西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

パースでおいしいシーフードが食べたくなったら、フリーマントルへ行ってみましょう。ボートハーバーには、シーフードレストランがたくさんあり、港町の雰囲気を楽しみながら、おいしいフィッシュ&チップスが楽しめます。フィッシュ&チップスの味わい方や、そのほかのおすすめ料理も紹介します。


オーストラリアのシーフード料理といえば、フィッシュ&チップス!

紙に包まれたフィシュ&チップスが伝統的なスタイル

きれいな海に囲まれているオーストラリアでは、安くて新鮮なシーフードが楽しめそう!というイメージを持つ人が多いですが、実際には、そうではありません。スーパーやレストランで目にする魚の種類や料理法は、オーストラリアよりも日本の方がずっとバラエティに富んでいます。

そんな中でも、オーストラリアの代表的なシーフード料理といえば、フィッシュ&チップスでしょう。メインは、白身の魚に衣をつけて油で揚げたものですが、パン粉のフライでもなく、日本のてんぷらとも違ったサクサクの食感の衣が特徴です。そこに、フライドポテトがたっぷり添えられています。(オーストラリアでは、フライドポテトのことをチップスと呼びます。)

このフィッシュ&チップスを注文すると、たいてい、紙に包んで渡されます。元々は、新聞紙を使っていたようですが、今では、どこのお店でも、写真のようなわら半紙が使われています。湯気がこもらず、ほどよく油が切れて、サクサクの食感が保たれます。

そして、このフィッシュ&チップスを食べるときには、お店のカウンターに常備してある酢と塩を、豪快にたっぷりとかけて食べるのが基本です。魚臭さや油臭さが消えて、さっぱりと食べられます。

レストランで、お皿に盛り付けられて提供される場合は、タルタルソースやトマトソースなどが添えられることもあります。

フィッシュ&チップスは、イギリスで生まれの伝統的ファストフード

揚げたてのフィッシュ&チップスを楽しもう!

フィッシュアンドチップスは、元々イギリスで生まれた食文化で、イギリスからの移民によってオーストラリアに持ち込まれました。

油で揚げるだけの単純な調理法で、ボリュームのある食事になるので、元々はロンドンの労働者階級の食事として広まったようです。イギリスで生まれた伝統的なファストフードとも言えるかもしれません。

材料には輸入物の安い魚が使われていることも

オーストラリアで、フィッシュ&チップスの材料となる魚は、コッド(タラ)、スナッパー(鯛)などのほか、バラマンディと呼ばれるズズキの仲間がよく使われます。これらは、オーストラリア近海でもよく獲れる魚ですが、ファストフード向けの大衆魚というわけではありません。このような魚を使っているお店は、オーストラリア産のフィッシュ&チップスが楽しめますが、お値段も高めです。

一方、リーズナブルな値段でフィッシュ&チップスを提供しているお店では、東南アジアやニュージーランドから輸入されるバサやホキと呼ばれる白身魚が使われることも多いようです。また、オーストラリア近海にたくさんいるサメも、安価な魚なので、よくフィッシュ&チップスの材料になるそうです。しかし、油で揚げることにより、魚の生臭さが消えるので、揚げたてなら、十分おいしく食べることができます。

オーストラリア産のレッドスナッパー(鯛の一種)

フィッシュ&チップスの老舗 シッセレロズに行ってみよう!

フィッシュ&チップスの老舗レストラン Cicerello's (シッセレロズ)

パースでおいしいシーフードが食べたくなったら、フリーマントルに行ってみましょう。フリーマントルのボートハーバーには、大きな海産物問屋などがあり、シーフードレストランも立ち並んでいます。

その中でも、特に有名なのが、Cicerello's(シッセレロズ)というレストランです。看板を見ると、自ら、西オーストラリア州で一番おいしいフィッシュ&チップスのお店と名乗っています。100年以上の歴史のあるお店で、昔から地元の人に愛されてきました。もちろん、観光客にも人気のお店です。

メニュー選びですが、まずは、フィッシュ&チップスは外せませんね。ここでは、お店で食べる場合でも、前述したような紙に包まれて運ばれてきます。量もたっぷりなので、2〜3人でシェアして食べるのもいいですね。

外のテラス席で、海の風を感じながら食事をすると、港町フリーマントルの雰囲気も味わえます。テラス席では、カモメがテーブルの料理を狙ってきますので、食べ物からは目を離さないように気をつけましょう。

テラス席では、えさを狙うカモメに注意!

フィッシュ&チップスと共に、オーストラリアならではの料理も試してみましょう。筆者のおすすめは、チリマッスルです。マッスルはムール貝のことですが、チリの効いたトマトソースで煮込まれた殻付きのムール貝が山盛りになって出てきます。貝から身を外して、ソースと一緒に貝殻から直接口にすすって食べるのが、おいしい食べ方です。残った煮汁も貝の旨みがたっぷり残っているので、添えられたパンに浸して、しっかり味わいましょう。

オーストラリア産のチリマッスルもおすすめ 

今回は、シーフードトレイも注文してみました。白身魚、イカリング、カニなどのフライが入っています。カニは本物でなく、カニ風味の棒かまぼこだったのはがっかりでした。フライドポテト、パイナップルのフライ、コールスローも付いていますので、色々な味を楽しみたい方におすすめです。

シーフィードトレイ 魚のフライのほか、イカリングやカニ棒のフライなどが入っています

お腹がいっぱいになったら、ボートハーバーを散策

地元の人は、Fremantle(フリーマントル)のことを略してFreo(フレオ)と呼びます

冬休みの公園は子供たちでいっぱいでした

フリーマントルは、パースからフリーマントルラインの電車で30分のところにあります。見どころはたくさんありますが、この日、食事をした後には、ヨットハーバーを散策してみました。

港に荷物を運ぶ貨物列車もカラフル

この日は、真冬の平日でしたが、ちょうどスクールホリデーが始まったばかりの時期でした。ボートハーバー沿いの公園では、期間限定のアイススケートリンクでスケートを楽しむ親子や、スケートボードやスクーターを練習する子供たちで賑わっていました。冬でも、天気が良ければ、日中の日差しは暖かく、屋外で活動的に過ごせます。

カラフルな小さな小屋は、更衣室でした

フリーマントルは、歴史的建造物が多い観光地ですが、アーティストが集まる街でもあります。ボートハーバーを散策していると、ポップなデザインの建物が、さりげなく存在しているのが目に入ります。

ポップなデザインの建物が目を引きます

フリーマントルは、パース市内とは違った雰囲気があります。古い街並みと斬新な街角の風景を楽しみながら、オーストラリアならではのおいしいシーフードをぜひ楽しんでほしいと思います。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア

関連する投稿


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

【ブルーマウンテンズ・ファームステイ】子ども受け抜群!アルパカと戯れ、電車型キャビンに泊まる週末家族旅行

シドニーの田舎には数多くのファームステイが点在しています。その中でも筆者一押し、ブルーマウンテンズの外れに佇むアルパカ牧場を詳しくご紹介します。都会の喧騒から離れて広大な自然の中で様々な動物に触れ合い、牧場内に寝泊まりしてみませんか?素朴な田舎暮らしの醍醐味を存分に味わえ、子どもたちが大喜びすること間違いなし!


”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

”豪”に入っては”豪”に従え!?シドニー公立小学校・キンディーを徹底解説!

シドニーの公立小学校1年目、子ども達は学校併設の幼稚園(キンディー)で学校生活のリズムに慣れていきます。入学式なし、給食なし、黒板なし、机なし!?ゆる〜いライフスタイルがご自慢の豪州、学校生活も例外ではありません。日本の小学校の常識を覆す、びっくり連続のオージー式小学校生活・キンディー編を詳しくご紹介します。


公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

公共施設とは思えないおしゃれな空間!パース市立図書館を、居住者も旅行者もかしこく利用しよう!

2016年にリニューアルオープンしたパースの図書館は、誰もが目を引くユニークな外観です。内部も、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人々が本に親しみ、勉強に集中できるスペースが充実しています。パースの住民に限らず、誰でも、無料でパソコンやWi-Fiが利用できるので、短期滞在の旅行者も、ぜひ足を運んで欲しいスポットです


ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベン最大級のお祭り!”ブリスベンフェスティバル”を無料で楽しみつくす方法!

ブリスベンでは毎年9月の1か月間、”ブリスベンフェスティバル”という芸術の祭典が開催されています!期間中には有名なサーカス団や劇団がブリスベンに集結★でもチケット代は50ドルなど少し高額で手が出せない、、(´・ω・`)無料でも楽しみたい!という方のために2017年の無料イベントをご紹介!来年以降の方にも参考になるはず!


最新の投稿


アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカの大型日用品店ベッド・バス・アンド・ビヨンドで買ってもらいたいお土産9選

アメリカでメジャーな日用品を買えるお店の中で、今日はベッド・バス・アンド・ビヨンドを紹介します。このお店は安さよりも質のいい、生活に必要なものが売っているお店です。今回は日本からの旅行時に買って帰ってもらいたいおすすめのおみやげ9選を紹介します。また、女子必見のプチプラコスメ情報もあるので最後まで読んでくださいね。


主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

主要建築物が効率よく見られる!デンマーク・コペンハーゲンのグランド・ボートツアー

飛行機の乗り継ぎ時間や、出張の合間の時間で、コペンハーゲンに滞在したいけど時間があまりない!というタイトスケジュールの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな短時間滞在の際にお勧めしたいのは、コペンハーゲンの主要建築物が効率的に回って見られるボートツアーです。


ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバー沿いの摩訶不思議な遊園地、ルナパークで異次元の世界に浸ってみる

ハーバーブリッジのたもとにあるレトロな遊園地、ルナパーク。1935年に開園したこの老舗遊園地は、一歩足を踏み入れるとその独特の世界観に引き込まれる異色スポットです。度肝を抜かれる巨大な「入り口」、シドニーのアイコンが一度に望める観覧車、見たことのない不気味なゲーム。。。摩訶不思議なルナパークの世界へようこそ!


中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

中世ヨーロッパへタイムスリップ!百塔の町、プラハの紡がれた歴史を歩いて旅しよう

赤い屋根で覆われたおしゃれな街並み。中世の空気を現在でも残す歴史を深く感じることのできる町。そして、尖塔の多さから百塔の町とも形容される、世界遺産にも認定された町プラハ。何度訪れても飽きることのない美しい町の景色がここにはあります。1000以上の歴史を紡ぎ、現代の私たちに見せてくれるその町の景色を歩いて旅しましょう。


スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

スイスの美しい湖畔の小都市ルガーノでゆったり癒し系のバカンスを満喫しよう!

イタリアとの国境からほど近くに位置するスイスの美しい都市ルガーノ。ゆっくりとした時間の流れる洗練されたスイス文化と、活気あるイタリア文化の良いところを混ぜ合わせたような、魅力あふれる町です。この記事では2年の滞在歴を活かして、ルガーノ周辺で楽しめるアクティビティから絶景スポットまで、私のおすすめ観光情報をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング