オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

日本ではアメリカ英語が主流ですが、オーストラリア英語には独特の発音・言い回しがあり、他の英語圏から来た人もわからない表現が使われています。 今回は観光でオーストラリアに行った人が出会うであろう独特の表現を5つご紹介いたします。英語が苦手な人はもちろん、得意な方も必見です(^^)


こんにちは→G’Day mate(グッダイ マイト)

これが一番有名なオーストラリア英語でしょう!オーストラリア英語は、Aを”エイ”ではなく”アイ”と発音することが大きな特徴の一つです。そのため”Good day(こんにちは)"はグッデイではなくグッダイと発音され、”Mate(相棒、友人などの意味。声かけ時によく使用される)"は、メイトではなくマイトと発音されます。

お店などでも非常によく使われる挨拶です。”G’Day mate(グッダイ マイト)"と言われたら、”Hi(ハイ!)”、”Hello(ハロー)”などと返事をしましょう。

ありがとう→Ta(タ)

オーストラリア人は、言葉を短くするのが大好き!その最たるものがこの”Ta(タ)”ではないでしょうか。これは「ありがとう」を意味します。また、同じく「ありがとう」を意味する言葉として”Cheers(チアーズ)"もよく使われます。

お金を払ったときに”Thank you(センキュー)"、商品を受け取ったときに”Ta(タ)"と言われるなど、重ねて使われることが多いです。短い言葉ですのでお客様の去り際にも言いやすい言葉なのでしょう。

”Ta(タ)”と言われたときは笑顔で”Ta(タ)”と言い返してオージー英語を楽しみましょう!

朝食→Brekkie(ブレッキー)

”Breakfast(ブレックファースト)”を短縮したオーストラリア英語です。マクドナルドでもブレッキーという表現を使用していることからも、日常生活で頻繁に使われている用語であることがわかります。お洒落なカフェなどでもブレッキー用にベーコンエッグトーストとコーヒーのセットメニューなどを用意しているところを多く見かけます。

最近は”All day brekkie(オールデイブレッキー)といって、朝食メニューを一日中いつでもオーダーできるお店も増えてきましたが、早起きして清々しい空気の中テラスでブレッキーを楽しむ、なんていうのも良いですね。

似たような表現として、バーベキューは”Barbie(バービー)"、蚊を意味するモスキートは”Mozzi(モジー)”などがあります。

お酒の持ち込み可→B.Y.O Bring your own(ブリング ユア オウン)

アサヒビールが4ドル(約320円)!高く感じますがレストランで頼むと倍近くの値段です!!

オーストラリアでは、酒類の取り扱いライセンスを取得した店のみがアルコールの提供を許可されています。そのためライセンスを持たない中小規模のレストランでは、B.Y.Oの看板をかかげ、「お酒の持ち込み可」としてお客さんが持ち込んだお酒と自分の店の料理を楽しめる場を提供しています。グラスや栓抜きの料金として1人3ドル程度の料金がかかりますが、それでもライセンスを取得したレストランでお酒を注文するよりもずっと安く済ますことができます。

B.Y.Oをおこなっているレストランは、ホームページやお店の窓に”B.Y.O"の文字が掲げられています。”LIC/BYO(ライセンス/持ち込み)”という表記があれば、酒類の取り扱いライセンスを取得しているお店がB.Y.Oを行っているということになりますので、お店でお酒を注文することも、自分たちで持ち込むことも可能です。

持ち込みはワインが基本となっています。ビールなどを持ち込みたい場合にはお店に確認を取られることをおすすめいたします。

こちらでお召し上がりですか?→Eat in or take away(イートイン オア テイク アウェイ)

フードコート内でも定番のフレーズ!

ファーストフード店などでよく聞かれるフレーズです。

店内で食べたい場合は、”Eat in(イートイン)"、持ち帰りたい場合は”Take away(テイクアウェイ)"と伝えましょう。日本で馴染みのある”Take out(テイクアウト)"でも意味は通じます。最後に”Please(プリーズ)”をつけ、”Eat in, Please!(イートイン プリーズ!)"とスマートに伝えましょう!

アメリカ英語では、”For here or to go(フォー ヒアー オア トゥ ゴー)"ということが多いかと思います。
この表現はここオーストラリアでも通じますし、実際にオーストラリア人の店員が話すのを聞いたことがあります。しかし、オーストラリア風に尋ねられることもありますので、両方の表現を理解しておくのが良いでしょう。

まとめ

移民の国オーストラリアでは、色々な国のなまりがある英語が話されています。現地の方は外国人が話す英語に慣れていますので、英語に不安がある方も自信をもってハキハキと話せば大丈夫!旅行中に一度はオーストラリア英語を話しましょう!

この記事のライター

オーストラリア在住(^^)ケアンズ、ブリスベン、メルボルン、アデレードなどオーストラリア中の情報をご紹介!

関連する投稿


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【プレママ~幼児編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(プレママ~幼児向け)を4つご紹介いたします。


最新の投稿


スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人はパン無しでは生きられない? アンダルシアで行われたパンのイベントに行ってきました

スペイン人にとって一番大事な食べ物といえばパンです。食事には必ずパンが必要。料理を味わうためにも、味があまりないパンで一度口をリセットします。料理の風味を大事にするために、絶対バターは使いません。常に料理の味が第一というのがスペインの考え方です。そんな大事なパンを紹介するイベントがカソルラでありました。


日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

日本でもぜひ知名度アップを!ボリビアの隠れて秘境スポットその名もチョチス

南米ボリビアはまだまだ途上国です。それは観光業においても同じで、数年前に世界一観光客に不親切な国として第一位に輝いたという不名誉な記録もあります。それだけ観光客に対しても観光スポットに対してもまだまだ上手に向き合えていないという現状があります。それで隠れた秘境がたくさんあるボリビアのチョチスといいう観光スポットをご紹介


となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

となりのトトロがペットに?中国で見かけた不思議で超可愛い生き物「龙猫(ロンマオ)」!その正体と特徴まとめ

最近、広州市内で得体の知れない可愛い生き物を発見しました。中国語表記によると、その名は「龙猫(ロンマオ)」。ロンマオってまさかあのトトロのことでは?いやいや、いくら中国でもトトロがペットショップにいるわけがないでしょう・・・今回はそんないきさつで調べたロンマオと、広州市にあるロンマオ専門ショップの様子をレポートします。


ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクの小空港フィンデル空港内部の様子と利用体験をリポートします!

ルクセンブルクそのものに観光に行こうと思う日本人は多くはないかもしれませんが、ヨーロッパを旅する際に大活躍してくれる数多くのLCCが乗り入れているため重宝するのが、ルクセンブルクのフィンデル空港です。観光大国である周辺の国々とアクセスが良好の、フィンデル空港利用の際に知っておきたいことを、私個人の経験からご紹介します!


「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

「セントラル・エンバシー(Central Embassy)」の地下にある高級フードコート「Eathai(イータイ)」がおすすめ!

タイには高級ショッピングモールがいくつかありますが、その中でもとくに豪華とされているのが「セントラル・エンバシー」です。2014年5月に完成したばかりのセントラル・エンバシーは、高級ブティック、高級レストランが並びます。地下には高級フードコート「Eathai」が入っていて、このフードコートは人気スポットとなっています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング