリラックスして、幸せな気持ちになります。サン・セバスティアンのミラマール宮廷など穴場観光スポットを紹介します。


【マドリード観光】アトーチャ駅の周りで穴場スポット! 空いた時間でスペインの思い出づくり

【マドリード観光】アトーチャ駅の周りで穴場スポット! 空いた時間でスペインの思い出づくり

列車を利用して旅行する場合、バラハス空港で降りたら、チャマルティン駅かアトーチャ駅を利用することになりますね。アトーチャ駅の周りで列車を待つ間に行ける、お金をかけずに楽しめる方法を紹介します。穴場スポットもありますから参考にしてください。


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング