西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

パースでおいしいシーフードが食べたくなったら、フリーマントルへ行ってみましょう。ボートハーバーには、シーフードレストランがたくさんあり、港町の雰囲気を楽しみながら、おいしいフィッシュ&チップスが楽しめます。フィッシュ&チップスの味わい方や、そのほかのおすすめ料理も紹介します。


オーストラリアのシーフード料理といえば、フィッシュ&チップス!

紙に包まれたフィシュ&チップスが伝統的なスタイル

きれいな海に囲まれているオーストラリアでは、安くて新鮮なシーフードが楽しめそう!というイメージを持つ人が多いですが、実際には、そうではありません。スーパーやレストランで目にする魚の種類や料理法は、オーストラリアよりも日本の方がずっとバラエティに富んでいます。

そんな中でも、オーストラリアの代表的なシーフード料理といえば、フィッシュ&チップスでしょう。メインは、白身の魚に衣をつけて油で揚げたものですが、パン粉のフライでもなく、日本のてんぷらとも違ったサクサクの食感の衣が特徴です。そこに、フライドポテトがたっぷり添えられています。(オーストラリアでは、フライドポテトのことをチップスと呼びます。)

このフィッシュ&チップスを注文すると、たいてい、紙に包んで渡されます。元々は、新聞紙を使っていたようですが、今では、どこのお店でも、写真のようなわら半紙が使われています。湯気がこもらず、ほどよく油が切れて、サクサクの食感が保たれます。

そして、このフィッシュ&チップスを食べるときには、お店のカウンターに常備してある酢と塩を、豪快にたっぷりとかけて食べるのが基本です。魚臭さや油臭さが消えて、さっぱりと食べられます。

レストランで、お皿に盛り付けられて提供される場合は、タルタルソースやトマトソースなどが添えられることもあります。

フィッシュ&チップスは、イギリスで生まれの伝統的ファストフード

揚げたてのフィッシュ&チップスを楽しもう!

フィッシュアンドチップスは、元々イギリスで生まれた食文化で、イギリスからの移民によってオーストラリアに持ち込まれました。

油で揚げるだけの単純な調理法で、ボリュームのある食事になるので、元々はロンドンの労働者階級の食事として広まったようです。イギリスで生まれた伝統的なファストフードとも言えるかもしれません。

材料には輸入物の安い魚が使われていることも

オーストラリアで、フィッシュ&チップスの材料となる魚は、コッド(タラ)、スナッパー(鯛)などのほか、バラマンディと呼ばれるズズキの仲間がよく使われます。これらは、オーストラリア近海でもよく獲れる魚ですが、ファストフード向けの大衆魚というわけではありません。このような魚を使っているお店は、オーストラリア産のフィッシュ&チップスが楽しめますが、お値段も高めです。

一方、リーズナブルな値段でフィッシュ&チップスを提供しているお店では、東南アジアやニュージーランドから輸入されるバサやホキと呼ばれる白身魚が使われることも多いようです。また、オーストラリア近海にたくさんいるサメも、安価な魚なので、よくフィッシュ&チップスの材料になるそうです。しかし、油で揚げることにより、魚の生臭さが消えるので、揚げたてなら、十分おいしく食べることができます。

オーストラリア産のレッドスナッパー(鯛の一種)

フィッシュ&チップスの老舗 シッセレロズに行ってみよう!

フィッシュ&チップスの老舗レストラン Cicerello's (シッセレロズ)

パースでおいしいシーフードが食べたくなったら、フリーマントルに行ってみましょう。フリーマントルのボートハーバーには、大きな海産物問屋などがあり、シーフードレストランも立ち並んでいます。

その中でも、特に有名なのが、Cicerello's(シッセレロズ)というレストランです。看板を見ると、自ら、西オーストラリア州で一番おいしいフィッシュ&チップスのお店と名乗っています。100年以上の歴史のあるお店で、昔から地元の人に愛されてきました。もちろん、観光客にも人気のお店です。

メニュー選びですが、まずは、フィッシュ&チップスは外せませんね。ここでは、お店で食べる場合でも、前述したような紙に包まれて運ばれてきます。量もたっぷりなので、2〜3人でシェアして食べるのもいいですね。

外のテラス席で、海の風を感じながら食事をすると、港町フリーマントルの雰囲気も味わえます。テラス席では、カモメがテーブルの料理を狙ってきますので、食べ物からは目を離さないように気をつけましょう。

テラス席では、えさを狙うカモメに注意!

フィッシュ&チップスと共に、オーストラリアならではの料理も試してみましょう。筆者のおすすめは、チリマッスルです。マッスルはムール貝のことですが、チリの効いたトマトソースで煮込まれた殻付きのムール貝が山盛りになって出てきます。貝から身を外して、ソースと一緒に貝殻から直接口にすすって食べるのが、おいしい食べ方です。残った煮汁も貝の旨みがたっぷり残っているので、添えられたパンに浸して、しっかり味わいましょう。

オーストラリア産のチリマッスルもおすすめ 

今回は、シーフードトレイも注文してみました。白身魚、イカリング、カニなどのフライが入っています。カニは本物でなく、カニ風味の棒かまぼこだったのはがっかりでした。フライドポテト、パイナップルのフライ、コールスローも付いていますので、色々な味を楽しみたい方におすすめです。

シーフィードトレイ 魚のフライのほか、イカリングやカニ棒のフライなどが入っています

お腹がいっぱいになったら、ボートハーバーを散策

地元の人は、Fremantle(フリーマントル)のことを略してFreo(フレオ)と呼びます

冬休みの公園は子供たちでいっぱいでした

フリーマントルは、パースからフリーマントルラインの電車で30分のところにあります。見どころはたくさんありますが、この日、食事をした後には、ヨットハーバーを散策してみました。

港に荷物を運ぶ貨物列車もカラフル

この日は、真冬の平日でしたが、ちょうどスクールホリデーが始まったばかりの時期でした。ボートハーバー沿いの公園では、期間限定のアイススケートリンクでスケートを楽しむ親子や、スケートボードやスクーターを練習する子供たちで賑わっていました。冬でも、天気が良ければ、日中の日差しは暖かく、屋外で活動的に過ごせます。

カラフルな小さな小屋は、更衣室でした

フリーマントルは、歴史的建造物が多い観光地ですが、アーティストが集まる街でもあります。ボートハーバーを散策していると、ポップなデザインの建物が、さりげなく存在しているのが目に入ります。

ポップなデザインの建物が目を引きます

フリーマントルは、パース市内とは違った雰囲気があります。古い街並みと斬新な街角の風景を楽しみながら、オーストラリアならではのおいしいシーフードをぜひ楽しんでほしいと思います。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア

関連する投稿


パースのセカンドハンドショップ「グッドサミー」をかしこく利用して、海外生活を豊かに!

パースのセカンドハンドショップ「グッドサミー」をかしこく利用して、海外生活を豊かに!

オーストラリアには、慈善団体が運営しているセカンドハンドショップがたくさんあります。パースで一番有名なセカンドハンドショップ「グッドサミー」の店内を取材しました。中古品といっても、掘り出し物もたくさんあります。また、お店をかしこく利用して、パース生活をより豊かに楽しむ方法も紹介します。


慣れれば簡単&便利&早い!オーストラリアの大手スーパーのセルフレジを使ってみよう!

慣れれば簡単&便利&早い!オーストラリアの大手スーパーのセルフレジを使ってみよう!

日本の大手スーパーではセルフレジを見かけることも多くなりましたね。オーストラリアの大きなスーパーでも導入されています。オーストラリアの家族は一度にたくさん買い物をするので、自分は数個しか購入しないのにレジで長い時間待たなければならないなんてことも。そんなときはセルフレジを使えると便利です!


オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

オーストラリアに観光に行くならオージー英語を覚えていこう!旅行中に役立つフレーズ5つ

日本ではアメリカ英語が主流ですが、オーストラリア英語には独特の発音・言い回しがあり、他の英語圏から来た人もわからない表現が使われています。 今回は観光でオーストラリアに行った人が出会うであろう独特の表現を5つご紹介いたします。英語が苦手な人はもちろん、得意な方も必見です(^^)


お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!

お土産にも!オーストラリア人が子供のころから食べている定番お菓子7選!

オーストラリアのスーパーには安価で美味しいお菓子がいっぱい!!滞在中に楽しむのはもちろんのことバラマキ用や義理土産にすれば費用も抑えられます。現地滞在中の日本人の私が実際に食べて美味しかったものだけを7選ご紹介いたします(^^)


パースのおしゃれなウオーターフロント「エリザベスキー(Elizabeth Quay)は、まだまだ進化中!

パースのおしゃれなウオーターフロント「エリザベスキー(Elizabeth Quay)は、まだまだ進化中!

パースの「エリザベスキー」は、スワン川沿いの新しい観光エリアとして、2016年に完成しました。シドニーの「サーキュラーキー」を模して作ったようだという意見もありますが、まだまだ進化の途中です。これからの、さらなる発展で、パースらしい充実したエリアになることを期待しています。


最新の投稿


テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

テーブルの上に置いてあるタイのおいしいお菓子「カノム トゥアイ」を食べてみよう

タイでよく見かける小さなお椀に入った食べ物。これはココナッツを使ったおいしいお菓子で、タイ人が大好きなもの。ラーメン屋やタイ料理屋のテーブルの上に置いてあることが多く、屋台で売られていることもあります。ココナッツプリンのようなもので日本人でもおいしくいただける味です。私もだいすきなカノム トゥアイについてご紹介します。


バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコクから約1時間!タイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるクレット島に行ってみた

バンコク郊外にある観光地のひとつである「クレット島」。バンコク在住者は訪れたことのある人が多い場所です。どこか懐かしいような雰囲気で、昭和へタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気を楽しめるのも魅力のひとつでしょう。都会の喧騒から離れ、癒されたい人にもおすすめの場所です。「クレット島」について詳しくみていきましょう。


今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

今年は日本人が優勝!オレンジカウンティのハンティントンビーチで年に一度行われるサーフィンの大会!

アメリカ・カリフォルニア州のオレンジカウンティにあるハンティントンビーチは有名なサーフタウンです。ここで毎年8月に行われるサーフィンの大会、バンズオープンの決勝戦を見に行ってきました!美しいビーチでトップサーファーが目の前で見れてしまうこの大会!夏に南カリフォルニアに来る人は旅のプランにぜひ入れてもらいたいです。


バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクの若者を中心に流行っているスイーツ2選!バンコクでおすすめのスイーツをご紹介

バンコクには、おしゃれなスイーツやエンターテインメント性のあるスイーツなど、様々なアイディアスイーツがありますが、今1番バンコクで流行っていると言っても過言ではないスイーツショップが「After You」と「IceDEA」です。話題性としては今のところ2トップでしょう。それぞれのおすすめメニューなどをご紹介します。


不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

不思議なほどのエメラルドグリーンに輝くスイスのブラウ・ゼーで癒しのひと時を!

アルプスの大自然が作り出す神秘の光景を楽しむことができる、スイスのブラウ・ゼー。公共交通機関を使ってのアクセスが容易なのも魅力です。スイス観光の拠点となるインターラーケンから一歩足を延ばして、妖精でも出てきそうな独創的な雰囲気を楽しみに出かけてみませんか?この記事では私のブラウ・ゼー初体験を詳しくレポートします!


最近話題のキーワード

トラベルクリップで話題のキーワード


タイ バンコク メキシコ カンクン クレット島 韓国 市場 パタヤ