西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

西オーストラリアの港町フリーマントルで、シーフードを堪能するなら、フィッシュ&チップスを食べてみよう!

パースでおいしいシーフードが食べたくなったら、フリーマントルへ行ってみましょう。ボートハーバーには、シーフードレストランがたくさんあり、港町の雰囲気を楽しみながら、おいしいフィッシュ&チップスが楽しめます。フィッシュ&チップスの味わい方や、そのほかのおすすめ料理も紹介します。


オーストラリアのシーフード料理といえば、フィッシュ&チップス!

紙に包まれたフィシュ&チップスが伝統的なスタイル

きれいな海に囲まれているオーストラリアでは、安くて新鮮なシーフードが楽しめそう!というイメージを持つ人が多いですが、実際には、そうではありません。スーパーやレストランで目にする魚の種類や料理法は、オーストラリアよりも日本の方がずっとバラエティに富んでいます。

そんな中でも、オーストラリアの代表的なシーフード料理といえば、フィッシュ&チップスでしょう。メインは、白身の魚に衣をつけて油で揚げたものですが、パン粉のフライでもなく、日本のてんぷらとも違ったサクサクの食感の衣が特徴です。そこに、フライドポテトがたっぷり添えられています。(オーストラリアでは、フライドポテトのことをチップスと呼びます。)

このフィッシュ&チップスを注文すると、たいてい、紙に包んで渡されます。元々は、新聞紙を使っていたようですが、今では、どこのお店でも、写真のようなわら半紙が使われています。湯気がこもらず、ほどよく油が切れて、サクサクの食感が保たれます。

そして、このフィッシュ&チップスを食べるときには、お店のカウンターに常備してある酢と塩を、豪快にたっぷりとかけて食べるのが基本です。魚臭さや油臭さが消えて、さっぱりと食べられます。

レストランで、お皿に盛り付けられて提供される場合は、タルタルソースやトマトソースなどが添えられることもあります。

フィッシュ&チップスは、イギリスで生まれの伝統的ファストフード

揚げたてのフィッシュ&チップスを楽しもう!

フィッシュアンドチップスは、元々イギリスで生まれた食文化で、イギリスからの移民によってオーストラリアに持ち込まれました。

油で揚げるだけの単純な調理法で、ボリュームのある食事になるので、元々はロンドンの労働者階級の食事として広まったようです。イギリスで生まれた伝統的なファストフードとも言えるかもしれません。

材料には輸入物の安い魚が使われていることも

オーストラリアで、フィッシュ&チップスの材料となる魚は、コッド(タラ)、スナッパー(鯛)などのほか、バラマンディと呼ばれるズズキの仲間がよく使われます。これらは、オーストラリア近海でもよく獲れる魚ですが、ファストフード向けの大衆魚というわけではありません。このような魚を使っているお店は、オーストラリア産のフィッシュ&チップスが楽しめますが、お値段も高めです。

一方、リーズナブルな値段でフィッシュ&チップスを提供しているお店では、東南アジアやニュージーランドから輸入されるバサやホキと呼ばれる白身魚が使われることも多いようです。また、オーストラリア近海にたくさんいるサメも、安価な魚なので、よくフィッシュ&チップスの材料になるそうです。しかし、油で揚げることにより、魚の生臭さが消えるので、揚げたてなら、十分おいしく食べることができます。

オーストラリア産のレッドスナッパー(鯛の一種)

フィッシュ&チップスの老舗 シッセレロズに行ってみよう!

フィッシュ&チップスの老舗レストラン Cicerello's (シッセレロズ)

パースでおいしいシーフードが食べたくなったら、フリーマントルに行ってみましょう。フリーマントルのボートハーバーには、大きな海産物問屋などがあり、シーフードレストランも立ち並んでいます。

その中でも、特に有名なのが、Cicerello's(シッセレロズ)というレストランです。看板を見ると、自ら、西オーストラリア州で一番おいしいフィッシュ&チップスのお店と名乗っています。100年以上の歴史のあるお店で、昔から地元の人に愛されてきました。もちろん、観光客にも人気のお店です。

メニュー選びですが、まずは、フィッシュ&チップスは外せませんね。ここでは、お店で食べる場合でも、前述したような紙に包まれて運ばれてきます。量もたっぷりなので、2〜3人でシェアして食べるのもいいですね。

外のテラス席で、海の風を感じながら食事をすると、港町フリーマントルの雰囲気も味わえます。テラス席では、カモメがテーブルの料理を狙ってきますので、食べ物からは目を離さないように気をつけましょう。

テラス席では、えさを狙うカモメに注意!

フィッシュ&チップスと共に、オーストラリアならではの料理も試してみましょう。筆者のおすすめは、チリマッスルです。マッスルはムール貝のことですが、チリの効いたトマトソースで煮込まれた殻付きのムール貝が山盛りになって出てきます。貝から身を外して、ソースと一緒に貝殻から直接口にすすって食べるのが、おいしい食べ方です。残った煮汁も貝の旨みがたっぷり残っているので、添えられたパンに浸して、しっかり味わいましょう。

オーストラリア産のチリマッスルもおすすめ 

今回は、シーフードトレイも注文してみました。白身魚、イカリング、カニなどのフライが入っています。カニは本物でなく、カニ風味の棒かまぼこだったのはがっかりでした。フライドポテト、パイナップルのフライ、コールスローも付いていますので、色々な味を楽しみたい方におすすめです。

シーフィードトレイ 魚のフライのほか、イカリングやカニ棒のフライなどが入っています

お腹がいっぱいになったら、ボートハーバーを散策

地元の人は、Fremantle(フリーマントル)のことを略してFreo(フレオ)と呼びます

冬休みの公園は子供たちでいっぱいでした

フリーマントルは、パースからフリーマントルラインの電車で30分のところにあります。見どころはたくさんありますが、この日、食事をした後には、ヨットハーバーを散策してみました。

港に荷物を運ぶ貨物列車もカラフル

この日は、真冬の平日でしたが、ちょうどスクールホリデーが始まったばかりの時期でした。ボートハーバー沿いの公園では、期間限定のアイススケートリンクでスケートを楽しむ親子や、スケートボードやスクーターを練習する子供たちで賑わっていました。冬でも、天気が良ければ、日中の日差しは暖かく、屋外で活動的に過ごせます。

カラフルな小さな小屋は、更衣室でした

フリーマントルは、歴史的建造物が多い観光地ですが、アーティストが集まる街でもあります。ボートハーバーを散策していると、ポップなデザインの建物が、さりげなく存在しているのが目に入ります。

ポップなデザインの建物が目を引きます

フリーマントルは、パース市内とは違った雰囲気があります。古い街並みと斬新な街角の風景を楽しみながら、オーストラリアならではのおいしいシーフードをぜひ楽しんでほしいと思います。

この記事のライター

オーストラリアの西海岸、パース在住です。オーストラリアの日々の暮らしの中で見つけたお気に入りを紹介していきたいと思っています。

関連するキーワード


オーストラリア

関連する投稿


ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

ラッセル・クロウも巻き込まれた?ちょっと笑えるオーストラリアvsニュージーランド痴話喧嘩の数々

「ダウン・アンダー(Down Under)」の愛称で親しまれるオーストラリアとニュージーランド。行き来も永住も自由で、国旗もそっくり、ラグビーの強国と共通点も多いものの、それ故にあれこれ優越をつけたがる微妙なライバル関係にあるのも事実なのです。「どっちでもいいじゃないか」なんて間違っても言ってはいけません。彼らが国のプライドをかけて展開する議論の数々をご紹介します。


ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメントを家族連れにオススメしたい6つの理由

ゴールドコースト屈指の観光地サーファーズパラダイスには、宿泊施設がごまんと存在しています。その中でも高い人気を誇っているのが、ヒルトン・サーファーズパラダイスのサービス・アパートメント。ロケーション、設備、諸観光地へのアクセスとも文句なしで、ファミリーホリデーの強い味方です。ゴールドコーストの宿泊先はここで決まり!


ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

ゴールドコーストでバットマンに会える!子連れでワーナー・ブラザーズ・ムービーワールドを遊び尽くすコツ

国内随一のテーマパークが揃ったクイーンズランド州ゴールドコーストへ、秋休みを利用して一家で旅行してきました。お目当ての1つはバットマンやワンダーウーマンにに会える遊園地、ワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド。リピーターである筆者が、絶叫マシーンに乗らずとも家族連れでムービーワールドを効率よく楽しむコツをご紹介します。


【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

【小学生編】オーストラリアで子供向けのお土産を買いたい人必読!オススメ商品

海外の子供用品って色合いが華やかだったり、日本にはないセンスがあったりとってもかわいいですよね(^^)オーストラリアの子供用品も日本お洒落でインスタ映えしそうなものがたくさんあるんです!今回は実際にお友達のお土産を買うために調べ回った私が選んだオススメ商品(小学生向け)を4つご紹介いたします。


【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

【オーストラリアのキッズ・パーティ事情】目からウロコのお誕生日会のアイデアあれこれ

豪州で子育てするにあたって避けて通れない道、それはプリスクールの年頃からじわじわと始まる、子供のお誕生日会。大変ありがたいことに、こちらには気軽に雇えるキッズパーティ専門業者が星の数ほとあります。子どもたちの思い出に残るパーティを開いてあげようと、親も腕の見せ所。こちらのキッズ・パーティのほんの一例をご紹介します。


最新の投稿


人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

人生初マウイ島!島で最も歴史のある町、ラハイナタウンで自転車を借りてフラフラとサイクリングで散策してみた

自然いっぱいのマウイ島を満喫するために自転車をレンタルしてみました!出だし好調でしたが思った以上に登り坂が多く苦戦!運動不足の足が悲鳴をあげながら、美しい海と平原を冒険してきました!今回はラハイナ地区のマップ、マウイ島でのバイクレンタルの価格、またサイクリング中に見つけた美しい景色の写真などを紹介します。


街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

街中が世界遺産!街歩きが大好きな人にオススメの場所、ベトナムのホイアンの魅力とは?

ベトナムのハノイとホーチミンの間にダナンというベトナム第3位の都市があります。ダナンから南にバスで1時間ほどの場所に、ホイアンという街があります。ホイアンはとても小さな街ですが、街中が世界遺産になっていて、建物がとにかくとても可愛いんです!歩くだけでもとても楽しい気分になるので、街歩きが大好きな人にぴったりの場所です。


【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

【中国広東省広州市】あの広州タワー観光時に便利!広州タワーの真下にある地下のグルメ街「花城汇」について知っておこう

広州観光と言ったらやっぱり広州タワーです。でも一見して広州タワーの周りって、大きな広場とちょっとした出店の他はみんなオフィスビル。広州タワーの近くでお食事やお茶できる場所ってないの?実は、広州タワーの「真下」にたくさんのグルメスポットがあるんですよ。今回は、広州タワー観光時に役立つ地下街に関する情報をまとめていきます。


スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

スープを頼むともれなくパンがついてくるカフェとは?シンガポールのcedeleで休憩してきました!

今回cedeleというカフェに行ってきました。シンガポールのあちこちに展開しているチェーン店です。テーブルでカフェラテを飲みながら休んでいると、多くの人が共通のものを注文していることに気づきました。テーブルにある、大きなボールと美味しそうなパン。このカフェの面白いシステムについてご紹介します。


途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

途上国ならではの光景が広がる?南米ボリビアの交通事情を把握してしっかりと旅をする

南米大陸の真ん中にある国ボリビアは南米の中でもまだまだ途上国です。日本の国土の3倍ともいわれるボリビアには都市と都市を結ぶ道が少なく交通事情はまさに途上国そのもの。道路封鎖があったり、雨の日には水があふれかえったりとボリビアならではの景色も。しっかりとボリビアを旅行できるように、独特の交通事情をご紹介します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング