オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

日本ではアメリカ英語が主流ですが、オーストラリア英語には独特の発音・言い回しがあり、他の英語圏から来た人もわからない表現が使われています。 今回は観光でオーストラリアに行った人が出会うであろう独特の表現を5つご紹介いたします。英語が苦手な人はもちろん、得意な方も必見です(^^)


こんにちは→G’Day mate(グッダイ マイト)

これが一番有名なオーストラリア英語でしょう!オーストラリア英語は、Aを”エイ”ではなく”アイ”と発音することが大きな特徴の一つです。そのため”Good day(こんにちは)"はグッデイではなくグッダイと発音され、”Mate(相棒、友人などの意味。声かけ時によく使用される)"は、メイトではなくマイトと発音されます。

お店などでも非常によく使われる挨拶です。”G’Day mate(グッダイ マイト)"と言われたら、”Hi(ハイ!)”、”Hello(ハロー)”などと返事をしましょう。

ありがとう→Ta(タ)

オーストラリア人は、言葉を短くするのが大好き!その最たるものがこの”Ta(タ)”ではないでしょうか。これは「ありがとう」を意味します。また、同じく「ありがとう」を意味する言葉として”Cheers(チアーズ)"もよく使われます。

お金を払ったときに”Thank you(センキュー)"、商品を受け取ったときに”Ta(タ)"と言われるなど、重ねて使われることが多いです。短い言葉ですのでお客様の去り際にも言いやすい言葉なのでしょう。

”Ta(タ)”と言われたときは笑顔で”Ta(タ)”と言い返してオージー英語を楽しみましょう!

朝食→Brekkie(ブレッキー)

”Breakfast(ブレックファースト)”を短縮したオーストラリア英語です。マクドナルドでもブレッキーという表現を使用していることからも、日常生活で頻繁に使われている用語であることがわかります。お洒落なカフェなどでもブレッキー用にベーコンエッグトーストとコーヒーのセットメニューなどを用意しているところを多く見かけます。

最近は”All day brekkie(オールデイブレッキー)といって、朝食メニューを一日中いつでもオーダーできるお店も増えてきましたが、早起きして清々しい空気の中テラスでブレッキーを楽しむ、なんていうのも良いですね。

似たような表現として、バーベキューは”Barbie(バービー)"、蚊を意味するモスキートは”Mozzi(モジー)”などがあります。

お酒の持ち込み可→B.Y.O Bring your own(ブリング ユア オウン)

アサヒビールが4ドル(約320円)!高く感じますがレストランで頼むと倍近くの値段です!!

オーストラリアでは、酒類の取り扱いライセンスを取得した店のみがアルコールの提供を許可されています。そのためライセンスを持たない中小規模のレストランでは、B.Y.Oの看板をかかげ、「お酒の持ち込み可」としてお客さんが持ち込んだお酒と自分の店の料理を楽しめる場を提供しています。グラスや栓抜きの料金として1人3ドル程度の料金がかかりますが、それでもライセンスを取得したレストランでお酒を注文するよりもずっと安く済ますことができます。

B.Y.Oをおこなっているレストランは、ホームページやお店の窓に”B.Y.O"の文字が掲げられています。”LIC/BYO(ライセンス/持ち込み)”という表記があれば、酒類の取り扱いライセンスを取得しているお店がB.Y.Oを行っているということになりますので、お店でお酒を注文することも、自分たちで持ち込むことも可能です。

持ち込みはワインが基本となっています。ビールなどを持ち込みたい場合にはお店に確認を取られることをおすすめいたします。

こちらでお召し上がりですか?→Eat in or take away(イートイン オア テイク アウェイ)

フードコート内でも定番のフレーズ!

ファーストフード店などでよく聞かれるフレーズです。

店内で食べたい場合は、”Eat in(イートイン)"、持ち帰りたい場合は”Take away(テイクアウェイ)"と伝えましょう。日本で馴染みのある”Take out(テイクアウト)"でも意味は通じます。最後に”Please(プリーズ)”をつけ、”Eat in, Please!(イートイン プリーズ!)"とスマートに伝えましょう!

アメリカ英語では、”For here or to go(フォー ヒアー オア トゥ ゴー)"ということが多いかと思います。
この表現はここオーストラリアでも通じますし、実際にオーストラリア人の店員が話すのを聞いたことがあります。しかし、オーストラリア風に尋ねられることもありますので、両方の表現を理解しておくのが良いでしょう。

まとめ

移民の国オーストラリアでは、色々な国のなまりがある英語が話されています。現地の方は外国人が話す英語に慣れていますので、英語に不安がある方も自信をもってハキハキと話せば大丈夫!旅行中に一度はオーストラリア英語を話しましょう!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

フリーマントルへ行くなら週末がおすすめ!フリーマントルマーケットを思い切り楽しもう!

西オーストラリア州の港町フリーマントルでは、週末マーケットが開かれています。オリジナルのおみやげを見つけたり、世界各国のおいしいランチを楽しんだり、グルメフードのショッピングをしたり、マーケット内を散策するだけでワクワクしてきますよ。観光客にも地元の人たちにも大人気のスポットで、週末のひとときを思い切り楽しみましょう。


パースシティのすぐそばの湖「レイク・モンガー」でウォーキング!ブラックスワンにも会える!

パースシティのすぐそばの湖「レイク・モンガー」でウォーキング!ブラックスワンにも会える!

パースシティのすぐそばに「レイク・モンガー」という湖があります。水辺には、遊歩道や公園が整備され、ウォーキングやジョギングを楽しむ人々、広い芝生やプレイグラウンドで遊ぶ子どもたち、元気に走り回る犬たちなど、パース市民に親しまれている憩いのエリアです。西オーストラリアの州の鳥でもある美しいブラックスワンにも会えますよ。


パースのナイトライフならノースブリッジ!夜だけじゃない充実のランチやスイーツにも注目!

パースのナイトライフならノースブリッジ!夜だけじゃない充実のランチやスイーツにも注目!

パースの繁華街「ノースブリッジ」は、にぎやかなナイトライフが楽しめるエリアです。バラエティ豊かな飲食店が集まり、夜だけでなく、ランチやスイーツが楽しめるお店も充実しています。たくさんの飲食店の中から、昔から変わらないノースブリッジ定番のお店を中心に紹介します。ストリートを散策して雑多な雰囲気を味わうのも楽しいですよ。


キングスパークは景色を楽しむだけの場所じゃない!ジェイコブズ・ラダーでストイックなトレーニングに挑戦!

キングスパークは景色を楽しむだけの場所じゃない!ジェイコブズ・ラダーでストイックなトレーニングに挑戦!

キングスパークは、パースの美しい風景が見渡せる最も有名な観光名所です。実は、観光客が訪れるエリアは、キングスパークのほんの一部分です。今回は、キングパーク内の知る人ぞ知るトレーニングスポット「ジェイコブズ・ラダー」を紹介します。かなりストイックなトレーニングができる施設ですので、パース市民に混じって挑戦してみましょう!


アデレードでおすすめのパン屋さん♪優しい味と香りがオーストラリアでも人気!

アデレードでおすすめのパン屋さん♪優しい味と香りがオーストラリアでも人気!

アデレードは小さな町のわりにパン屋さんがたくさんあります(^^)そのなかで今回オススメしたいのはセントラルマーケットの中にある知る人ぞ知る小さな個人経営のパン屋さん♪セントラルマーケットはアデレード駅から無料トラムで数分と訪れやすい場所。手ごろなお値段で優しい味と香りのパンを楽しめます!


最新の投稿


今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今ロサンゼルスでファッションにうるさい若者が集まる通りアボット・キンニー通りで見つけた超おしゃれ雑貨店

今回は今ロサンゼルスの若者に人気のスポットであるベニスのアボット・キンニー通りからおしゃれすぎてたまらない雑貨店のグロー・ベニスというお店を紹介します。ビーチ感のあるおしゃれ雑貨が好きな方には外せないお店です!アメリカっぽくおしゃれで、でも他の人が絶対持っていないようなものを探している方には超おすすめのスポットです!


これこそまさに!正真正銘の本物の天然温泉?ベントンにある温泉で泳いでみました!

これこそまさに!正真正銘の本物の天然温泉?ベントンにある温泉で泳いでみました!

マレーシアの首都、クアラアルンプールから車で約1時間ほど内陸側に走った場所に、ベントンという小さな街があります。ベントンにはなんと天然温泉があります。文字通り「天然温泉」としか言いようのない場所でした。地元の人と混じってベントン温泉を楽しんでみました。


マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

マネパカードの評判や口コミは!?手数料も安くて国内外でも使えるのは最大のメリットです!

海外プリペイドカードで有名なマネパカードの最大のメリットはやはり手数料。海外では普通のクレジットカードでもショッピングなどの際、必ず手数料が発生します。しかしこのマネパカードの手数料はクレジットカードよりも安いという最高にお得なカードです。プリペイドなので使いすぎることもなく、渡航先の現地通貨をいつでも引き出せます!


ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

ロサンゼルス近郊マリブ・ビーチに行ったら途中にあるマリブ・ビレッジ&マリブ・カントリー・マートでお買い物を楽しもう!

今回はロサンゼルス近郊にあるとても美しいことで有名な観光地のマリブ・ビーチに行く途中にあるシッピングモールを紹介します。このモールはローカルなお店から化粧品店のセフォラや、高級ブランドのブティックなど、様々なお店が並ぶゆったりとしたショッピングモールです。マリブビーチに遊びに行ったらぜひ寄り道をしてほしいです。


テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

テクパンでヨーロッパを味わう!グルメの方必見です。空港から一時間で行けます

グアテマラで、おいしい豚肉をたべたくなったら、テクパン(TECPAN)へ。ヨーロッパ移民から受け継いだ伝統手法で作る、生ハムやソーセージは最高です。また、広々とした、牧場も多々あるので、のんびりするのに最適です。都会の雑踏に疲れたら、ぜひテクパンに。おいしい、ジャージー牛乳やヨーグルトも売っています。おススメです!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング