フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

フランスとスペインの国境の街アンダイエとイルン!歩いて国をこえてみようよ♪新しい自分に出会えるかも

大陸に住んでいると国境というものがあります。国境を超えただけで言葉が変わり、習慣も食べ物も変わってしまいます。人間が決めたただの「線」なのに、全く別の世界に入り込んでしまいます。国境を歩いて通ってみましょう。スペインからフランスへ入って行くと何がどう変わるのか体験してみましょう。


国境を超えてフランスに行く!

国境の道しるべ(フランス側)

「国境」という言葉になんとなくロマンを感じませんか?小学生くらいの時に少女漫画で、第一次世界大戦や第二次世界大戦を扱ったもので、国境を超えると幸せになるなんて言いながら家族で逃げたり、恋人同士で逃げたりというのを読んでいました。胸が締め付けるくらいロマンチックな匂いがする「国境」という言葉。

「国境の南」とナッキン・コールが歌うとき、それはアメリカ合衆国の南、メキシコです。足を使って歩いて超えるだけで言葉が変わり、文化が変わります。しかし、そこを超えるには関税を通る必要があります。パスポートも必要です。ところがフランスとスペインの国境には何もなく、ごく普通に超えることができます。まるで東京から埼玉に行くように。

海は共通ですよね。アンダイエの海。対岸はスペイン。

それでもそこには言葉の違いがあり、文化の違いがあります。それが「国境体験」の面白いところです。日本に住んでいると、日本民族とか日本国家とか日本人という時、それはこの島の内部、犯しがたい、誰もが知っている日本という国の中の民族であり、国家であり、文化です。固定した民俗という意識をヨーロッパで国境を超えることによって、少しだけ壊してみませんか?

国境を超えるのなんて実は簡単なことです。

バスク地方〜バスク人の広がる地域

バスク地方と呼ばれる地域。ただし、バスクによる記述。南のナバラは国家として独立していた時期があるのでナバラはナバラであるという人もいます。

スペイン北東部はバスク地方と呼ばれ、バスク民族の文化が広がっています。バスク語が使われていますが、古くあるバスク語はそれぞれの地域は山で囲まれているために、方言色が濃く、同じバスク語でもお互いの意思疎通がかなり難しいために、近年、人工的に共通語のバスク語を作りました。Euskera(エウスケラ)と呼ばれる言語です。

バスク語は文法的に日本語に似ていると言われています。そのせいか、日本に来ていた宣教師はバスク出身者が多いそうです。彼らは日本語をちゃんと話せるようになって来日していました。実際、現在東京に住んでいるバスク出身の知人は日本語をまるでそこいらのおっさんのように話しています。

そしてバスク地方はフランスにもまたがり、フランスバスク地方を形成しています。そして国は違っても、同じ「バスク民族」としてシンパシーを感じながら存在しています。スペインの4地域とフランスの3地域を合わせて「サスピアク・バット」(7つは1つ)というスローガンによって、バスク統一運動をバスクナショナリストの団体が進めています。

スペイン側の国境の街:イルン

イルンは国境にあるためにフランスからの買い物客でにぎわい、商業都市として発達しています。スペインの方がなんといっても物価が低いので、お隣のアンダイエからだけではなく、フランスバスク全域から買い物に来ています。

下着を売るお店もお祭りのポイントカラー赤で鮮やかに!

ちょうど滞在した6月末はイルンのお祭りの時期。ショーウィンドウもそのお祭りの衣装をシミュレーションした飾り付けになっていました。お祭りはサン・マルティアル(San Marcial)の宗教的なお祭りを基礎にしていますが、イルンの場合は1522年にフランスとドイツが侵入して来たときに、争って打ち負かしたことを記念したお祭りになっています。その時の兵隊のユニフォームはある赤いベレー帽とベルトが特徴です。市民が誇りにしている、そして誇りを子どもたちに伝えるお祭りです。

フランス側の国境の街:アンダイエ

アンダイエの浜辺。海水浴の時期です。

フランス語Hendaye, スペイン語Hendaya、バスク語Hendaia。
イルンからフランスのアンダイエに入った途端に、車がプジョーとルノーだけになります。考えてみれば、日本にいれば国産車である日産やトヨタなどが目につくわけですが、スペインにいるとスペインには国産車というのがないので、やたら目につくのはアウディーとメルセデスです。タクシーやトラックはほぼ全部メルセデスを使っています。そのため、フランスに入った途端、プジョーとルオーだけになるのがかなり新鮮に感じました。

アンダイエは静寂に満ちていた。

アンダイエは住宅地で、一戸建ての家が続いています。お店もあまりなく、小作りのホテルがちらほらある程度。静かな夏の別荘地として使っている人も多いようです。夏ですから、海水浴の人たちで賑わっています。小太りの中年のご夫婦が日光浴をしていました。お腹が少々出た旦那様が奥様にささやくように歌い始めます。当たり前なのかもしれませんが、それはシャンソン!ちょっと古いですが、イブ・モンタンのように歌っていてどぎまぎしました。ここはフランスなんだな!と。

海水浴はカップルが多い。

そして、スペイン人の少年少女のグループもあちらこちらに。自転車に乗って海水浴に来ている人たちもいました。言葉が全く違っていても、国が違うのだから当たり前だという意識が小さい時から備わっているのでしょう。

国境で記念撮影しよう!

スペインとフランスの両国の上に立つ!

フランス側からスペインに行こうとすれば、フランス語、反対にスペインからフランスに入国しようとすればスペイン語の表示を見つけられます。そこで国境をまたごして記念撮影しましょう。2つの国をまたにかけて、なんて自慢できる1枚になるかもしれません。


イルンまでの行き方

列車でマドリード・チャマルティン駅からイルンへは乗り換えなしで行けます。
約6時間のタイプと約8時間のタイプ。
夜10時に乗って朝6時くらいにつく列車がありますから、これだと時間を有意義に使えます。ついでにサン・セバスチャンなども観光してはいかがでしょうか。

ホテルは静かに過ごしたいなら、アンダイエはオススメの素敵な街ですが、イルンの2倍以上のお値段になります。

バスク地方の旅!国境を超えて歩き回ろう

イルン:お祭りの行進

旅の楽しさは歩き回ること。歩き回って歩きすぎても、ヨーロッパの中は国境なんて関係なくどこまでも行けるのが素敵ですね。

この記事のライター

スペインに住んで17年になります。小さな素敵な町やお祭り、工芸品などスペインらしいスペインの旅を楽しむ情報をお届けします。

関連する投稿


【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

【ウベダ】世界遺産の街の陶器に魅せられて! 陶工ティトさんに会いに行こう

アンダルシア、北東部のハエン県にある世界遺産の街ウベダに住む陶工ティトさんのお店を紹介します。スペインといえば陶器やタイルが人気ですが、一般にスペインの陶器といって思い描くものより、シックなデザインです。でもこれもスペイン。スペインの国宝級の陶工の作品をじっくり見てくださいね。


【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

【ウベダ】パラドールはルネッサンスのお屋敷! スペインの貴婦人になって旅をしよう

スペインを旅行するときは、パラドールもチェックしましょう。パラドールはお城やお屋敷など歴史的建造物を使った国営ホテルです。ウベダにもルネッサンス様式のパラドールがありますから、ぜひのぞいてください。コーヒーを飲むだけでも、思い出になりますよ。


 【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

【スペイン】クリスマスに来るなら1月6日までいよう! 公現祭パレードとロスコン・デ・レジェス

お正月休みにスペインに滞在するのでしたら、1月6日は外せません。1月5日の夜は街の中がワクワク楽しく盛り上がっています。三賢人のパレードもあり、どこに滞在していても楽しさは変わりません。むしろ小さな村にいる方が楽しいかもしれません。村の人たちに混じって、三賢人がばらまくお菓子を食べてみませんか?


また訪れたい世界遺産の街、フランス・リヨン だまし絵、旧市街、トラブールなどここにしかない見どころが沢山!

また訪れたい世界遺産の街、フランス・リヨン だまし絵、旧市街、トラブールなどここにしかない見どころが沢山!

皆さんはフランスの第二の都市、リヨンをご存知でしょうか?パリのイメージが強いフランスですが、パリから2時間で行けて、中世の雰囲気漂う、落ち着いたこの世界遺産都市リヨンは、絶対に訪れる価値があります。有名な旧市街やフルヴィエールの丘、トラブールやだまし絵など、見所も沢山ありますよ!


【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

【スペイン】マドリードから行く不思議空間! 中世の街メディナセリに出かけよう

マドリードから1時間半でたどり着く石造りの家々が並ぶ中世の街「メディナセリ」に出かけてみませんか? 白い村とは別の意味で、とてもスペインを感じさせてくれる街です。人口は1000人にも届かない小さな集落ですが、そこにはぎっしりとスペインが詰まっています。


最新の投稿


マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

マクドナルドのポテトファンに朗報!パーティーサイズが50%offということで行ってみた in Thailand

タイにいらっしゃるマクドナルドのフライドポテトファンに朗報です!マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなるときはありませんか?私はマクドナルドのポテトだけを目当てに足を運ぶほど大ファンです。塩加減が絶妙で、タイでも日本でも安定のおいしさ。パーティーサイズが50%offという噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。


ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

ミラノの邸宅美術館 vol.2【Museo Bagatti Valsecchi 〜19世紀の貴族の邸宅〜】

現地の美術高校、デザイン大学を卒業したミラノ在住者がおすすめする隠れスポット、それは邸宅美術館!貴族や資産家の邸宅だった建物が美術館として解放されているので普通のの美術館とはまた違う面白さがあります。そんな個性豊かな邸宅美術館たちをひとつずつ紹介!今回は1900年代のミラノの貴族が住んでいた館です。


【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

【中国版クリスマス】中国人にとってのクリスマスって?クリスマスに対する人々の意識の日本と中国の違いあれこれ

もうすぐクリスマスですね!私が住んでいる中国でもクリスマスをお祝いする人が増えてきたのですが、実はこうなったのはここ1~2年のことなんです。今回は、中国(主に私の住む広東省の広州市)における人々のクリスマスに対する意識とクリスマス直前の街中の様子、クリスマスシーズンの日本との違いのあれこれについてご紹介たいと思います。


中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

中欧の国「ポーランド」が、1年で最も華やぐシーズン! クリスマス・シーズンの楽しみ方

12月に入り、世界中がクリスマスモードに突入。どこでディナーをしようか、恋人へのプレゼントは何にしようか……など、クリスマスのプランについて考え始めた人も多いのではないでしょうか。今年は思い切って海外で過ごしてみるのはいかがでしょう? 今回は中欧の国のひとつ、ポーランドのクリスマスを紹介します。


ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

ハワイで大人気の丸亀うどんがロサンゼルスにも上陸!気になるうどんを食べに行ってみた!

今回の記事は、ロサンゼルスに最近オープンした丸亀うどんを紹介します。すでにハワイなどに店舗があり、長蛇の列ができるお店ですが、新装開店のロサンゼルス店はどのようなものなのかを調査してきました!ここでは日本スタイルのうどん、天ぷら、丼ものなどをかなり格安で楽しむことができます。お店情報や店内の様子など詳しく紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング