グアテマラ流、夏の味わいの楽しみ方。どこの町に行っても売っている新鮮なフルーツの安全な楽しみ方

グアテマラ流、夏の味わいの楽しみ方。どこの町に行っても売っている新鮮なフルーツの安全な楽しみ方

グアテマラでエキゾチックなフルーツを安価に、安全に楽しみましょう。マンゴー、パパイヤ、ココナッツといった夏の定番フルーツから、ちょっとマニアックなマヤ族のフルーツの楽しみ方まで、今回は食の安全をテーマに書いています。ぜひ、グアテマラに来たら道端で売ってるフルーツを食べてみてください。旅の味わいが広がります。


グアテマラは日本のように小さい国です。しかし、常夏の海岸沿いと、意外と寒い山岳地帯に分けることができます。シェラのような山岳地帯に住んでいても、山をチキンバスで1時間も下れば、そこは常夏。つまり、グアテマラはどこでも、エキゾチックな南国のフルーツが味わえるのです。

しかし、心配なのは、旅の途中でお腹を壊してしまう事。せっかくの旅行もお腹を壊しては台無しです。そこで今回は、発展途上国で美味しいフルーツを安全に楽しむ方法をお伝えします。

まずは、予防接種を日本で受けましょう。

楽しい旅の準備は日本から始まります。発展途上国では水や生野菜、フルーツを食べるのはご法度とされていますが、発展途上国でも、同じ人間が生きているのです。そんなに神経質になる必要はありません。しかし、ストリートフードを食べたい方や、フルーツを食べにグアテマラに来る人は、前もって肝炎や腸チフスの予防接種を受けておけば、万が一のことがあっても安心です。

フルーツ ストリートフード編

グアテマラでは年中完熟のパパイヤ、ココナッツなどの南国フルーツが手に入ります。さらに季節によってはサボテンの実やマンゴーなどの珍しいフルーツが食べられます。

ココナッツQ5(約75円)ストローで中の液体を飲んだ後、白い身にかじりつきます。

しかし、ホテル生活をする旅行者にはフルーツ一個まるまるは量が多すぎたり、包丁がなかったりと、スーパーでフルーツをみても、なかなか購入までは至りません。

季節もの、サボテンの実。すごく甘いです。種も一緒に飲みこみましょう。

そんな時は町のあちこちにあるフルーツスタンドへ寄ってみましょう。

フルーツスタンドでは、一切れ1ケツァール(約15円)から南国フルーツが楽しめます。
しかし、心配なのは衛生面です。

綺麗なフルーツスタンド

清潔なフルーツスタンドの見つけ方

まずはフルーツスタンドを観察してみましょう。ポイントは3つ。
1)まな板や売り子さんのエプロンはきれいですか? 
2)お金を触った後に手を洗っていたら合格です。
3)フルーツに蜂がたかるのはご愛敬。甘い証拠です。しかしハエがたかっていたら、そこはやめておいた方がいいかもしれません。

納得のいくフルーツスタンドを見つけたら、小銭を用意して、フルーツを買いましょう。1ケツァール(約15円)で一切れずつ好きなフルーツをチョイスするのもいいですし、5ケツァール(約75円)でプラスチック容器に入ったフルーツ盛り合わせを買うのもお得です。

Q5のフルーツ盛り合わせとトッピング

5ケツァール(約75円)のフルーツ盛り合わせを買う利点はトッピングができるという事です。
写真にもあるように、トッピングは、塩レモン、ペピータ(カボチャの種を炒って粉にしたもの)、チリ粉、ハチミツから選べます。シンプルにフルーツが味わいたい方は塩レモンがお勧めです。塩にもレモンにも殺菌作用があるのでお腹の弱い方にもおすすめなトッピングです。

グアテマラでフレッシュ、搾りたてジュースをマヤ族流に楽しむ

オレンジを絞るマヤ族の女性とビタミン溶液

フルーツと並んでマヤ族の方から人気があるのが、フレッシュオレンジジュースです。その場でオレンジを搾ってくれて、グラス一杯5ケツァール(約75円)です。その場で飲まなくっても、持ち帰り用にビニール袋に入れてくれるので便利です。グラスは口を付けずにストローで飲めば安全です。

オレンジジュース マヤ族の女性がエプロンをして、頭にも被り物をしています。清潔な証拠です。

ここからは、オプション追加料金で楽しむ、マヤ族流オレンジジュースの飲み方です。4オプションから一つを選びましょう。

1)オレンジジュースに、怪しげなビタミン溶液を入れます。ビタミン溶液は豊富な種類がそろっているので、絵を見て選びましょう。
2)生卵を二個 鶏の卵かアヒルの卵を選べます。
3)野菜ジュースとウスターソースを追加できます。
4)亀の生卵 すごく生臭いが絶大な健康促進作用があるとされています。

亀の生卵を試してみましたが、結構な硬さと、強烈な生臭さ、なかなか呑み込めません。マヤ族の方は病気になるとこのオレンジジュースを飲むそうです。旅の話のタネに最適な飲み方です。

どうしても、お腹の調子が気になる方に

マヤ族愛用、お腹の薬 サンタミシナ

マヤ族の方々は、これはちょっと危険かなって思う食事を口にした後にサンテミシナという、お腹の薬を一袋飲みます。そして、お腹の調子が悪い時は二袋、そして、いよいよこれはダメだと思うと4袋一気に飲みます。味はチョコレート味で大変飲みやすいです。薬局だけではなく、小さな街角のお店でも1~2ケツァール(約15~30円)で買える優れものです。

最後に

食事は旅の一部です。ルールを守れば、マヤ族と一緒にエキゾッチックなフルーツを堪能できます。ぜひ、グアテマラに南国フルーツを食べに来てみてください。

グアテマラでどこでも売っている、色とりどりのフルーツ

この記事のライター

一度きりの人生を思いっきり生きる、をモットーにマヤ族の村で楽しく生きています。人生変える旅に貢献できる情報発信していきます。

関連するキーワード


グアテマラ

関連する投稿


グアテマラの温泉街へ。シェラ近郊のスニルとアルモロンガ、マヤ族のおすすめの湯。

グアテマラの温泉街へ。シェラ近郊のスニルとアルモロンガ、マヤ族のおすすめの湯。

日本人は温泉が大好きです。しかし、マヤ族の一部族にも温泉大好きな部族がいます。そんなマヤ族に出会いに今回はアルモロンガとスニルでの湯めぐりの旅のご提案です。日本の温泉とは違い、個室なので、自分にあった温度調整もでき、吹き出す熱湯に、温泉好きの日本人も大満足の旅になると思います。


ラディーノ文化とマヤ文化が入り混じる町、サルカハ。どうせならメルカドがある日に街を歩いてみよう!

ラディーノ文化とマヤ文化が入り混じる町、サルカハ。どうせならメルカドがある日に街を歩いてみよう!

グアテマラ第2の都市、ケツァルテナンゴ(通称シェラ)からバスで20分。サルカハはこぢんまりした小さい町で、基本的にはスペイン語を話すラディーノの町です。これがメルカドのある火曜と土曜はガラッと印象が変わって、マヤ族のインディヘナ(先住民)で道が埋め尽くされます。中米で初めて建てられたカトリック教会もここにありますよ!


最新の投稿


テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

タイでよく見かける小さなお椀に入った食べ物。これはココナッツを使ったおいしいお菓子で、タイ人が大好きなもの。ラーメン屋やタイ料理屋のテーブルの上に置いてあることが多く、屋台で売られていることもあります。ココナッツプリンのようなもので日本人でもおいしくいただける味です。私もだいすきなカノム トゥアイについてご紹介します。


バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコク郊外にある観光地のひとつである「クレット島」。バンコク在住者は訪れたことのある人が多い場所です。どこか懐かしいような雰囲気で、昭和へタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気を楽しめるのも魅力のひとつでしょう。都会の喧騒から離れ、癒されたい人にもおすすめの場所です。「クレット島」について詳しくみていきましょう。


今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

アメリカ・カリフォルニア州のオレンジカウンティにあるハンティントンビーチは有名なサーフタウンです。ここで毎年8月に行われるサーフィンの大会、バンズオープンの決勝戦を見に行ってきました!美しいビーチでトップサーファーが目の前で見れてしまうこの大会!夏に南カリフォルニアに来る人は旅のプランにぜひ入れてもらいたいです。


バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクには、おしゃれなスイーツやエンターテインメント性のあるスイーツなど、様々なアイディアスイーツがありますが、今1番バンコクで流行っていると言っても過言ではないスイーツショップが「After You」と「IceDEA」です。話題性としては今のところ2トップでしょう。それぞれのおすすめメニューなどをご紹介します。


不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

アルプスの大自然が作り出す神秘の光景を楽しむことができる、スイスのブラウ・ゼー。公共交通機関を使ってのアクセスが容易なのも魅力です。スイス観光の拠点となるインターラーケンから一歩足を延ばして、妖精でも出てきそうな独創的な雰囲気を楽しみに出かけてみませんか?この記事では私のブラウ・ゼー初体験を詳しくレポートします!


最近話題のキーワード

トラベルクリップで話題のキーワード


タイ バンコク メキシコ カンクン クレット島 韓国 市場 パタヤ