慣れれば簡単&便利&早い!オーストラリアの大手スーパーのセルフレジを使ってみよう!

慣れれば簡単&便利&早い!オーストラリアの大手スーパーのセルフレジを使ってみよう!

日本の大手スーパーではセルフレジを見かけることも多くなりましたね。オーストラリアの大きなスーパーでも導入されています。オーストラリアの家族は一度にたくさん買い物をするので、自分は数個しか購入しないのにレジで長い時間待たなければならないなんてことも。そんなときはセルフレジを使えると便利です!


そもそもセルフレジって?

オーストラリアで2番目に大きいスーパーマーケットColes(コールス)

セルフレジとは、スーパーなどでお客様自身でバーコードをスキャンして支払いを行うレジのことです。一般的に通常のレジよりも早く順番が回ってくるため、特に少量の買い物をする時に利用すると、待ち時間の短縮につながります。

日本でもイオンなどの大手スーパーで次々に導入されているため、利用したことのある方も多いかと思います。

オーストラリアでもコールスやウールワースなどの大手スーパーで導入されており、使いこなすことができれば旅行中の買い物の待ち時間をぐっと短縮できるかも!

もちろんすべて英語ですが、基本的な使い方は日本と同じ。今回は大手スーパー、コールスでのセルフレジでの買い物の仕方をまとめました。この記事を読んで皆さんも挑戦してみましょう(^^)

1、レジを選ぼう!

このレジはカード払いのみ

セルフレジには、”現金・カード払い可”と”カード払いのみ”のレジの2種類があります。

スクリーンの近くに”Card Only(カード払いのみ)”の表示があるものは現金での支払いができません。
オーストラリアでは、日本よりもカードを利用して支払う方が多いため、カード払い専用のセルフレジが用意されています。
現金で支払いたいときにカード払い専用のレジが空いた場合は、次の方に順番を譲りましょう。

特に表示がなければ、そのレジは現金・カード払いともに可能です。

2、バーコードをスキャンしよう

牛乳がスキャンされました。

順番が回ってきたら商品をスキャンしていきましょう。
直前にスキャンした商品名と値段がスクリーン中央に大きく表示されています。
スクリーン右側に表示されているのは、それまでにスキャンした商品です。

バーコードをスキャンした後は右側に置きましょう。
スーパーによってはセルフレジに重さのセンサーがついており、スキャンした商品を右側の台に置かないと次の商品をスキャンできないレジもあります。

商品をすべてスキャンしたら右下にある赤い”Pay”ボタンをタッチしてください。

3、支払い方法を選ぼう

タッチスクリーンになっています!

先ほどの画面で、右下の”Pay(支払い)”ボタンを押すと支払い方法選択の画面になります。

今回はカード払い専用のセルフレジで買い物をしたため、現金の選択肢が出ていませんが現金対応のセルフレジを使用すると”Cash(現金)”または”Card(カード)”を選択する画面になります。
現金で支払う場合は”Cash"を選択し、現金投入口にお金を入れましょう。
お札を先に投入すると清算がはじまってしまうので、小銭を先に投入しましょう。

カード払いの方は、”Pay amount Due(全額支払い)"と”Partial Payment(一部支払い)"のボタンがでますので、”Pay amount Due(全額支払い)"をタッチしましょう。

カード払いの方法

この機械で支払います。

"Pay amount Due"を選択すると、レジがカード払いの準備をします。
カードで支払う場合は、スクリーンの近くにある画像のような機械で支払いをします。

スーパーによって多少違いはありますが、画像の機械には右端にスライドできる部分、下部には差し込める部分がありますのでどちらかにカードを入れて支払いを行います。

機械に”Approved(承認されました)”と出れば支払い完了です。”Declined"と表示された場合は、支払いが失敗しています。カード自体が使えない、または暗証番号の入力間違いでもこのように表示されます。

その他

レシートはもらえる?

旅先での出費を記録するためにレシートを保管しておきたい人もいますよね。
オーストラリアではこちらから聞かないとレシートをくれないお店も多いです。

セルフレジでは支払い後にレシートを発行するか尋ねる表示が出ますので、そこでYesを選べば発行されます。買い物後にほかの店を回る予定の場合は、念のため発行し、持ち歩くのが無難です。

袋は無料??

地域によって異なるようです。
今回撮影を行ったブリスベンでは基本的にどのスーパーでも袋は無料で置かれています。ケアンズ、メルボルンも無料でした。

しかし、アデレード付近では有料でした。自分で持ち込むか、ない場合には無料の袋よりも大きく質の良い袋を数十円ほどで買うことができます。

無料で置かれている袋はとても薄く、日本のものほど質が良くありませんので、どの地域に行かれる場合でもエコバックを1つ持っていくと便利だと思います。

特売品の見分け方は??

オーストラリア定番お菓子の記事でも紹介したチップスです!!

オーストラリアのスーパーでは毎週のたくさんの商品が半額で売られています!
そういった商品には画像のように”1/2Price”と大きく書かれています。

他にも”〇%割引”、”Special"(特価)、”Any 2 For $5(好きな組み合わせ2個で5ドル)”などと書かれている商品はお買い得な商品です!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

クイーンズランド州最大級のショッピングセンター”パシフィックフェア”へ行こう♪

”パシフィックフェア(Pacific Fair)"というショッピングセンターを知っていますか?オーストラリアクイーンズランド州最大級のショッピングセンターで400店舗以上のお店が入っています。お買い物を楽しむならココが一番!ゴールドコースト市内から2、30分、しかも無料で行ける方法を詳しくご紹介します!


ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

ゴールドコーストでコアラやカンガルーと触れ合える!パラダイスカントリー!

オーストラリアに行ったからにはカンガルーやコアラを触ってみたいと思いますよね!ゴールドコーストからすぐの”パラダイスカントリー”というテーマパークならそんな経験ができちゃいます(^^)/羊やエミュー、ディンゴなど様々な種類の動物が見れる非常にのんびりとした農場で家族でゆったりと週末を過ごすのに最適な観光スポットです。


観光客、オーストラリア人に大人気のテーマパーク!ムービーワールドのチケットをお得に買う方法!

観光客、オーストラリア人に大人気のテーマパーク!ムービーワールドのチケットをお得に買う方法!

テーマパークが多数あるゴールドコーストの中でも特に人気のある”ムービーワールド”。周辺の遊園地と比較して、ジェットコースターなどの絶叫系が豊富。2017年には最も長く、高く、早いジェットコースターが新設されました!パーク全体はアメリカンテイストでバッドマンやスーパーマンなどのアメコミキャラクターにも会うことができます!


実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?②~日常生活編~

実際に住んでみて初めてわかる!オーストラリアと日本の違いとは?②~日常生活編~

オーストラリアでお会計前の商品を食べると注意される?されない?日本とオーストラリアでは日常生活の中にも小さな”常識の違い”がたくさんあります。この記事では旅行ガイドブックも教えてくれない、実際に住んでみて初めてわかった日本との違いを5つご紹介いたします!!これを読めばあなたもオーストラリア通になれるかも(^^)


最新の投稿


ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

ボリビア人も大好きな豚肉料理!休日の定番かつ豚は町でも普通に歩いているので面白いです

南米大陸の国ボリビアは日本でも少しづつ知名度が上がってきています。経済発展を遂げていますが、まだまだ途上国です。そんなボリビアで休日の楽しみと言えば豚肉料理を味わうこと。スープで味わったり、フライや炭焼きにしたりと様々です。そして、その料理の仕方もダイナミック!豚に関しても日本と比べてより身近な存在で興味深いです。


ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

ドイツ最古の町トリーアで歴史ある美しい街並みを堪能するためのおすすめポイント

トリーアはドイツ最古の都市と言われる、ドイツ西端に位置する町です。その街並みはとてもかわいらしく、どこか女性的。インスタ映えスポットにも事欠きません。日本で言うところの奈良のような存在、ドイツの古都トリーアの観光名所を、私が実際に行ってみ良かったと思うものに厳選してご紹介します。ぜひ次回の旅行の参考にしてください!


【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

【ベトナム】スタバ好きな人必見!ベトナムホーチミンのスターバックスコーヒーに行ってみました

スタバが好きな人!?海外旅行や海外で生活をしていて、現地のカフェやレストランなどに入るのがちょっと勇気がいるな〜という時に重宝するスターバックス。スターバックスはどこの国でも大体同じドリンクがあって、店員さんが優しくて私はとても安心できます。今回はベトナムホーチミンのスターバックスの雰囲気を紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

海のない国ならではの独特の魚たち!ボリビアでこそ食べられる魚と魚料理の数々!

ボリビアは南米大陸の海のない内陸国として知られています。どうしても海産物が流通するにはハンデとなります。国民の多くが魚ではなく牛肉や鶏肉を食べているという現実もあり魚は高級品です。そんな中、ボリビアにはチチカカ湖やアマゾン川という川の幸があります。海魚ではなく川魚を手に入れることができ味わえます。ボリビアのお魚とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング